大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

腫れた味の芽について知るべきこと

味蕾は、甘いものから塩味のあるもの、風味の良いものまで、さまざまな味を楽しむことができる小さな感覚器です。

味蕾は通常、約1〜2週間ごとに自分自身を再生します。しかし、それらが傷ついたり、燃えたり、腫れたりすることがあります。

味蕾には多くの潜在的な損傷原因があり、これらが治療の選択を決定する。

腫れた味蕾に関する速い事実:

  • 味の芽は、舌の後ろの乳頭と呼ばれる小さな丸い突起に位置しています。
  • 腫れた味蕾は、腫れた舌に付随してもよく、または味蕾自体の刺激から生じてもよい。
  • 腫れが持続すると、人の味覚が損なわれる可能性があります。

原因

人の舌の芽を味わう。

乳頭の内側には、感覚細胞を有する微小絨毛(microvilli)として知られる、小さな毛状突起がある。これらの細胞は脳にメッセージを送信します。これらを中断すると、人が食物を味わう能力に影響を与える可能性があります。

いくつかの状態が腫れを引き起こすのに十分な味の芽を刺激することがあります。これらには、

  • 酸が逆流して酸が喉の上に浮き上がり、咽喉の後ろに味の芽が燃える
  • 炎症や腫れを引き起こす可能性のある火傷、切傷、または傷害
  • 乾燥した口
  • 非常にスパイシーまたは酸っぱい食べ物を食べる
  • 非常に暑いまたは冷たい食品への暴露
  • 頭頸部の罹患歴または曝露歴
  • 風邪、インフルエンザ、真菌、または細菌病などの感染症
  • 貧弱な口腔衛生または歯の問題
  • 喫煙
  • 舌の上で非常に酸性の薬を服用する

時折、炎症を起こした味蕾は、舌の癌や舌の腫れにつながる炎症を引き起こす可能性のある舌の癌などのより重篤な問題を示す可能性があります。

彼らはどんな見た目ですか?

乳頭は白または鮮明な赤色に見えることがあります。また、舌の上に膿疱として知られている体液が少ししか入っていないものもあります。

しかし、通常、人は裸眼で味の芽を見ることができないはずです。

医者を見に行くとき

体は常に新しい味の芽を生み出すので、ほとんどの人の腫れた味の芽はすぐに解決します。誰かが彼らが持っている根本的な状態を治療するか、または味覚芽の損傷を時間とともに治療します。

しかし、National Institutes of Healthによると、毎年、味覚に関連した疾患の治療を求める推定20万人のアメリカ人がいる。

人が慢性的に腫れた味蕾に気づいた場合、または嗅覚が影響を受けると感じた場合は、通常、耳鼻咽喉科専門医である耳鼻科医を診察する予定です。

診断

医者は患者の舌と喉を検査する。

ENTの専門家は、病歴を取ったり、患者の病状や治療法を見直したりすることから始めます。彼らは症状を考慮し、身体検査を行います。医師は、特別に味付けされた物質を人の舌に塗布することによって味覚検査を行うこともできる。

医者が人が舌がんに罹患している可能性があると疑われる場合、生検または組織のサンプルを採取することがあります。病理学者として知られる専門家は、癌細胞を探すために細胞を顕微鏡で観察する。

治療法とは何ですか?

人は根本的な原因を治療することによって腫れた味蕾を減らすことができるかもしれない。これには、細菌感染または歯肉の問題に対する抗生物質の使用が含まれる。

ときどき医者は、舌や味の芽の腫れの影響を減らすために代替薬を処方することがあります。

喫煙を終了すると、喫煙をして味に問題がある人を助けることができます。

その他の手順は次のとおりです。

  • 毎日少なくとも2回は歯を磨いて歯磨きをする。
  • 慢性的な口渇が原因である場合は、特別な口腔洗浄剤および練り歯磨きを使用する
  • 毎日数回暖かい塩水でうがいをする
  • 腫れを減らすために舌に少量の氷片を保持する
  • プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬などの酸逆流を軽減する薬を服用する

また、個々の治療法について医師に相談することもできます。

取り除く

ダメージ味の芽は、誰かが腐った食べ物を味わうことができないことを意味するかもしれない。損なわれた味覚はまた、人の食欲および食物の享受に影響を及ぼし得る。

食物消費に関するこれらの問題は、迅速に対処しなければ、望ましくない体重減少をもたらす可能性がある。理想的には、味の芽の腫れの根本原因を特定するために治療を受けることができるので、味覚が戻る。

Like this post? Please share to your friends: