大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

視床下部の機能は何ですか?

視床下部は、脳の中心の小さな領域で、多くの仕事をしています。ホルモンの生成に重要な役割を果たし、体内の多くの重要な過程を刺激します。

視床下部が適切に機能していないと、身体に問題を引き起こし、多くの障害につながります。視床下部の病気はまれではありますが、リスクを低く抑えるためには健康を保つことが重要です。

視床下部とは何ですか?

視床下部という言葉は、「視床の下」に翻訳される2つのギリシャ語から来ています。これは、視床下部が脳内、視床下、下垂体上にある正確な場所です。

それは脳の小さな領域ですが、内分泌系と神経系の両方に影響を与えることで体内で大きな役割を果たします。

視床下部の機能

身体の正常な平衡状態は、恒常性として知られている。体は常にこのバランスを達成しようとしています。視床下部の主な仕事は、体をこの状態にできるだけ保つことです。

[視床下部

これを行うために、視床下部は内分泌系と神経系との間の連結子として働く。それは身体の多くの本質的な機能の一部を果たします:

  • 体温
  • 渇き
  • 食欲と体重調節
  • 感情
  • 睡眠サイクル
  • セックスドライブ
  • 出産
  • 血圧および心拍数
  • 消化液の製造
  • 体液のバランスをとる

身体のさまざまな領域から脳に信号が送られるので、バランスが達成されていないかどうかを視床下部に知らせます。視床下部は、右のホルモンを血流に放出して体のバランスを取り戻すことによって応答します。

その一例は、身体の内部温度を98.6°Fに保つ能力です。視床下部が身体の内部温度が高過ぎるという信号を受信した場合、それは身体に汗をかきます。温度が低すぎるという信号を受信すると、体は震えて自分の熱を作り出します。

視床下部のホルモン

このバランスを維持するために、視床下部は体内の多くのホルモンを生成または制御する役割を担っています。視床下部はまた、体の周りに他の重要なホルモンを産生して送る下垂体腺と密接に関連している。

視床下部および下垂体腺は一緒に、体内の多くのホルモンを産生する内分泌系全体を制御する働きをします。これには、副腎、腎臓、甲状腺が含まれます。

視床下部から分泌されるホルモンには、

  • 抗利尿ホルモン。腎臓からどれくらいの水分が血液に吸収されるのかを増やします。
  • 特定のステロイドを放出するために、下垂体および副腎を用いて代謝および免疫応答を調節するのに役立つコルチコトロピン放出ホルモン
  • ホルモンを放出して性器を働かせる下垂体ホルモンを放出するゴナドトロピン放出ホルモン
  • オキシトシンは、母親の母乳の放出、体温、睡眠サイクルを含む多くのプロセスに関与している
  • プロラクチンを制御するホルモンは、授乳中の母親の母乳生産を開始または停止するように下垂体に伝えます
  • 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンは甲状腺を活性化させる。これは、代謝、エネルギーレベル、および発育の成長を調節するホルモンを放出する

成長ホルモンはまた、視床下部によって直接影響を受ける。下垂体に体内の数を増減するよう指示します。これは、成長する子供と完全に発達した成人の両方にとって不可欠です。

視床下部障害

視床下部が正常に機能しないようにする障害は、視床下部疾患として知られている。視床下部は内分泌系においてそのような広範な役割を有するため、視床下部疾患は正確に特定するのが非常に難しい。

視床下部はまた、内分泌系の残りの部分にホルモンを放出するために、下垂体にシグナル伝達する重要な役割を果たす。医師がどの腺が正常に機能していないかを診断することは困難なので、これらの障害はしばしば視床下部 – 脳下垂体障害と呼ばれます。このような場合には、医師が障害の根本に到達するように処方することができるいくつかのホルモン検査があります。

原因とリスク要因

視床下部疾患の最も一般的な原因は、視床下部に影響を及ぼす頭部の損傷である。外科手術は、視床下部、ならびに放射線および腫瘍にも影響を及ぼし得る。

[頭部外傷]

場合によっては、視床下部疾患との遺伝的関連もあります。例えば、カルマン症候群は、小児において視床下部の問題を引き起こし、最も顕著に思春期の遅延または欠如および嗅覚障害を引き起こす。

Prader-Willi症候群の症例では、視床下部の問題がこの疾患に遺伝的関連を有するようである。

視床下部疾患のさらなる原因としては、

  • 過食症または食欲不振などの摂食障害
  • 飽和脂肪が多い食事
  • 身体に過剰な鉄蓄積を引き起こす遺伝的障害
  • 栄養失調
  • 炎症
  • 感染症
  • 過度の出血

視床下部障害の症状

視床下部障害の症状は、体内にホルモンが欠けているかどうかによって異なります。子供は異常な成長や異常な思春症の徴候を示すことがあります。成人は、体が産生できない様々なホルモンに関連する問題を示すことがあります。

不在のホルモンと体内で生成する症状との間には、通常、追跡可能なリンクがあります。腫瘍によって引き起こされる症状には、視力のぼけ、視力の喪失、および頭痛が含まれ得る。副腎機能が低いと、衰弱やめまいなどの症状を引き起こすことがあります。

過活動甲状腺により引き起こされる症状には、

  • 寒さへの感受性
  • うつ病
  • 疲れ
  • インポテンツ
  • 脱毛
  • 月経周期の変化
  • 便秘
  • 精神的能力の低下
  • 体重の増加

視床下部の健康に関するダイエッ​​トのヒント

視床下部は体内でこのような重要な役割を果たすので、それを健康に保つことは非常に重要です。遺伝的要因を回避することはできませんが、理想的な視床下部の健康への食事のステップは日常的に取ることができます。

視床下部は食欲を制御し、食べ物によって実際に影響を受けます。研究によると、飽和脂肪が多い食事は、飢えとエネルギー消費を調節する視床下部の機能を変える可能性があることが示されています。

飽和脂肪の源には、ラード、肉、および乳製品が含まれる。飽和脂肪が多い食事は、体に炎症作用を及ぼすことも分かっています。これは、免疫系に影響を与え、健康な体細胞を標的にし、腸内の炎症を増加させ、身体の自然な働きを変える機会を増やす可能性があります。

[飽和脂肪]

オメガ3脂肪酸のような多価不飽和脂肪が多い食事は、この炎症を逆転させるのに役立ちます。これらの脂肪は、他のタイプの油脂に代わる安全な代替物質である可能性があります。オメガ3の含有量が高い食品には、魚、クルミ、亜麻の種、葉の野菜などがあります。

視床下部および脳の機能をサポートするための追加の健康的な食事の選択肢には、

  • ビタミンが豊富な果物や野菜
  • ビタミンC
  • Bビタミン

視床下部は体の最も重要な部分の1つであり、正常に機能しなくなるまで通常は気づかれません。これらの食事のヒントに従うことで、視床下部を幸せに保ち、うまく働くのを助けることができます。

Like this post? Please share to your friends: