大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

OCDは統合失調症の危険因子ですか?

以前に強迫神経症と診断された個人およびその症状を訴えられた両親は、統合失調症を発症する可能性がより高い可能性がある。これはジャーナルに掲載された新しい研究によるものです。

OCD

強迫性障害(OCD)および統合失調症は2つの異なる条件であるが、過去の研究ではそれらの間に重複があることが示唆されている。

デンマークのオーフス大学のSandra M. Meier博士が率いる研究チームは、両条件とも同様の有病率があり、両方の発症が青年期または成人初期に起こる傾向があることを指摘しています。

さらに、過去の研究は、OCDおよび統合失調症の病態生理学において著しい類似点があることを示していると彼らは述べている。

「したがって、強迫神経症と統合失調症症状が、偶然に予想されるよりも多くの患者に共存することは、驚くことではない」と付け加えている。彼らは統合失調症患者の23%にもOCDがあることを明らかにするメタアナリシスを指摘している。

しかし、研究者らは、これらの2つの疾患の長期間の関連性を調査した研究はほとんどないと述べている。

このことを念頭に置いて、Meier氏と彼女のチームは、1955年から2006年の間に生まれた300万人以上のデンマーク国民登録簿のデータを分析することにより、OCDと精神分裂病の関連性を調査した。

OCDの表現型である統合失調症は、

精神分裂症を発症した16,231人のうち、447人(2.75%)がOCD診断を受けていた。さらに、統合失調症スペクトル障害(統合失調症に関連する1つまたは複数の症状を有すると定義されている)を発症した30,556人のうち、700人(2.29%)がOCD診断を受けていた。

研究者によると、これらの研究結果は、OCDの以前の診断が、生涯後半の精神分裂症の発症リスクの増加と関連している可能性があることを示唆している。さらに、チームは、両親がOCDと診断された個人間で、統合失調症の危険性がさらに増加することを発見した。

これらの知見は、精神医学的病歴および精神障害の家族歴など、精神分裂病リスクに影響する可能性のある他の要因を管理した後でさえ、依然として残っていた。

しかし、OCDが統合失調症および統合失調症のスペクトル障害と多くの病因を共有しているという示唆にもかかわらず、チームは、必ずしもこの条件を1つのグローバルな診断として組み合わせるべきではありません。彼らは以下を追加します:

しかし、これらの知見と、OCDと統合失調症が一般集団において予想されるよりも高い割合で互いに共生するという事実を考慮すると、これらの障害の表現型は現在認められているよりも潜在的により類似している。

OCDおよび統合失調症または統合失調症のスペクトル障害に本当に共通する遺伝的および環境的リスク要因を解消するためには、さらなる研究が必要である」と語った。

研究者らは、研究にいくつかの制限があることを認めています。例えば、統合失調症の症状を呈したが、結果に影響を及ぼしている可能性のある状態と診断されていない人もいる。 「デンマークでは、精神分裂病患者が適切な治療を受けるまで平均1年が経過する」と彼らは指摘する。

さらに、彼らは、OCD、統合失調症および統合失調症のスペクトル障害の患者診断は、欠陥がある可能性のある日常的に獲得された臨床情報からのみ得られたことを指摘している。

最近普及した信念に反して、統合失調症の人々が幸福を経験することができると主張する研究を報告した。

Like this post? Please share to your friends: