大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

IBSのためのウコン:それは働きますか?

ウコンはアジア料理の定番ではなく、消化不良からうつ病までの病気を治療するために伝統的な医学で長い間使われてきました。最近では、スパイスは過敏性腸症候群の治療に関連しています。

この記事では、ターメリックが過敏性腸症候群またはIBSの症状を助長し、それがどのように使用されるか、またリスクがあるかどうかを論じることができるという主張の背後にある証拠について検討します。

ウコンは何ですか?

ウコンは空気中に投げ込まれる。 IBSに役立つかもしれない

ウコンは風邪、消化器系疾患、感染症などの病気の治療に使用されています。その潜在的な治癒特性は、それに含まれる抗炎症化合物であるクルクミンに由来します。

ウコンは最近、IBS症状を軽減する可能性が注目されています。 IBSは、胃痙攣、下痢、および便秘などの症状を引き起こす消化器系の一般的な障害である。

IBSの原因は不明であり、現時点では治療法はありません。 IBSの症状は、典型的には、食事の変化を伴う傾向のある医学および生活習慣の変化を用いて管理される。

IBS症状を管理するための健康的なダイエットに基づくアプローチの一環としてターメリックを含めることは、簡単な手順です。

それは動作しますか?

ある研究は、クルクミンがラットの胃腸機能にプラスの影響を及ぼしていることを発見した。この研究の著者らは、その知見がIBS症状の治療においてクルクミンの使用に影響を及ぼす可能性があることを示唆している。しかしながら、これを確定的に確立するためには、より多くの研究がヒトにおいて必要である。

2004年に実施されたパイロット研究では、ウコンの2錠を毎日8週間服用したIBS患者の参加者は、腹部不快感の軽減と腸の動きパターンの改善が報告されています。

しかし、この研究は対照群がなく、著者らはプラセボ効果および他の変数を除外するためにはより多くの研究が必要であると結論付けた。

ターメリックは、下痢および腹痛を引き起こす慢性状態である潰瘍性大腸炎を含む、消化器系の他の障害に対する利益に関連している。

2015年のある研究では、通常の治療ルーチンにクルクミンを添加すると潰瘍性大腸炎の症状にプラスの影響があることが分かりました。

IBS症状を軽減するウコンの使用に関するいくつかの肯定的な発見があり、これらの影響は他の消化障害にも及ぶ可能性がある。しかし、ターメリックがIBSの治療に本当の利益をもたらすかどうかを判断するには、より多くの研究が必要です。

副作用と安全性

IBS用ターメリック・ルートとパウダー

クルクミンは、500ミリグラム(mg)から1日当たり12,000mgの範囲の用量で、短期間のみの使用において大部分の人々にとって安全であると考えられている。長期使用に伴う毒性を判定するためには、より多くの研究が必要である。

いくつかの副作用は、以下のようなウコンの定期的な使用により発生する可能性があります。

  • 腹痛
  • 消化器の問題
  • 吐き気
  • 血を薄くする

現在、クルクミンサプリメントは妊婦にとって安全かどうかは不明です。サプリメントを試す前に医者に話すことが重要です。

糖尿病の人々はまた、血糖値を下げることができるので、ウコンの摂取を避けるべきである。また、血液シンナーや糖尿病薬などの薬物と相互作用する可能性があるため、クルクミンサプリメントを服用する前に必ず医師に相談してください。

米国食品医薬品局(FDA)はサプリメントを規制していないため、ウコン製品の安全性と内容は保証されません。

turmericのインストール方法

ウコンは、風味豊かなカレーやスープから甘いケーキやスムージーまで、食品を味わうためによく使われます。それは粉末またはその根の形態で購入することができます。通常は健康食品店で入手できるクルクミンサプリメントを服用することも可能です。

他の形態のターメリックとは異なり、サプリメントは高濃度のクルクミンであるので、消費者がどのくらい安全であるかに関する指示を必ず読んでください。

取り除く

ターメリックは、いくつかのIBS症状に対するその効果について最初の研究において有望であることを示している。健康的な食生活の一環として、ターメリックやクルクミンのサプリメントを含むほとんどの場合、IBS患者の健康上のリスクはありません。

ウコンがIBS症状に対して本当のメリットを有するかどうかは不明であり、この分野におけるさらなる研究が必要である。

Like this post? Please share to your friends: