大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

FDA承認の冠状動脈性心臓病リスクを予測するための血液検査

冠状動脈性心疾患は、米国における男性と女性の死亡原因の第1位である。現在、米国食品医薬品局(FDA)は、個人の状態のリスクを予測する新しい検査を承認し、検査は黒人女性にとって特に有効であると賞賛されている。

血液検査

食品医薬品局(FDA)によると、Lp-PLA2のPLAC試験と呼ばれる試験は、心臓病の既往のない男性および女性の両方で使用するためにクリアされているが、研究により、予測においてより正確であることが示されている女性の冠状動脈性心疾患リスク(CHD)。

この試験は、血液サンプル中のLp-PLA2(リポタンパク質関連ホスホリパーゼA2)(血管炎症の指標である酵素)の活性を測定することによって作用する。血管炎症は、動脈におけるプラーク蓄積の兆候であり、このプラークの蓄積は、動脈を詰まらせ、CHDを引き起こす可能性がある。

血中ミリモル(nmol / min / mL)あたり225ナノモル/分を超えるLp-PLA2活性を有する患者は、心臓発作または脳卒中などのCHD事象のリスクが高いとみなされる。 225 nmol /分/ mL未満のLp-PLA2活性を有する患者は、CHD事象のリスクがより低いと分類される。

CHDイベントは、より高いLp-PLA2活性を有する黒人女性においてより一般的である

Lp-PLA2のPLAC試験を承認するかどうかの決定に達するために、FDAはこの技術に関するすべての利用可能な研究のレビューを実施した。

CHDについての事実

  • CHDは毎年約375,000人のアメリカ人を殺します
  • CHDの危険因子には、高血圧、喫煙、高コレステロールおよび高血糖
  • 55歳以上の女性および45歳以上の男性は、CHDのリスクが最も高い。

CHDの詳細

彼らのレビューには、Lp-PLA2活性確認試験のためのPLAC試験が含まれ、この試験はCHDの病歴のない45〜92歳の4,598人の参加者に施行された。このうち女性は58.3%、黒人は41.5%であった。

この研究の研究者は平均5.3年間参加者を追跡し、その間に各個人にCHDイベントの発生を記録した。

225 nmol / min / mL以上のLp-PLA2活性を有する参加者の7%は、225 nmol / min / mL未満のLp-PLA2活性を有する参加者のわずか3.3%と比較して、CHD事象を経験した。

チームのデータをサブグループ別に分析したところ、Lp-PLA2活性が225 nmol / min / mLを超える黒人女性では、同様のLp-PLA2活性を有する他のサブグループに比べてCHDイベントの割合がはるかに高いことが分かった。 CHD事象は、Lp-PLA2活性レベルが225nmol /分/ mLを超える女性では、そのようなレベルの男性よりもより一般的であることが判明した。

その結果、テストには、黒人女性、白人女性、黒人男性、白人男性のためのさまざまな実績情報が表示されます。

この試験が女性のCHD関連死亡率および罹患率を低下させることを望む

心臓病は米国では女性死亡者の4人に1人を占め、CHDは最も一般的な状態です。

疾病管理予防センター(CDC)によると、CHDで死亡した女性の約64%が前の状態の症状がない。 FDAは、Lp-PLA2のPLAC試験がこの集団におけるCHDの早期発見を助けることを望んでいる。

FDAのデバイス・放射線健康センターのイン・ビトロ診断・放射線健康局のディレクター、Alberto Gutierrez氏は次のように述べています。

「心臓発作のような深刻なCHDイベントを経験する前に、女性、特に黒人女性の将来のCHDリスクをよりよく予測するのに役立つ心臓テストが、ヘルスケアの専門家がこれらの患者を識別するのに役立ちます。

この試験のクリアランスが予防的ケアを改善し、これらの患者のCHD関連死亡率および罹患率を低下させることを願っています。

1月に、研究者らが心臓発作のリスクを正確に予測できると言う血液検査の詳細な研究報告が報告されました。

カリフォルニア州のスクリプス研究所の研究チームは、この試験では血液中の内皮細胞を特定する「液体生検」法を使用し、心臓発作の予測因子となりうると述べている。

Like this post? Please share to your friends: