大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ビタミンEオイルの10の利点

ビタミンEは単一のビタミンではなく、抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミンのグループです。

酸化防止剤は原子から壊れた電子であるフリーラジカルと戦います。フリーラジカルは、癌から早老症まで、幅広い健康状態に関連しています。

ビタミンEオイルはビタミンEに由来し、皮膚に直接塗布することも、ローション、クリーム、ゲルに加えることもできます。多くのビタミンEの支持者は、それが有力な抗酸化物質であると主張しているが、その利点に関する研究は混在している。

ビタミンEオイル:基本

ビタミンEオイル

ビタミンEオイルはビタミンEサプリメントとは異なります。ビタミンEサプリメントは皮膚に直接適用されるからです。濃度は製造業者によって異なり、一部のユーザーは単にビタミンEカプセルを開き、その内容物を皮膚に入れる。

ビタミンEオイルは多くのスキンケア製品の成分です。特に老化防止のメリットがあると主張する人。

ビタミンEサプリメントは、冠動脈心疾患を予防し、免疫機能をサポートし、炎症を防ぎ、眼の健康を促進し、癌のリスクを低下させる可能性がある。しかし、これらの利点に関する研究は様々であり、ビタミンE補給は誰にとっても適切ではありません。

ビタミンEオイルのメリットは主に化粧品であり、科学的なサポートは限られています。ビタミンEオイルを使用する前に、医師またはスキンケアの専門家に相談してください。

10の潜在的利点

ビタミンEオイルの潜在的な利点は、炎症に抗してフリーラジカルの効果を遅らせることができるその抗酸化特性とその保湿特性の2つの重要な特徴に由来します。

ビタミンEオイルのメリットとして、

モイスチャライジングスキン

ビタミンEは多くのモイスチャライザーに含まれています。このオイルは、乾燥した斑状の皮膚を予防または治療するためのモイスチャライザーとして使用できます。

創傷治癒

いくつかの研究は、ビタミンEサプリメントが創傷治癒を促進し得ることを示唆している。局所的なビタミンE油が同様の利益をもたらす可能性はあるが、対象に関する研究はほとんどない。

皮膚がんの予防

2013年の研究では、ビタミンEを含むサプリメントを与えられたマウスは、紫外線を大量に摂取しても皮膚がんを発症しにくいことが判明しました。これらの結果は、ビタミンEオイルとサプリメントの一部の支持者が、皮膚癌を予防できると主張するよう促した。

しかしながら、ヒトに関する研究では、ビタミンEに伴う皮膚癌予防効果は見出されていない。

皮膚のかゆみを減らす

女は彼女の腕をかゆみます

ビタミンEは、アレルギー反応、感染症、および皮膚のかゆみを引き起こす他の問題を治療することはできません。

しかし、それは肌に潤いを与えるので、乾燥した肌に起因する痒みを一時的に緩和することがあります。

肌をしっとり保つことは、乾燥した肌を予防し、かゆみなどの症状を防ぐのに役立ちます。皮膚に安全なオイルであれば、これらの利点が得られます。

湿疹

ビタミンEは、湿疹、またはアトピー性皮膚炎に関連する乾燥、かゆみ、および剥離を緩和することができる。

1件の研究では、経口ビタミンEサプリメントが湿疹の症状を有意に改善する可能性があることが判明しました。ビタミンEオイルは湿疹の治療において十分に研究されていませんが、局所的なモイスチャライザーの有効性を高めるかもしれません。

乾癬

少なくとも1つの研究では、局所的なビタミンEと乾癬の症状の減少が関連しています。さらに、この試験では、重大な副作用がないことが示されました。

しかし、乾癬に対するビタミンEの影響は、最も容易に利用可能な治療ほど良くはなかった。ビタミンEオイルは、処方薬の服用を避けたい人や軽度の乾癬を患っている人にとっては良い選択肢かもしれません。

傷跡の予防または最小化

フォークの知恵は長い間、肌に塗布されたサプリメント、またはその両方として摂取されたビタミンEが、瘢痕を治療するか、またはそれらが最初に形成するのを防ぐかもしれないことを示唆しています。しかし、研究はこの主張を支持しておらず、ビタミンEの使用と瘢痕予防との間に関連性がないことを発見した。

1999年のある古い研究では、参加者の約3分の1が局所的なビタミンEにアレルギー反応を起こし、石油は予防するよりもむしろ瘢痕化する可能性が高いことを示唆しています。

より最近の文献レビューでは、ビタミンEが瘢痕化を改善するか悪化させるかについての証拠は決定的ではないことが判明した。

研究は、よく保湿された皮膚が傷つきにくいことを示唆しています。だから、ビタミンEにアレルギー反応がない人は、傷が治る間にモイスチャライザーとして使用するといくつかの利点が得られるかもしれません。

細い線やしわの予防または治療

乾燥した肌はしっとりした肌よりもしわになる傾向があります。ビタミンEオイルの保湿効果は、肌の若々しさとしわの軽減に役立ちます。

しかし、ビタミンEがシワを予防または治療するという主張は、科学的証拠によって支持されていない。しわを防ぐための最良の戦略は、直射日光を避け、日焼け止めをつけることです。

日焼け防止

Sunburnは腕を構えています。

限られた研究は、ビタミンEが日焼けの形成を予防または軽減できることを示唆している。

ビタミンEオイルは潤いを与え、乾燥した薄片状の肌を和らげることができるので、日焼けの結果起こる焼けつきやかゆみを和らげるのに役立ちます。

しかし、日焼け止めをして、太陽の直射日光を避けることは、皮膚を保護するための最良の戦略です。

爪の健康を促進する

研究によると、ビタミンE補給は黄色の爪の症候群を予防することができ、爪の剥離、ひび割れ、黄変の原因となります。

ビタミンEオイルの保湿効果は、爪床の周りに詰まったクチクラや乾燥した肌を防ぐことで爪の健康をサポートすることもあります。

リスクと配慮

ビタミンEの使用に伴う最大のリスクはアレルギー反応です。ビタミンEは皮膚を刺激し、皮膚の問題を悪化させる可能性があります。アレルギー反応の病歴がある人は、ビタミンEを避けるべきであり、最初に小さな皮膚のパッチテストを行うべきである。

ビタミンEオイルはサプリメントと美容製品であるため、米国食品医薬品局(FDA)はそれを規制していません。これは、2人のビタミンEオイルが根本的に異なる濃度を持ち、同じ人で異なる効果を生むことを意味する可能性があります。

多くのビタミンE製品には追加成分が含まれています。製品の安全性が不明な場合は、ラベルを読んで医師に相談することが重要です。

ビタミンEの使い方

ビタミンEオイルとそれを含有する製品は、オンラインおよび店頭で購入することができます。

ビタミンEオイルを使用する前に、パッチテストを行ってください。膝の後ろや耳の後ろなど、目立たないところにオイルの小さな塊を塗ります。 24-48時間待ちます。反応が出ない場合は、おそらく使用するのが安全です。

傷口にビタミンEを使用する場合は、パッチテストを行います。最初に傷の小さな部分に適用し、24-48時間待つ。

低濃度のビタミンEオイルから始め、患部に薄い層を塗ります。パッケージに推奨されているレベルに達するまで、数日かけて徐々に量を増やしてください。ラベルを注意深く読んで、推奨用量を超えないようにしてください。

さらに大きなメリットを得るには、厚い保湿クリームに数滴のビタミンEオイルを加えてみてください。これは、クリームの保湿効果を高め、潜在的な刺激を緩衝するのに役立ちます。

私たちは、製品の品質に基づいてリンクされたアイテムを選んで、それぞれの長所と短所をリストし、どちらが最適かを判断するのに役立ちます。当社はこれらの製品を販売する一部の企業と提携しています。つまり、上記のリンクを使用して購入すると、Healthline UKとパートナーが収益の一部を受け取る可能性があります。

Like this post? Please share to your friends: