大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

ビタミンDサプリメントは喘息の重症度を低下させる可能性があります

標準的な投薬にビタミンDサプリメントを加えることで、呼吸器症状のある人の喘息発作の重篤度を減らすことができ、新しいレビューが示唆されています。

ビタミンD、丸薬、聴診器

研究者らは、喘息患者は通常の投薬と一緒にビタミンDサプリメントを服用していたが、喘息発作の結果として救急部を訪れる可能性が低く、入院を要する可能性が50%も低いことを発見した。

さらに、研究者らは、ビタミンDの補給は、喘息発作後のステロイド注射または錠剤の必要性の減少と関連していることを見出した。

英国のクイーン・メアリー大学(QMUL)のリード・リサーチャーProf. Adrian Martineau教授らは最近、彼らの所見を報告した。

喘息は、世界中で最大の健康負担の1つであり、約3億人の子供および成人に影響を及ぼします。米国だけでも、約2500万人の人々が喘息を有しており、この数は毎年増加しています。

現在、喘息の治療法はありませんが、患者の状態を管理し、喘息発作のリスクを軽減するのに役立つ薬があります。

しかし、これらの薬は常に効果的ではありません。毎年米国で喘息発作の救急部への訪問は約180万件あり、毎日10人が死亡しています。

そのため、研究者らは喘息の重症度をさらに軽減する方法を模索しています。ビタミンDはそのような戦略の1つになりますか?

喘息に対するビタミンDのレビュー

ビタミンDは人間の健康にとって不可欠です。ビタミンはカルシウムの吸収を助けるだけでなく、健康な骨に不可欠ですが、免疫システムを強化するのにも役立ちます。ビタミンDを喘息の可能性のある治療法として調査するのは、後者の機能です。

風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症は、喘息発作を引き起こす気道炎症を含む喘息の症状を引き起こすことが知られています。

いくつかの研究は、ビタミンDが、免疫系を増強することによって、呼吸器感染喘息発作のリスクを低下させるのに役立つことを示唆している。

この関連性のより良い理解を得るために、Martineau教授らは、喘息重症度に対するビタミンD補給の影響を検討した7件の無作為化比較試験のレビューを行った。

喘息イベント、病院訪問減少

このレビューには、喘息患者955人が参加し、その全員が症状の標準治療を受けていた。

ビタミンDの補給は、喘息関連の救急部訪問と入院の必要性をプラセボと比較して50%減少させ、そのような事態の発生率は6%から3%に低下することが判明した。

また、喘息発作を経験した成人のうち、ビタミンDの補給は、ステロイド錠剤または注射による治療の必要性を、0.43事象から1年0.30事象まで30%減少させた。

研究グループは、サブグループ分析から、研究開始時のビタミンD濃度が低い患者がビタミンD補給の最大の利点を経験したことを発見した。ステロイド錠剤または注射剤による治療の必要性は55%低下した。

それでも、各サブグループの少数の参加者が、初期ビタミンDレベルが喘息の重症度に対する補充の影響に影響を与えるかどうかを確認することが困難であることに留意する。

さらなる臨床試験が進行中

重要なことに、ビタミンD補給は、使用された用量で参加者にとって安全であり、ビタミンDを服用した被験者とプラセボを服用した被験者との間に有害な効果に差異はなかったこともまた判明した。

全体的に、研究者らは、ビタミンDの補給が喘息の重症度を軽減する効果的な方法である可能性があることを彼らの発見が示唆していると考えている。

「これらの結果は、ビタミンDが免疫機能と骨の健康をサポートすることができるという証拠がますます増えています。

Professor Adrian Martineau

「ビタミンDは安全に摂取することができ、比較的安価である」とMartineau教授は付け加えた。補充は、この問題を軽減する潜在的に費用対効果の高い戦略であると付け加えた。

QMULのDavid Moliffe博士は、被験者の大多数が軽度から中等度の喘息を有する成人であったため、現在、より重度の喘息の子供または個人にその成績を一般化することができないと述べている。

Joliffe博士は次のように述べています。「将来の分析にこれらのデータを含めて、今日の結果の約束がより大規模で多様な患者群で確認されるかどうかを判断したいと考えています。

Like this post? Please share to your friends: