大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

ビタミンDは日焼けを治療するのに役立つかもしれない、研究は提案する

赤み、ふくらみ、痛みは日焼けの恐ろしい症状の3つに過ぎません。しかし、新しい研究によれば、これらの症状は、日光暴露によるビタミン:ビタミンDで減少する可能性があります

日焼けした男

パイロット研究では、日焼けの1時間以内に高用量のビタミンDを摂取した参加者は、腫脹および炎症の減少を経験したことが分かった。

先生の研究者であるオハイオ州クリーブランドのケースウェスタンリザーブ大学の皮膚科助教授、カルトル博士らは最近、

私たちの多くは晴れた日を歓迎していますが、武器が十分に保護されていることを確認する必要があります。

疾病予防予防センター(CDC)によると、太陽からの紫外線(UV)がわずか15分間で皮膚損傷を引き起こすのに十分です。

そのため、CDCは広範囲に渡る日焼け止め(SPF15以上)、幅広い帽子、サングラス、長袖シャツなどの他の保護服を着用することを推奨し、UV関連の皮膚損傷を防止します。

私たちの多くは、これらの勧告を十分に認識していますが、私たちの3分の1以上がまだ日焼けして、赤くて痛い、肌を膨らませることがあります。しかし、Lu博士とチームの新しい研究は、ビタミンDの補給が日焼けの症状を緩和するのに役立つことを示唆しています。

ビタミンDと日光

ビタミンDは必須栄養素と考えられています。それは、カルシウム吸収を促進することによって骨の健康を助けるだけでなく、神経シグナル伝達および免疫系の機能にも役割を果たす。

国立衛生研究所(NIH)は、14歳から70歳の個人に毎日平均600の国際単位のビタミンDを投与するよう勧めています。

ビタミンDは、脂肪魚、チーズ、卵などの食品に少量含まれています。しかし、身体のビタミンDの主な供給源は太陽です。

私たちの肌には7-デヒドロコレステロールという化合物が含まれています。日光に曝されると、この化合物はビタミンD-3を産生する。しかし、過剰なUV暴露のリスクのため、日光から必要なビタミンDをすべて得ることは必ずしも実現可能ではありません。

食事と日光暴露によってビタミンDの推奨を達成できない人々のために、ビタミンDのサプリメントが代替品です。

しかし、新しい研究は、高用量では、ビタミンDサプリメントはビタミンDレベルを高めるだけではないことを示唆しています。

ビタミンDは皮膚修復遺伝子を活性化する

以前の研究は、ビタミンDが皮膚の炎症を軽減するのに役立つことを示唆しています。新しい研究では、Lu博士らは、ビタミンが日焼けによる皮膚の炎症を軽減するかどうかを決定することに着手した。

彼らの発見に達するために、チームは20人の参加者を参加させた。その内のすべてには、UVランプに曝されることによって誘発された小さな「日焼け」が内腕に与えられた。

次に、参加者を無作為に4つのグループのうちの1つに割り当てた。 1つのグループはプラセボ錠剤を受けたが、他の各グループは50,000、100,000、または200,000の国際単位の1回投与でビタミンDを投与された。

チームは、24時間、48時間、72時間、および1週間、日焼けした後の4つの時点で、各被験者から皮膚生検を収集した。

プラセボを服用した参加者と比較して、ビタミンDを投与された被験者は皮膚炎症の減少を経験した。

さらに、最高用量のビタミンDが皮膚の赤みを軽減するだけでなく、アルギナーゼ-1と呼ばれる抗炎症酵素を含む皮膚修復遺伝子を活性化することも発見しました。

「ビタミンDは炎症を急速に軽減することで皮膚の保護障壁を促進するのに役立つと我々は推測している」とLu博士は語る。 「特定の用量でビタミンDが炎症を抑制するだけでなく、皮膚修復遺伝子を活性化させることも期待できなかった」と語った。

結果は、ビタミンD補給が日焼けの有効な治療法であることを示唆しているが、研究に使用された用量は現行の毎日の推奨よりもはるかに高いとLu博士とチームは注意する。

「この調査だけで日焼け後にビタミンDを服用し始めることは、現時点では推奨しないだろうが、その結果は有望であり、今後の検討に値する」と語った。

Dr. Kurt Lu

研究者らは現在、ビタミンDが火傷患者の治療に役立つかどうかを調査する予定です。

どのように新しい研究がビタミンDのガイドラインの変更につながる可能性があるか学びましょう。

Like this post? Please share to your friends: