大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

「CTがスキャンし、X線が癌を引き起こすという証拠はない」

研究者らは、X線やコンピュータ断層撮影スキャンなどの医療画像からの低レベルの放射線が癌を引き起こすという証拠はないと結論づけている。医師や規制当局を含む多くの人々が他のことを信じるようになった、数十年にも及ぶ未確認の理論モデルを放棄する時が来たと、彼らは言う。

CTスキャナ

研究者らは、70年以上前に最初に提案されたリニアノースレッショルドモデル(LNT)が、医用画像などの低線量放射線によるがんリスクを評価するためにどのように使用されるかを記述しています。

しかし、イリノイ州シカゴのLoyola大学のStritch医科大学の放射線腫瘍学教授であるJames Welsh氏は、LNTモデルに基づくリスク評価は理論的なものに過ぎず、「これまでに決して実証されたことはありません経験的証拠。

彼らは規制当局と諮問機関によるLNTモデルの継続的な使用は、不必要な安全対策に根ざす恐怖とお金を無駄にしてしまうと言います。

結果として、多くの医師は、患者にとって最も適切な撮像手順を推薦し、使用することを嫌い、多くの患者が不必要にそれらを受けることを恐れている。

モデルは、人体が低線量の放射線被害を修復することを無視している

LNTモデルは、線量がどれほど低くても安全な線量はないとしています。それは、高線量放射線の確立された、明白な効果から、まっすぐに続行することによって、非常に低線量の放射線被曝の癌リスクを解決することができると言います。

しかし、そのようなモデルは、人間の体が低線量放射線によって引き起こされた損傷を修復することができるという事実を無視しています – 環境中の自然発生的な放射線に絶えずさらされ​​ている人間や他の生物において何千年も進化してきました。著者は次のように述べている。

「私たちは文字通り自然放射線に起因する低線量の放射線被ばくで、1日に1秒おきに入浴しています。曝露は毎年数mGyから260 mGyに変化します。

彼らは、このバックグラウンド放射線にさらされた結果としての関連する健康への影響が、世界のどこにも記録されていないことを説明する。

実際、米国のような国々の人々は、これまで以上に長く生きています。おそらく診断機器からの放射線被ばくを含む医療の改善のためです。 X線またはコンピュータ断層撮影(CT)スキャンは、バックグラウンド放射線のスキャンをはるかに下回る線量で行われます。

彼らの論文では、著者らは70年以上前の研究をどのように再訪したのかを記述し、LNTモデルの普及につなげました。

低線量リスクは高線量リスクの外挿法ではない

1940年代に発表されたこの研究は、様々な線量の放射線に暴露されますが、非常に低線量ではありません。それにもかかわらず、彼らは、低線量で起こるこれらの影響のリスクを推定するためには、高線量実験から得られたプロット結果を直線的に単純に続けたと結論付けました。

科学者が低線量の放射線を使用して2009年に果実のハエについて同じ実験を行ったところ、元の研究で予測されたような結果は得られませんでした。

また、被爆者を含む放射線にさらされたヒト集団の研究では、低線量放射線が癌のリスクを増加させることは決して明らかにされていないことに注意してください。

彼らは、医療イメージングからの低線量放射線ががんを引き起こすことが知られているという主張に人々が積極的に挑戦するよう促す。

そのような主張を裏付けるために、LNTモデルは「最終的かつ決定的に放棄すべきだ」と結論づけているだけに、「教育するのではなく、警戒し、おそらく害を与える」と彼らは指摘する。

一方、最近、どのようにして科学者が癌腫瘍がどのように形成されるかについての驚くべき新しい手がかりを発見したことを学びました。少数の癌細胞が「細胞ケーブル」を伸ばして、近くの細胞(健康な細胞を含む)を腫瘍に引き込むようです。

Like this post? Please share to your friends: