大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

閉塞性睡眠時無呼吸に最適なCPAPマシンとMADマウスピース

持続的気道陽圧マシンとマウスピースを着用しAHRQ(医療研究・品質調査機関)によって発行された報告書によると、夜間の呼吸を助けることで、閉塞性睡眠時無呼吸のための最も成功した治療法であることが判明しています。著者らは、CPAP(持続気道陽圧)機が最も説得力のある証拠に裏打ちされていると述べた。マウスピースはMAD(mandibular advancement device)と呼ばれ、

比較有効性のレビューは、タフツ医療センターのAHRQの有効なヘルスケアプログラムのエビデンスベースプラクティスセンターの研究者によって行われました。

報告書の著者は、すべての治療法に潜在的な副作用があることを強調している。

著者らは、約1200万人のアメリカ人が睡眠時無呼吸に苦しんでいると考えていると説明した。おそらく、現在診断されていない何百万人もの人がいるでしょう。

体重減少や​​手術は睡眠時無呼吸症候群に役立つことが判明しましたが、有効な証拠によると、CPAPやMADほど効果的ではないようです。

AHRQディレクター、Carolyn M. Clancy、M.D.

「閉塞性睡眠時無呼吸は非常に多くのアメリカ人のためのイライラや衰弱状態であり、そして何百万人もの人々も、彼らはそれを持って知っていない。その結果、睡眠不足や日中の眠気が仕事関連や運転事故につながることができます。これらのガイドと、この新しいです報告書は患者とその医師が治療の選択肢が彼らのために最善であるかもしれないことを理解するのに役立つでしょう。
コンパニオンガイドは、医師と患者のための報告書の所見の概要を示している。

消費者ガイドは、患者およびその家族のための睡眠時無呼吸の定義を与えている – それはまた、可能な治療オプション、医師に質問する質問のリスト、およびコストに関するいくつかの基本情報を提供する。

臨床家のガイドは、上記のトピックすべてに加えて、現在の科学的証拠の「信頼度」と「臨床的なボトムライン」をカバーし、患者との治療オプションについて議論するときに医師がいくつかの有用なツールを備えています。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者は、睡眠中に上部気道の崩壊および閉塞が繰り返されるため、睡眠中に呼吸を停止する。それは長期(慢性)障害である。睡眠中に呼吸を停止すると、私たち全員が非常に短い時間を過ごします。閉塞性睡眠時無呼吸の患者では、これはより頻繁に、より長期間起こる。彼らは通常、窒息音や鼻で再び呼吸を開始し、1時間に5回、またはそれ以上、場合によっては2〜3分ごとに呼吸を停止します。

睡眠時無呼吸症候群は、最終的に高血圧(高血圧)につながり、患者は日中に眠くなり、糖尿病、心臓病などの事故を起こすことがあります。

CPAPマシン

CPAPは、一般に、閉塞性睡眠時無呼吸治療のために医師によって処方される。マスクは患者の鼻を通る連続的な空気の流れを押して、気道と喉を開いた状態に保つ。 CPAPマシンとマスクにはいくつかのタイプがあります – いくつかのタイプは鼻にぴったりとフィットし、その他は口や鼻をカバーします。

しかし、CPAPマシンには、いくつかの望ましくない副作用があります。患者は乾燥した鼻で終わることがあり、鼻血があり、胸の不快感を経験することがあります。いくつかの患者は、彼らが閉じ込められたと感じている。場合によっては、副作用があまりにも不快であるため、患者は治療を中止します。報告書によると、CPAPマシンは、患者が毎晩それを使用する場合にのみ成功する。

MADマウスピース

MADは、あごを前方に保ち、気道を開いたままにするマウスピースです。これはプラスチック製です。それはCPAPマシンに耐えられない人のための良い選択肢です。効果的ではあるが、MADは時には歯を緩めたり損傷したりすることがある。

手術やその他の治療

閉塞性睡眠時無呼吸症の患者を治療するために外科手術が使用されることもあるが、非外科療法よりも優れているかどうかを判断するのに十分な説得力のある証拠は見つけられていない。

減量プログラム、投薬やその他の治療法についても著者が検討しましたが、全体的に証拠は結論を導くには不十分であると書いていました。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群を抱えていることを知らない何百万人ものアメリカ人がいるとはいえ、報告書はその状態を診断する最良の方法を特定していない。

Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: