大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

長期的なリスクとCセクションの利点を明らかに

この雑誌に掲載された新しい研究は、膣内投与と比較して帝王切開服用に伴う長期的な健康上の利点とリスクに関する既存の文献をレビューしている。

Cセクションの傷跡を持つ女性

英国エジンバラ大学MRCセンターのサラ・ストック氏は、帝王切開を受けたことによる影響を明らかにするために、既存の研究のレビューを行った。母親と子供の両者の健康に関するCセクション。

多くの女性が膣の代わりに帝王切開を選択していることを考えると、この発見は重要であり、医学的に勧告されていない時間が多い。

新しい調査報告書の著者として、ヨーロッパの出産のほぼ25%、北米の出生の32%がCセクションを経て発生しています。

研究者は、妊娠中の女性は通常、帝王切開の短期間のアウトカムについて十分にアドバイスされているが、Cセクションの長期的な影響については、彼らの健康状態や乳児の状態だけでなく、将来の妊娠を運ぶ能力にも影響します。

そこで、Stockと彼女のチームは、Cセクションに関連する主要な母親と赤ちゃんの成果を調べました。この目的のために、彼らは無作為化比較試験および大きな将来のコホート研究をレビューした。

合計で、研究に参加した参加者の数は約3000万人でした。

母親が研究した主な成果は、骨盤底機能不全であったが、調査された主要なベビーアウトカムは喘息であり、将来の妊娠の主な結果は周産期死であった。

母親の骨盤機能障害のリスクが低い

「帝王切開後の出産は、尿失禁の減少と母親の骨盤臓器の脱出と関連しているが、喘息や肥満は子供の罹患率が高いことがわかった」と同氏らはまとめている。

彼らは次のように付け加えています。「帝王切開は、将来の不妊症や妊娠前の胎盤、子宮破裂、死産などの妊娠リスクと関連しています。

より具体的には、尿失禁のリスクは、Cセクションを選択した女性では44%、骨盤臓器脱出では71%低かった。

しかし、帝王切開で娩出した小児は、最初の12年間で喘息発症が21%、5歳までに肥満になる可能性が59%増加しました。

Cセクションを持つ女性は、帝王切開後に妊娠することに決めた場合、流産を起こす可能性が17%高く、死産を経験する可能性が27%高くなりました。

しかし、周産期死亡のリスクは軽微であった。

一方、胎盤の前肋骨のリスクは、胎盤が子宮の間違った部分に成長する状態であり、Cセクションを有する母親の方が74%高く、胎盤癒合または胎盤のリスクはさらに高かった中断。

結果の意義

研究者は、自分のレビューのいくつかの限界を認識しています。概説されたほとんどの研究は観察的であり、結果は偏りやすい傾向にあると彼らは言う。

また、高所得国では「観察研究」が行われているため、結果は注意深く解釈されるべきであり、その結果は他の医療施設に一般化できない可能性があると指摘している。

しかし、この知見は、帝王切開を考える女性にとっては間違いなく重要です。著者らは結論する:

「これらの知見は、帝王切開が自らの子孫、その子孫、将来の妊娠の潜在的な長期リスクと便益を患者にもっとよく知らせることを意味している。

最後に、レビューされた研究の観察的性質も、因果関係を推論することができないことを意味する。

Like this post? Please share to your friends: