大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ビタミンCと抗生物質を組み合わせて、癌幹細胞を破壊する

ビタミンCと抗生物質の組み合わせは、癌幹細胞を殺す鍵となる可能性があると新しい研究が発見し、癌の再発と治療抵抗性と戦う戦略の道を切り開いている。

ビタミンCを表すボトルのミニオレンジ

研究者らは、抗生物質Doxycyclineとアスコルビン酸、またはビタミンCを含む治療法が現在臨床で抗癌剤として試験されている分子である2-DGよりも癌幹細胞(CSCs)を死滅させるのに100倍有効であることを見出した試験。

英国のSalford大学のBiomedical Research Centerの研究共同執筆者、Michael Lisanti教授らは、最近、彼らの発見を雑誌に報告した。

幹細胞は、他の細胞型に複製して形質転換する能力を有する細胞である。いくつかの癌細胞は、幹細胞と同様に作用し、腫瘍を形成し、維持するために増殖することが研究によって示唆されている。

これらのCSCは、進行癌患者の間で腫瘍の増殖、拡大、および再発の主な原因であると考えられており、癌治療に対する抵抗性にも役割を果たす。

「CSCを特定して根絶するためには、新しい治療戦略が必要です」とLisanti教授らは言う。

彼らの新しい研究で、研究者たちはこれを行う方法を見つけた可能性があります。

CSCを殺すための「第2のパンチ」

今年の初めに、Lisanti教授とチームの別の研究で、ビタミンCがCSCを効果的に殺す方法を明らかにした。

新しい研究は、抗生物質の助けを借りてビタミンCのCSC殺傷能力を高めることができることを示している。

彼らの結果に達するために、研究者らは、3ヶ月以上に亘って用量を増やしてCSCsに、ざ瘡、肺炎および他の感染症を治療するために使用される抗生物質であるドキシサイクリンを投与した。

チームは、抗生物質が細胞の生存手段として燃料源を切り替える能力を阻害することを意味する「代謝の柔軟性」を誘導すると説明している。結果として、細胞にはエネルギー源としてのグルコースのみが残っている。

しかし、ビタミンCの投与によるドキシサイクリン投与を追跡することによって、研究者はCSCからグルコースを除去することもできました。これは効果的に細胞を死に至らせる「第2のパンチ」です。

「このシナリオでは、ビタミンCは解糖系の阻害剤として作用し、ミトコンドリア内のエネルギー生産を促進します。これは細胞の「強さ」です」と、同大学のBiomedical Research Centerの共同研究者、Federica Sotgia博士は説明します。 Salford。

新しい療法は2-DGよりもほぼ100倍効果的

チームの以前の研究では、ビタミンC単独では2-DGよりもCSCを死滅させる効果が最大で10倍も高いことが分かった。しかし、この治療にドキシサイクリンを加えることで、ほぼ100倍の効果が得られました。

さらに、研究者らは、CSCに「第2のパンチ」を送達するためにドキシサイクリンの後に投与することができるさらに8つの化合物を同定した。

「これは、ビタミンCなどの非毒性化合物ががんとの戦いにおいて果たす役割を担う可能性があるという証拠です」とLisanti教授は言います。

「我々の結果は、これが臨床試験のための有望な薬剤であり、腫瘍の再発、さらなる疾患の進行および転移を予防するために、より従来型の療法への追加として」と述べている。

Michael Lisanti教授

どのように高用量のビタミンCががん治療の有効性を高めるかもしれないかを学ぶ。

Like this post? Please share to your friends: