大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

私のADHD薬は働いていますか?

投薬は日常生活を中断するADHD症状をコントロールするのに役立ちますが、それが機能しているかどうかを判断するのは難しいでしょう。 ADHDの症状が緩和し始めると、しばしば明らかではありません。

以下は、注意欠陥多動性障害(ADHD)のための投薬が有効であるという徴候である。人は自分自身に気付くかもしれません:

  • 小さな仕事や「退屈な」仕事を終わらせる
  • 目を覚まし、より定期的に家を出る
  • 会話から詳細を簡単に呼び出す
  • 会議や仕事の電子メールから詳細を覚えている
  • その日の授業で学んだことを思い出して
  • 仕事で小さな割り当てられた仕事を終わらせる
  • 自分自身で掃除する
  • 時間のうちに寝る
  • 宿題を終える
  • 働いているときにソーシャルメディアやテレビのような気晴らしを避ける

ADHD薬が効いているかどうかを確認する方法

鍋のADHD薬

いくつかの症状が改善する場合、これは投薬が効いていることを示す良い指標です。

投薬が効果的かどうかを知るためには、それが何をするように設計されているのかを理解することが重要です。医薬品は、次の目的に使用できます。

  • 人の集中を助ける
  • バランス感情
  • 毎日のエネルギーレベルをより均一にする
  • 衝動的な行動を減らす

すべての症状が完全に消失することはほとんどありませんが、ほとんどのADHD薬は身体的および精神的症状をより管理しやすくします。

人が次のような場合には薬が作用している可能性があります:

  • 気になることが少ない気分
  • 意識的に衝動的行動をコントロールする
  • 気分の変化が少ないことに気付く

投薬が効いているときには、いくつかの症状が残ることがありますが、他のものはより扱いやすくなります。

ADHD薬の副作用

ほとんどのADHD薬は副作用があり、これらは薬物が体に影響を与えていることを示すことができます。

ADHD薬の副作用は、個々人に異なる影響を与えることがあります。管理が困難または不可能になった場合、医師は薬を調整する必要があります。

覚せい剤が効いているかどうかはどうすればわかりますか?

RitalinやAdderallのような覚せい剤は、より注意深く、仕事に集中して指示を聞くのに役立ちます。

これらの結果は、最初は明らかではないかもしれないし、症状の改善の前に副作用を気付く人々もいる。

覚せい剤型薬の副作用には、

  • 心拍数または血圧の上昇
  • 食欲不振
  • 落ちたり眠ったりするのに困った
  • 薬が疲れるにつれて過敏症
  • 吐き気または嘔吐
  • 頭痛
  • 気分のむら

これらは、ほとんどの人にとっては扱いやすいものでなければならず、投薬を受けてから数週間後に消えてしまうことがあります。

非刺激薬が効いているかどうかはどうすればわかりますか?

疲れた女性

ADHDのための非刺激薬も副作用を引き起こす可能性があります。これらは、人の年齢と薬物の種類に基づいて異なります。

副作用としては、

  • めまい
  • 食欲不振
  • 吐き気、吐き気、嘔吐
  • 疲労と眠気
  • 不眠症
  • 便秘
  • 乾燥した口や喉
  • 持続的な咳
  • かゆみや皮膚の問題

性的な副作用も起こりうる。人は性行為に関心を失ったり、オルガスムを患ったりすることがあります。

副作用は、薬物が身体に影響を及ぼしていることを示していますが、必ずしも薬が働いているとは限りません。

症状の変化に気付かずに副作用を経験した人は、医師に診てもらう必要があります。医師は、投薬量を変更したり、投薬を切り替えることができます。

投薬を変更する時期

以下は、ADHD薬を調整する必要があるいくつかの共通徴候です:

  • 薬剤が子供の体系にあるときの過敏症または増加した多動性
  • 一貫した体重減少または食欲の問題
  • 仕事や学校の時間中に投薬にうまく反応する症状は、夜は家で悪化するようです
  • 性格の変化または感情を感じる能力と相まってADHD症状が軽減される

投薬が変更されるべきであるという兆候は様々である。投与量が高すぎたり低すぎたり、個人が別の種類の薬を必要とすることがあります。

薬をより効果的にする方法

ベッドで眠っている男

医薬品は、広範なADHD治療計画の一部として見なされるべきである。

ADHDのための投薬を処方するとき、多くの医者はまた、行動療法を勧めます。

精神保健専門家は、行動のパターンを特定し、個人が個人的な目標に向けて働くのを手助けすることができます。

生活習慣の変化を起こすことは、治療に満足してもらうのに役立ちます。

睡眠

一晩の睡眠は、脳や体をリフレッシュして、一日中休息して気分を崩すのを助けます。

運動

これは、脳の機能を刺激し、溜まったエネルギーを放出することができる。化学薬品は脳の受容体を増加させるように設計されており、運動は同様の効果を有する可能性がある。

瞑想

思いやりの瞑想は、心を落ち着かせるのに役立ちます。これは、より広範なADHD治療において有益な追加であり得る。

取り除く

ADHDは人々に違った影響を与えることがあり、同じことがADHD投薬にも当てはまります。医師はしばしば投与量を微調整する必要があり、一部の人々は症状の改善よりも副作用に気付くことがあります。

自分の投薬の結果に満足していない、または症状が減っていない副作用を経験していると感じる人は、医師に他の選択肢について話し合うべきです。

Like this post? Please share to your friends: