大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

成人発症ADHDは存在しないかもしれない、研究は示唆している

成人期に注意欠陥多動性障害と診断された人々の80%以上がこの状態にあるとは考えにくい。これは、最近に発表された新しい研究の結論です。

ADHDが掲示された掲示板

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、衝動的行動、活動亢進、および集中に関する問題を特徴とする脳状態である。

症状の症状には、幻覚、容易に気を散らすこと、忘れやすいこと、および組織力が低いことが含まれる。

ADHDの発症は小児期に最も一般的です。米国で4〜17歳の子供の約11%がこの状態を診断されています。

ADHD患児の約3分の2は成人期までこの障害を継続し、成人期にADHD診断を行うことは珍しいことではありません。注意欠陥障害協会によると、米国の成人の約5%がADHDを持っています。

しかし、新しい研究では、後の人生でADHDと診断された大多数の人々が、実際に成人期に発症するかどうかについての疑問を提起し、条件を実際に持たないかもしれないことを示唆している。

この研究は、マイアミのフロリダ国際大学のHerbert Wertheim医科大学のMargaret H. Sibleyとその同僚によって行われました。

他の要因によって説明される成人発症ADHD

研究者らは、小児期ADHDのない239人の個体の縦断的解析を行って、その所見を得た。

各被験者は10歳から25歳の間に2年毎に評価された。二年ごとの評価のために、チームはADHD症状の出現と物質乱用、認知障害、精神障害の証拠を検討した。

すべての情報は、自己報告と両親や教師からの報告書から収集された。

この分析は、成人期にADHD症状を呈し始めた参加者の80%以上が、他の要因によってその症状が説明される可能性があることを明らかにしました。

「成人発症ADHDのように見える多くの人々が見つかりました」とSibley氏は説明しています。しかし、私たちが注意深く見てみると、成人発症の兆候は小児期までさかのぼり、他の問題、重度のマリファナの使用、心理的な外傷、または集中に影響を及ぼす抑うつ症状が含まれます。

さらに、精神医学的疾患の病歴がなければ、「成人発症ADHDの証拠はない」と研究者らは見出した。

Sibley氏とその同僚は、ADHD様症状の発症を説明できる他の多くの要因があるため、成人をADHDで評価する際に臨床医は慎重でなければならないことを示唆しています。研究者らは、

「偽陽性の遅発性ADHD症例は、慎重な評価なしには一般的です。臨床医は、遅発症の可能性のある症例を治療する前に、障害、精神医学的病歴、物質使用を注意深く評価する必要があります。

Like this post? Please share to your friends: