大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

意図しない傷害 – 死を導く原因

もっと慎重になる必要があります。今日出版されたCDC(疾病管理予防センター)のデータは、過去10年間の事故を調査し、0歳から19歳までの人々の主な死亡原因が意図しない傷害であることを示しています。これは、新生児と1歳未満の人の死因の第5位です。

データはNational Vital Statistics Systemから遵守され、年齢、性別、人種/民族、怪我の原因と状態別に分類されています。勇気付けて、0〜19歳の傷害による死亡率は、9,000人弱となり、10万人あたり15.5人から11.0人に29%減少しました。憂慮すべき指標は、部分的には処方薬の過剰摂取による中毒の割合であり、100,000人あたり1.7から3.3にほぼ倍増した。小児期の自動車死亡率は41%減少したが、依然として意図しない死亡の主要原因である。州別では、データは2009年の間に10万人あたり4.0から25.1に大幅に変化しました。

予防可能な死亡事故の数が多いことは、公衆衛生のこの側面に取り組む上でまだ必要とされている注意を強調する – 2012年の児童傷害防止国家行動計画は、監視、研究、コミュニケーション、教育の分野、健康管理、公衆衛生政策を推進し、傷害を減らして命を救う努力に焦点を当てています。

CDCの新しい目を引くパンフレットは、統計をさらに消化してすぐにアクセスできる事実に分解しています。

  • 1傷害から子供が1時間死ぬ
  • 幼児死亡の5分の1は傷害によるものです
  • 4秒ごとに、子供は偶発的な怪我のために救急室で治療されます
  • 死亡したすべての子供には、入院25回、ERで925回、医院で数千回治療されています。

そして、これらの数字は、アメリカからのものです。その後、報告書は、米国の数値と世界の数値とを比較していきます。メキシコの0-14歳の子どもの死亡率については、メキシコが10万人あたり12.7人の死亡者数を記録しています。ニュージーランドは驚くほど厳密に11.1で続き、米国は8.7でほとんど改善していない。これらの数字は、スウェーデン、オランダ、英国と比較すると、10万人あたりの数字が2をわずかに上回っています。

中西部および南部の州は、モンタナ州、ワイオミング州およびサウスダコタ州が最も高い州の中で、北東部州、カリフォルニア州、オレゴン州およびワシントン州よりも高い率を有する。おそらく農村部の生活様式と人口の減少は交通事故の増加につながります。

パンフレットでは、9,143人の子供の死亡を見て、それを原因に分解しています。

  • 4,564 – 自動車
  • 1,160 – 遂行
  • 151 – 落ちる
  • 983 – 溺れる
  • 391 – 火
  • 824 – 中毒

数字を減らすための提案には以下が含まれます:

  • データ収集の増加と問題領域の特定
  • 実績のある戦略の活用徐々に運転免許証などのプログラムを泳ぐことを学び、処方薬の監督を強化する
  • 中毒、外傷ケア、救急医療やCPRトレーニングなどの予防サービスのための施設を改善する。

CDCはまた、より安全に行動し、シートベルトやヘルメットを着用し、安全に関するアドバイスを受け、一般的に家庭、学校、遊び場の子供や若者を意識するなど、より安全な行動を取ることで、

ルパート・シェパードが執筆

Like this post? Please share to your friends: