大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

老化の徴候に結びついた脳血管における検出不能な閉塞

最近の技術では検出できない脳内の狭い血管の閉塞は、ラッシュ大学の研究結果によると、ストップ姿勢、バランスの取れにくさ、歩行の遅れ、手の震えなど、老化の「パーキンソニズム」の徴候米国シカゴのメディカルセンターは9月1日号の「ストローク:アメリカ心臓学会ジャーナル」にオンラインで報告した。研究者らは、老化の正常な部分としてパーキンソン病の徴候を受け入れるべきではないが、それを引き起こす原因を理解し、治療しようとするべきだと述べた。

ラッシュの神経科学准教授であるAron S. Buchman博士は、この研究の主任著者は、彼らの知見に基づいて驚いたと語った。

「現在の技術では検出されない小血管疾患の診断を受けていない30%を特定していないため、公衆衛生への影響は重要であり、この人口を特定するために追加のツールが必要となる。

高齢者の約5%のみがパーキンソン病を発症するが、パルキンソン病に見られるものを含む軽度の運動症状は年齢とともに増加するため、85歳になるまでに半分の人々が摂取するようになるため、背景にバックマンとコラージュを書く情報。

しかし、この高い罹患率にもかかわらず、我々は脳の根底にある原因についてはあまり知らないので、血管の問題が要因である可能性を調査することに決めました。

彼らは、宗教的秩序研究に参加していた死者の脳剖検を研究しました。この研究は1994年に開始され、研究者たちは、死亡したときに脳を検査するために共生していた1,100人の老婦人と司祭の老化の徴候を調べる年次試験を開始しました。

毎年実施される試験では、バランス、姿勢維持能力、歩行速度、めまい感、歩行中のコーナーを回す能力、能力などを評価するユニファイド・パルキンソン病の疾病評価尺度のモーター・セクションの改訂版によるパーキンソン徴候の評価が含まれています椅子に出入りする。

この研究は最初の418人の脳剖検の結果を報告している。参加者は平均88歳で死亡し、61%が女性でした。

研究者らは、梗塞の脳、血液供給の詰まりのために死亡した脳組織の領域を調べた。彼らは、巨視的および微小梗塞、すなわち大血管および小血管の閉塞を探し、動脈硬化症の重症度または血管の壁の肥厚の程度を測定した。

回帰分析と呼ばれる統計的方法を用いて、彼らは、脳剖検データと、パーキンソン病候群評価との間の関係を調べ、参加者は死亡まで数年間で完了した。

その結果、

  • 149人以上の参加者(35%)が脳に巨視的な梗塞の徴候を示した。
  • 巨視的な梗塞の兆候を示さず、生活の中で脳卒中または脳卒中の診断を受けていなかった人々のほぼ30%において、従来の脳画像では検出されない損傷の証拠があった。
  • そのうち33名(7.9%)が微小梗塞、62名(14.8%)は動脈硬化症、24名(5.7%)は両者があった。
  • 巨視的梗塞はより高い全球パーキンソニアスコアに関連し、動脈硬化はグローバルパキンソンスコアに関連していたが、この効果は減少し、梗塞の影響が取り除かれた後はもはや有意ではなくなった。
  • 3つのタイプの損傷(巨視的梗塞、顕微鏡的梗塞、動脈硬化)のそれぞれは、パキンソンの歩行とは別個に関連していた。
  • さらに分析したところ、「皮質下の巨視的および微小梗塞は、特にパルキンソン病歩行の重症度と関連していた」ことが示された。

パーキンソン病の歩行は、前方に傾いていて起床し、小さなシャッフルステップを取るなど、歩く方法と関連する多くの特徴を特徴とするパーキンソン病の徴候である。

この研究は、歩行が最も困難な人は、複数の脳病変を検出できないことを示しています。

Buchmanらは次のように結論づけた。

“巨視的な梗塞、微小梗塞、および動脈硬化を含む脳血管病変は、高齢者には一般的であり、老年期の軽度のパーキンソニズム徴候、特にパーキンソニズム歩行の認識されていない共通病因である可能性がある。

ラッシュ・アルツハイマー病センターのメンバーでもあるBuchmanは、次のように述べています。

「軽度の運動症状はしばしば老化の予期される部分であると考えられていますが、「この異常な老化を受け入れるべきではありません」と彼は付け加えました。

「根本的な原因がある場合は、介入し、影響を軽減することができます」とBuchman氏は述べています。

キャサリンパドック博士が執筆

Like this post? Please share to your friends: