大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

タイレノールが重篤な肝障害を起こすことがある

指示通りにタイレノールを4日間服用すると、肝障害の危険性があるかもしれない、と新しい研究が述べています。タイレノールは数十年間市場に出回っています。これまでの研究では、タイレノールとヒドロコドンの併用が肝障害を引き起こしたことが示されています。肝臓の毒性はヒドロコドンに関連していると専門家は考えていました。この新しい研究は、タイレノールがヒドロコドンではなくリスクを引き起こすことを明らかに示しています。

米国ノースカロライナ州チャペルヒル大学の研究者らは、肝臓の損傷がアヘン(ヒドロコドン)とは無関係であることを知り、驚いた。彼らは、以前は認識されていなかったが、アセトアミノフェン(タイレノール)単独の効果は、4日間指示されたときに単独で認められた。

科学者たちは、タイレノールを本当に必要とする患者は、それをやめるのを止めてはならないと言いました。彼らが懸念している場合は、切り替えを検討する前に医師と話し合う必要があります。

タイレノールは世界中の何百万人もの人々が抱く人気のある鎮痛剤です。胃腸の副作用が懸念される人々のためのアスピリンの代替品です。

研究者らは、タレノールが肝酵素レベルに及ぼす影響について、麻酔薬であるヒドロコドンとアセトアミノフェンを併用した治療について試験していることを発見した。焦点は、麻薬の肝毒性効果に焦点を当てていた。しかし、この試験を資金提供したパデュー・ファーマは、いくつかの健康な被験者が高レベルの特定の肝酵素を有していることを発見した。これは通常、肝臓の健康リスクの指標である。

裁判は中止され、タイレノールが肝臓の問題の原因であることが判明した新しい裁判を実施するために別のチームが呼び出されました。 7月5日号のアメリカ医学会雑誌で、現在の臨床試験について読むことができます。

この新しい試験には、145人の健康なボランティアが参加しました。彼らは3つのグループに分けられました。第1の群はアセトアミノフェン/オピオイドの組み合わせ、第2のアセトアミノフェンのみ、第3の群はプラセボを受けた。彼らは14日間、投薬またはプラセボにいました。アセトアミノフェンのみの群は、推奨される最大一日量を受けた。

各群の最大ALT測定値は以下の通りであった:
最大ALT測定値の上限は正常上限値の3倍です:

– プラセボ群 – 0%
– 組み合わせアセトアミノフェン/オピオイド群 – 31%〜44%
– アセトアミノフェンのみの群 – 31%~44%

これらの結果は、効果を有するのはオピオイドではなく、アセトアミノフェンであったことを示している。

筆者のPaul Watkins博士は次のように述べています。「50人の研究者が進行中の研究を進めていることは信じられないほどです.JAMAの論文ではありませんが、調査結果を確認しています。私たちは人々を治療し続け、彼らは正常に戻ってくるので、約1ヶ月後には、肝臓の化学は正常であり、継続していると私は信じています。言い換えれば、ワトキンスはアセトアミノフェンの長期使用後に測定値が落ち着くと考えています。

肝臓酵素の上昇した読みがリスクの正確な指標ではない可能性があります。 Watkins氏は、「過去に、肝臓の酵素異常がこの程度まで見られたとき、肝臓の損傷または損傷が重大であることを医師に示しています。どの薬が肝臓の問題を抱えているかについての良い予測因子ではないかもしれない」と語った。

アセトアミノフェンと組み合わせて投与された他の薬剤を止めた医師は何人ですか?アセトアミノフェンの推奨用量は、以前は肝臓の酵素上昇を引き起こすと認識されていなかったので、医師は不必要に高価な肝臓評価を実施した可能性がある。ワトキンズは、実際にはアセトアミノフェンであったときに、肝臓の問題を引き起こしていると医師が疑っていたため、スタチンなどの他の多くの薬物が止められた可能性があると考えました。

「毎日4グラムのアセトアミノフェンを摂取する健康な成人におけるアミノトランスフェラーゼ上昇」
ランダム化比較試験
Paul B. Watkins、MD; Neil Kaplowitz、MD; John T. Slattery、PhD; Connie R. Colonese、MS; Salvatore V. Colucci、MS; Paul W. Stewart、PhD; Stephen C. Harris、MD
JAMA。 2006; 296:87-93。
要約へのリンク。

執筆者:Christian Nordqvist
編集者:今日の医療ニュース。

Like this post? Please share to your friends: