大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ティーンマリファナの使用は後で双極性の症状につながる可能性があります

多くの若者が大麻を使用することはよく知られている事実であり、研究は精神分裂病などの精神医学的状態との関連を指摘している。しかし、大麻の使用と双極性症状の発症との関連性は、今までに十分に研究されていない。

若い女の子喫煙ポット

10代の若者の大麻使用が成人初期の軽症とどのように関連しているかを調べることで、この研究ギャップを埋める新しい研究が行われています。

この研究は英国のワーウィック大学の臨床精神科医であるスティーブン・マルワハ博士によって行われ、その結果はジャーナルに掲載されました

Marwaha博士らは、10代のマリファナの使用と精神障害との関係が文書化されているにもかかわらず、大麻の使用と双極性障害の症状との間の関連性について十分に検討されていないという観察から出発した。

事実、私たちは、10代の大麻使用と精神医学的条件との間の関連を明らかにしたいくつかの研究について報告している。例えば、ある研究は、マリファナの使用が統合失調症によって引き起こされるものと同様の脳構造の変化を引き起こすことを示唆している。

齧歯類の別の研究では、青年期の薬物使用は精神分裂症の症状を引き起こす可能性があるが、すでに病気に遺伝的に罹患している患者にのみ起こることが示唆されている。

この研究は、大麻の10代の使用と軽躁症との関連を調べました。これは、双極性障害を持つ人々がしばしば経験する症状です。軽躁症は、怒りの感情、激しい興奮、睡眠の必要性の減少、および多動性によって特徴付けられる。

毎週の大麻使用は軽躁症の原因となる

Marwaha博士らは、英国親子の縦走研究と呼ばれる英国の出生コホート研究から、3,370人の参加者について入手可能なデータを検討した。

チームは、17歳の時の大麻の使用と、22〜23歳の軽症の発生との関連性を調べた。

回帰分析を用いて、科学者は性別、アルコールおよびその他の薬物の使用、18歳での小児期の逆行または虐待などの初期の環境リスク因子、うつ病および精神病を調整した。

この研究では、大麻を週に2〜3回以上使用することは、成人期初期の軽症に対する強力な予測因子であることが判明しました。

10代大麻使用と軽躁症との関係は用量に依存し、毎週の使用は「任意の使用」よりも症状に強く関連していた。

大麻の使用はまた、小児期の性的虐待と軽躁病との関連性、ならびに男性性と精神症状との間の関連性を媒介することが見出された。

著者らは結論する:

「青年大麻の使用は、将来の軽躁病の独立した危険因子であり、会合の性質は潜在的な因果関係を示唆しているため、示唆された軽躁症の予防のための有用な標的となるかもしれない。

Marwaha博士は、「青少年の大麻使用は一般的であり、精神障害と関連しているが、大麻使用と双極性障害症状との間の関連性はほとんど調べられていない」と述べた。

国立薬物乱用研究所の最新統計によると、17歳から18歳の12年生の35%以上が、調査につながる年にマリファナを使用し、6%がそれを使用することを認めた「毎日またはほぼ毎日」。

Like this post? Please share to your friends: