大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

オルガン肉はあなたにはいいですか?

オルガン肉は、「臓物」と呼ばれることがあります。臓物という言葉は、尾、足、睾丸のように虐殺されたときに倒れる動物を指す用語で、「秋から」という用語に由来します。

米国では、臓器の肉には臓物と区別されるすべてのものが含まれています。一方、肉食は肉食ではなく、肉食にはアメリカのほとんどの肉が使われています。

しかし、栄養価にもかかわらず、臓器肉は、消費されると、いくつかのリスクを伴うだけでなく、利益をもたらす。

臓器肉に関する素早い事実:

  • オルガン肉はビタミンや栄養素が非常に高い。
  • 正常に掃除しなければ、腸内に有害な細菌の問題があります。また、脳脊髄は狂牛病などの希少疾患を伝染することが知られています。
  • 文化的には米国のビタミン含有量にもかかわらず、臓器肉は従来の筋肉と同様に食事計画の一部とはみなされません。

臓器肉とは何ですか?

肝臓は臓器の肉や臓物の一種です。

いくつかの種類の臓器肉がありますが、その中のいくつかは他のものよりよく知られています:

  • ハート
  • 腎臓
  • スイートブレッド
  • くだらない話

オルガン肉は、ビタミンや栄養素の高濃度源であるため、「スーパー食品」と呼ばれることがあります。

  • ビタミンB
  • リン
  • マグネシウム
  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

世界中の多くの異なる文化は、血液、骨、および器官を使用することを含む、食物として動物を完全に使用するのが好きです。

自然界では、捕食動物はその餌の器官を評価し、例えば肝臓を最初に食べることが知られている。なぜなら、それは栄養分が非常に詰まっているからである。

利点

ここには、最も一般的な肉のいくつかの内訳とその利点があります:

肝臓はビタミンA、葉酸、鉄、亜鉛が多い。

肝臓は最も栄養のある高密度の臓器肉であり、ビタミンAの強力な供給源です。ビタミンAは、眼の健康やアルツハイマー病から関節炎などの炎症を引き起こす疾患を軽減するのに有益です。

肝臓はまた、葉酸、鉄、クロム、銅、および亜鉛を含み、心臓および血液中のヘモグロビンレベルを増加させるために特に良好であることが知られている。

腎臓

栄養素とタンパク質が豊富で、腎臓の肉にはオメガ3脂肪酸が含まれています。また、抗炎症性を有し、心臓に良いことが知られている。

脳肉にはオメガ3脂肪酸と栄養素が含まれています。後者には、神経系に良いホスファチジルコリンとホスファチジルセリンが含まれます。

脳肉を食べることによって得られる酸化防止剤は、ヒトの脳および脊髄を損傷から保護するのにも役立つ。

ハート

心臓は葉酸、鉄、亜鉛、セレンが豊富です。ビタミンB2、B6、B12の豊富な供給源であり、そのうち3つはB複合ビタミンとして知られています。

臓器の肉に含まれるビタミンB群は、心臓保護作用を持つ心臓保護作用を持っています。

Bビタミンはまた、健康な血圧を維持し、高コレステロールを減らし、健康な血管を形成することに関連している。これらは脳に有益であり、アルツハイマー病、認知症、うつ病、および不安のリスクを低下させることが判明している。

心臓の肉はコエンザイムQ10(CoQ10)の大きな供給源でもあります。これは抗酸化物質であり、特定の病気、特に心臓病の治療と予防に役立ちます。

CoQ10は、老化プロセスを遅らせ、エネルギーレベルを改善することが示されています。

舌の肉には、カロリーや脂肪酸、亜鉛、鉄、コリン、ビタミンB12が豊富です。この肉は、病気や妊娠中の女性から回復する人にとって特に有益と考えられています。

葉酸は妊娠に有益であると考えられている臓器肉のビタミンであり、二分脊椎や心臓の問題など、赤ちゃんの胎児の欠陥を避けるのに役立ちます。さらに、ビタミンB6は妊娠の朝病期に役立ちます。

リスク

腎臓は、ビタミンやミネラルが豊富な臓器肉や臓物の一例です。

オルガン肉はコレステロールと飽和脂肪が多い。一般的な考え方とは対照的に、コレステロールと飽和脂肪は今やバランスのとれた食事には重要だと考えられていますが、適度に消費されなければなりません。

米国農務省(USDA)の食事ガイドラインによれば、飽和脂肪は個人のカロリーの10%以下に制限するべきだと述べている。

しかし、コレステロールを低下させる必要のある成人の場合、アメリカ心臓協会は、飽和脂肪が毎日のカロリー摂取量の5〜6%を超えてはならないことを推奨しています。

痛風のある人は、痛風発作に関連する分子であるプリンを含んでいるので、臓器の肉を食べないようにすべきだと広く考えられています。

さらに、毒素および農薬に暴露された動物は、その器官に毒性を有するであろうという懸念がある。しかし、肝臓や腎臓などの器官は体内に入る毒素のフィルターとして働きますが、毒素を排泄して貯蔵することはありません。

オルガン肉質

臓器が食べられている動物がどのように屠殺前に飼育されたかを知ることは重要です。

道徳的な影響とは別に、ストレスや虐待を受けた動物から得られた臓器の肉は、あらゆる種類の問題を引き起こす可能性があります。

例えば、心臓および腎臓の周りに脂肪沈着がしばしば蓄積することがあります。基本的に、動物が不健全な生活を送った場合、その内臓も健康ではありません。

オーガニック肉類は、有機的な習慣を用いた農場から調達し、その動物を放牧地に出すことが推奨される。

テイクアウトメッセージ

多くの臓器肉は、高い栄養価を持ち、多くの点で人体に非常に有益です。

それは、あまりにも多くの臓器肉を食べる危険性があり、食生活を大きく変えることを考えている人は、まず医師に相談し、賛否両論を徹底的に調査してください。

しかし、一般的に、適度に食べられる限り、臓器の肉は、バランスのとれた食事の健康的で規則的な部分となり得る。

Like this post? Please share to your friends: