大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

睡眠ウォーカーは、時には彼らが何をしたのか、なぜそれを思い出したのですか?

睡眠ウォーキングに関する3つの神話 – イベントの思い出がなく、その行動に動機がなく、睡眠ウォーキングに昼間の影響がないということは、現在、モントリオール大学のチームが実施した新しい研究で争われている。

15年以上の睡眠研究のデータを分析した結果、Antonio Zadraらは睡眠ウォーキングに関する新しい知見を明らかにし、医師や研究者に明確な診断基準を与えました。

彼らの結果はLancet Neurologyに掲載され、睡眠ウォーキングをしている人が半分目を覚まし、睡眠が半減している可能性と、睡眠ウォーキング(Somnambulism)に関連するいくつかの神話に触れる。

あなたが老いているほどの睡眠ウォーキング

睡眠ウォーキングは遺伝的です。睡眠ウォーカーの80%近くがこの病状の家族歴があります。別の双子も同じことをするなら、一人の双子が睡眠を取る可能性が5倍高くなります。

現在の研究は、ストレスと疲れがまた睡眠ウォーキングを引き起こすことができることを明らかにする。素因がある人では、睡眠を妨げるどんな状況も夢遊病につながる可能性があります。

一般に、睡眠ウォーキングは無害です。睡眠ウォーカーの深いゆっくりとした波の睡眠は壊れていますが、ほとんどの出来事は短くて危険ではなく、危険であれば危険は小さいです。

ごくまれに、怪我をしたり自分自身や他の人を危険にさらす睡眠ウォーカーと一緒に、危険な長いエピソードが発生することがあります。例えば、寝ている間に車を運転する。

睡眠ウォーキングは、6歳から12歳の子供に一般的です。著者らは、睡眠から覚醒までの移行は、この時代の子供にとっては時には困難な脳の成熟を必要とすることを指摘しています。思春期の後、問題は通常消え去る。

睡眠ウォーキングは成人期まで青年期の25%で継続する可能性がある。これが起こると、人が年を取るにつれて深い低速波睡眠(睡眠ウォーキングが起こる段階)が少なくなるため、年齢とともに減少します。

アントニオ・ザドラは説明した:

「子供と大人の両方が、さまようエピソードの間にいわゆる解離性の覚醒状態にあります:脳の部分は眠っていて、他の部分は目を覚ましています。睡眠ウォーカーは洗濯、開閉、彼らの目は開いており、人々を認識することができますが、睡眠に特有の要素もあります:睡眠ウォーカーの判断と自己思考能力は変わり、行動反応は無意味です。

スリーピングウォーキングは自動ではありません

著者らの睡眠ウォーキングを概念化すると、人々が部分的に目を覚まし、部分的に眠っている可能性があることが指摘されています。これは、脳が一度に眠りにつくことはないということを意味します。脳の一部が他の脳よりも早く眠りにつくことがあります。

これは、なぜ、睡眠ウォーキングを覚えている人と、そうでない人がいるのかを説明するものです。健忘症は、神経生理学的理由のため、小児および10代においてより一般的である。成人では、睡眠ウォーキングのエピソードの一部または全部を覚えておくのが一般的です。

もう一つの一般的な神話は、夢遊病は自動的であるということです。しかし、睡眠ウォーカーの多くは、彼らが何をしたのか、そしてその理由を覚えています。彼らは彼らの行動が非論理的であることを認めることができますが、各エピソードごとに隠された根拠があります。モチベーションは、通常、行動を伴い、説明する。

睡眠薬の45%近くが眠いです。思春期の睡眠薬は、より簡単に眠気を隠すことができます。しかし、対照被験者と比較して、彼らは警戒テストにおいて悪化した。また、昼寝を取る機会を与えられた場合、睡眠を取らなかった人よりも早く眠りにつきました。

Zadraは次のように結論づけた。

「睡眠ウォーキングの深いゆっくりとした睡眠は典型的ではないことがわかりました.3〜10秒の数々の微小覚醒によって睡眠が回復しました。深い睡眠と覚醒状態。睡眠ウォーキングのエピソードを持っているかどうかにかかわらず、毎晩彼らの睡眠に根本的な何かがあります。
最近行われた別の調査によると、睡眠ウォーキングは暴力的行動を引き起こし、全体の健康に影響を与える重大な状態であることが示唆されています。

著者らは、睡眠ウォーカーが次のような経験をしばしば経験していることを発見しました。

  • 昼間の眠気
  • 疲労
  • 不眠症
  • うつ病
  • 不安

ケリーフィッツジェラルドによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: