大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

メラトニンとアルコールは混ぜても安全ですか?

多くの人々は、メラトニンなどの自然な睡眠補助剤は常に安全であると想定していますが、サプリメントを服用し始める人は、その使用法、有効性、安全に摂取する方法を学ぶことが不可欠です。

アルコールは、特に事故が起こったときに、メラトニンと一緒に服用すると重大な合併症を引き起こすことがあります。さらに、アルコールは睡眠パターンを乱し、メラトニンがその有効性を失うことを意味し得る。

この記事では、メラトニンとアルコールの相互作用について検討します。私たちはまた、2つの物質を個別に探求し、睡眠補助剤としてメラトニンを最大限に活用する方法についても学びます。

メラトニンはアルコールで飲むのが安全ですか?

メラトニン錠

メラトニンを服用している間はアルコールを飲むのは安全ではありません。アルコールは薬物やサプリメントの有効性を妨げ、メラトニンも例外ではありません。アルコールはメラトニンの効果を弱めるか強化することができます。

メラトニンでアルコールを摂取する際の最大の安全上の懸念事項には、

  • 眠気
  • トラブル呼吸
  • 気を失う
  • めまい
  • 落下のリスク

メラトニンとアルコールを摂取した人は、歩行と運転に問題があるかもしれません。これらの副作用は、事故の危険にさらされ、意識を失うため、潜在的に危険な結果をもたらす可能性があります。

メラトニンの睡眠サプリメントの範囲から購入するには、ここをクリックしてください。このリンクをクリックすると外部ページに移動します。

メラトニンとアルコールの混合合併症

メラトニンとアルコールを一緒にまたは一緒に飲むことによる潜在的な副作用には、

  • 貧しい睡眠
  • 過敏症
  • ファジー思考
  • 激しい夢
  • 増加した不安
  • 顔の赤み
  • 足と手の腫れ
  • 速い心拍

関数

アルコールと錠剤

人体の松果体は、メラトニンを産生し、人がより敏感に感じる時や眠く感じる時を体が調節するのを助ける。

体は光に敏感です。暗闇の時間中、松果体は、眠気を感じ、就寝準備をするのに役立つより多くのメラトニンを産生します。昼間の間、松果体はメラトニンの産生を停止する。

不眠症や睡眠障害に苦しんでいる人には、自然に眠り、他の状態を助けると主張するメラトニンは、店頭での補足として広く利用できます。

つかいます

一般的な推奨事項は、睡眠の約1時間前にメラトニン1〜3ミリグラムを服用すれば、メラトニン補給剤を最大限に利用できるようになることを示しています。人々はベッドの前に一貫してメラトニンを使用してから数日以内に結果を見ることを期待するべきである。

軽度の副作用には、メラトニン単独で重大な合併症があることは知られていませんが、

  • 頭痛
  • めまい
  • 胃痙攣
  • 昼間の眠気
  • うつ病の軽い気持ち
  • 過敏症

メラトニンはいくつかの形で利用可能です。それは錠剤として最も一般的ですが、舌の下や茶のように置くことができる溶解性カプセルとしても利用できます。

医者を見に行くとき

彼の医者に苦しんでいる患者

慢性的な不眠症または睡眠障害を経験している人は、彼らの医者に診察するように予約をしなければならない。医者が排除することができる不眠症の根本的な原因があるかもしれません。

不眠症の他の原因が除外されている場合は、メラトニンを補充する前に医師に相談することは良い考えです。医師は、メラトニンの潜在的副作用と、それがどのような他の薬物療法と反応するかをよりよく判断することができます。

メラトニンを服用するときはアルコールを避けてください。人が誤ってメラトニンとアルコールを服用した場合、呼吸障害やめまいを経験した場合には医師の診察を受けるべきです。

結論

アルコールでメラトニンを摂取するのは安全ではありません。アルコールはサプリメントの全体的な有効性を妨げる。メラトニンとアルコールの両方が鎮静剤ですので、事故や過度の鎮静のリスクが高まります。

私たちは、製品の品質に基づいてリンクされたアイテムを選んで、それぞれの長所と短所をリストし、どちらが最適かを判断するのに役立ちます。当社はこれらの製品を販売する一部の企業と提携しています。つまり、上記のリンクを使用して購入すると、Healthline UKとパートナーが収益の一部を受け取る可能性があります。

Like this post? Please share to your friends: