大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

フルクトオリゴ糖は安全ですか?

フラクトオリゴ糖は、炭水化物の一形態である。糖類という用語は糖のもう一つの言葉であり、オリゴ糖はこれらの糖の小さなグループからなる分子です。

フルクトオリゴ糖は、砂糖よりも少ないカロリーを運ぶので代替甘味料として使用される。彼らは血糖の急上昇を引き起こさない。

フルクトオリゴ糖の使用にはいくつかの潜在的な利点がありますが、いくつかのリスクと副作用もあります。この記事では、リスクとメリットの両方を検討します。

フルクトオリゴ糖に関する迅速な事実:

  • フラクトオリゴ糖は、オリゴ糖の形態であり、天然源から得られる。
  • 彼らの甘い香りは、代替甘味料のための共通の選択肢になります。
  • フルクトオリゴ糖を過剰使用すると、消化不良や腹痛を含む副作用を引き起こすことがあります。
  • 一般的に、それらをダイエットに加える最良の方法は、ダイエット食品を含む食品全体に豊富な豊富な食事を与えることです。

まず、その言葉はどのように発音されますか?

フルクトオリゴ糖そのものは口にして言うことができ、それを分解するのに役立つかもしれません。

それは、 “tahl”に重点を置いて、frook-tahl-ih-go-sack-uh-rideとして発音することができます。幸いにも、それはしばしばFOSと呼ばれます。

FOSを使用する際の副作用と危険因子

チコリの根

FOSを使用することによる潜在的な副作用には、

  • 痙攣
  • 吐き気
  • 膨満
  • ガス
  • 下痢

FOSの影響に対してより敏感な人もいます。これらの人々は、少量のFOSを使用しても副作用を感じることがあります。アレルギー反応には、

  • 喉のかゆみ
  • 目、顔、口のふわふわ
  • めまい、頭がよじ登り、失神
  • 蕁麻疹、かゆみ、湿疹

重度のアレルギー反応はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があり、致命的な反応である可能性があります。アレルギー反応の兆候は、医師に連絡する原因です。

過敏性腸症候群(IBS)などの消化器系疾患の人々は、消化器系が効果にうまく対応しない可能性があるため、FOSの使用を避けたいと考えるかもしれません。しかし、現在の研究はほとんどありません。

FOSは細菌に栄養を与えているので、腸内で不快な細菌を食べる可能性もあります。およびを含む特定の生物は、FOSを食べて腸内に広がることがあります。彼らが弱体化している場合、これはより可能性があります。

FOSは代替甘味料として有益ですか?

フルクトオリゴ糖

食物成分として、FOSはいくつかの異なるカテゴリーに適合しています。これは炭水化物ですが、通常繊維の下に記載されています。甘味料としても使用されています。

FOSについての興味深いことは、消化されていない腸を通過することです。

FOSは、他の甘味料と同様に人の血糖に悪影響を及ぼさず、カロリーも低いです。これらの理由から、FOSは代替甘味料を探している人にとって理想的かもしれません。

FOSのその他の利点

FOSは飲料、シロップ、食品に一般的に添加されていますが、甘味料としてFOSを消費する多くの利点があります。

プレバイオティック

複雑なFOSはプレバイオティクスと見なされます。プレバイオティクスは、プロバイオティクスと混同しないように、腸内の良好な細菌に栄養を与えます。

FOSは、腸内で必要とされる有益な細菌の栄養補給を助けるために、乳児用調製乳によく使用されています。

可溶性繊維の源

可溶性繊維は、腸内の水を吸収し、糞便に一貫した形状を与えるのに役立つ。 FOSからの食物中の可溶性繊維のレベルの増加は、便秘や下痢などの消化問題を軽減または排除することが示されている。この調節効果は、FOSが結腸内の良好な細菌に給餌することによっても部分的に引き起こされ得る。

コレステロールを下げる

最近のレビューによると、FOSは動物実験でコレステロール値を低下させることができる。カロリー制限食にFOSを導入することは、これらの動物が体重増加を減らすのにも役立ちました。

研究者らは、FOS補給がヒトのコレステロールを低下させるのにも良い可能性を指摘した。

血糖値を下げる

FOSは、糖尿病の人にとってもすばらしいニュースです。このジャーナルのレビューは、人の血糖値のバランスをとるためのFOSの潜在的能力に注目した。研究者らは、FOS摂取と血清グルコースレベルの低下との間に正の相関があることを観察した。

FOSの使用はまた、膵臓におけるインスリン分泌を刺激するようであった。これらの知見を実証するためには、より多くの人間の研究が必要となるだろう。

癌細胞に栄養を与えない

甘味料の安全性をめぐる議論がありますが、場合によってはFOSが混在しないこともあります。 FOSは発癌性ではなく、正常な細胞増殖を崩壊または損傷する可能性はほとんどありません。 FOSを消費することは、癌細胞に栄養を与えたり、その成長に寄与しない。

利用可能なタイプは何ですか?

タマネギ、ニンニク

本質的に、FOSは、以下のような一般的な植物を含む多くの異なる植物に見出される:

  • バナナ
  • アーティチョーク
  • 玉ねぎ
  • チコリ
  • ニンニク
  • アスパラガス
  • ヤコン根
  • ブルーアガベ

FOSは自然界の他の多くの植物種にも見られます。

FOSは様々な方法で分解され、異なる用途とさまざまな利点を持つ異なる最終製品が得られます。 FOSはいくつかの異なる形で提供され、それぞれは特定の目的のために使用されることがあります。

シロップ

FOSのいくつかのタイプは分解され、シロップにされる。一般的な例には、ヤコン根シロップとブルーアガベシロップが含まれます。これらは水で希釈してサプリメントとして取ることができ、またはレシピに十分な強度を加えたり、甘味料として食品や飲料に加えることができます。

パウダー

チコリの根は、FOSを含む食品が粉末になった最も一般的な例です。粉砕されたチコリ根は、コーヒーの代替品として一般的に使用されています。温かい水にスプーンフルを混ぜることは、あまり刺激を与えずにコーヒーと同様の味を提供する。

抽出物

様々な強度または濃度の抽出物に、他の多くのタイプのFOSが作られる。これらは、アーティチョークやチコリなどの食物源全体から来るかもしれません。それらはまた、天然のものを経由するのではなく、化学的なプロセスを経て作られている可能性があります。

甘味料はまったく使用すべきでしょうか?

砂糖などの甘味料の使用に関する議論は進行中です。

砂糖や高果糖コーンシロップなどの甘味料の研究によると、肥満や歯の問題を含む障害のリスクが上昇しているという。いくつかの論争の理論は、砂糖がまたいくつかの変性疾患において役割を果たすことを示唆している。

代替甘味料は、カロリーの多くがないと砂糖の効果を再現するので、理論的には健康でなければなりません。

多くの代替甘味料の化学的構成は異なっており、研究は健康影響または副作用の可能性について表面を傷つけ始めたばかりです。これらの甘味料について多くの研究がなされており、様々な結果が得られている。彼らは無害であると言う人もいるが、他の人は完全に避けなければならないと言う人もいる。

FOSは、腸内の健康を改善するために有益な甘味料や簡単な形態のプレバイオティクスを提供する人もいるかもしれませんが、これらの抽出物を摂食させるのは賢明ではありません。 FOSを含む食品を豊富に含む食事を消費することは、過剰を摂取することなく利益を享受する最善の方法かもしれません。

Like this post? Please share to your friends: