大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

高齢者の重度の敗血症は、長期の認知的および身体的機能の影響を有する可能性が高い

重篤な敗血症を有する65歳以上の患者は、長期の認知機能および身体機能の問題のリスクが有意に高いと医学誌JAMA(米国医学会誌)のアナーバー(Ann Arbor)ミシガン大学医学部の研究者は述べている。疾病管理予防センターによれば、毎年約75万人がアメリカで重度の敗血症を抱えています。それらのかなりの数が死ぬ。

血流感染としても知られている敗血症は、バクテリア、他の感染症または生物、またはそれらの毒素が血流に入り、体内の器官や組織に到達することがあります。敗血症は、器官の機能不全、四肢の喪失および死につながる感染症に対する全身(全身)応答である。敗血症は、ウイルス性、細菌性、真菌性または寄生虫感染によって誘発され得る。事故(外傷)、手術、火傷、または肺炎または癌などの病気の後に起こることがあります。

著者らは次のように書いている。

重度の敗血症は重篤な病気の最も一般的な心臓以外の原因であるが、重度の敗血症が認知機能および身体機能に及ぼす長期的な影響は不明である。
Theodore J. Iwashyna、M.D.、Ph.D.重度の敗血症を患っている患者が生存している患者の中で長期にわたる認知機能障害および身体機能障害のリスクを高めるかどうかを決定するチームが立ち上げられました。彼らの研究では、重度の敗血症に対する1,520人の入院患者1,194人が参加しました。彼らは、米国住民に関する全国的に代表的なデータを持っている1998-2006年の健康と退職研究からのデータを集めました。

彼らの研究には、試験開始時に認知機能と身体機能について評価された9,223人の回答者も含まれていました。 516は重度の敗血症エピソードで生存し、一方、4,517人は病院に入院し、非敗血症の状態で生存した。彼らは少なくとも一度は追跡調査を受けた。

彼らの認知機能を評価するだけでなく、ADLS(日常生活の活動)とIADL(日常生活の道具活動)も支援が必要でした。

生存者は76.9歳の平均年齢で入院した。

彼らは、重度の敗血症で生存していた患者の中等度から重度の認知障害を獲得するリスクが、非敗血症エピソードで入院した患者と比較して3.3倍高いことを発見した。

軽度または中等度の既存の機能的限界を有する患者のうち、敗血症の各エピソードについて1.5の新たな機能的制限が加えられた。

非敗血症エピソードのために入院していた人々は、中等度から重度の認知障害を発症するリスクが増加していないことが判明した。

著者らは次のように書いている。

重度の敗血症後に見られる大きさの認知的および機能的低下は、介護者時間、養護老人ホーム入院、うつ病、および死亡率の有意な増加に関連する。これらのデータは、敗血症生存者の負担が、患者、家族、およびヘルスケアシステムに大きな影響を及ぼす重大な、認識されていない公衆衛生上の問題であると主張している。
著者らは、アメリカの高齢者の重度の敗血症は、中等度〜重度の認知障害の2万例を新たに追加すると考えている。

研究者らは、

したがって、重篤な敗血症のエピソードは、たとえ生存していても、患者およびその家族の生活の中でセンチネル現象を示し、しばしば永続的な新たな障害をもたらし、場合によっては認知症に似ている場合もある。

敗血症から認知障害および機能障害に至るメカニズムを特定するための今後の研究、ならびにこれらの加速した減少を防止または緩和するための介入は、人口の高齢化を考えると特に重要となる。

付随する論説:敗血症の長引く結果 – 隠れた公衆衛生災害?

貢献しているJAMA編集者であり、ピッツバーグ大学医学部のデレク・C・アンガス(Derek C. Angus、M.D.、M.P.H.)も書いている:

まず、この研究の情報は、ケアオプションを評価し、患者および家族との結果を議論する際に医師を助けることができる。臨床医が敗血症を発症する患者がなぜ機能低下を経験するのかわからなくても、多くの患者が行うことは明らかである。

第二に、前臨床モデルの開発は、因果関係、潜在的機序、および治療標的のより良い理解を確立するのに役立つ可能性がある。現在の敗血症モデルは、現代のICUにおいて敗血症を酷く模倣するのみであり、生存者間の長期的結果の評価はめったにない。

第3に、物理的なリハビリテーションを促進し、神経認知機能障害の影響を最小限に抑えるために、他の医療分野で使用される比較的単純な戦略の多くは、ICUおよびICU設定に適応可能であり、臨床試験で評価されるべきである。

第4に、敗血症に対する任意の療法の評価に用いられる28日目の全原因死亡率の伝統的な終点は、長期生存データおよび機能的転帰に置き換えられるべきである。詳細な身体的および認知機能を評価することは、多施設試験環境では困難でコストがかかる。しかしながら、これらの結果を測定することができず、敗血症の長期間にわたる結果に対する治療の重要な利益または害を逃すことから、より大きなコストがかかる可能性がある。
「重度敗血症の生存者における長期認知障害および機能障害」
Theodore J. Iwashyna、MD、PhD; E. Wesley Ely、MD、MPH;ディランM.スミス、PhD; Kenneth M. Langa、MD、PhD
JAMA。 2010; 304(16):1787-1794。 doi:10.1001 / jama.2010.1553

Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: