大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

科学者は、ニコチン離脱中に不安を引き起こす脳回路を見いだす

脳についての発見は、喫煙者に困難を感じさせる新しい希望を提供するかもしれない。この雑誌に書かれている科学者は、ニコチン撤退に付随する不安の原因であると考えている脳の回路を、彼らがどのように同定したかを記述している。

不安な女性

上級著者のAndrew Tapperは、マサチューセッツ医科大学(UMMS)の精神医学の准教授は、次のように述べています。

「増加した不安は、禁煙しようとしている喫煙者の再発に寄与するニコチン離脱症状の顕著なものです」

同氏と彼の同僚は、ニコチン離脱中の不安を増大させるために特別に配線されているように見える脳内の回路を発見した。

チームはまた、ニコチン離脱中の心配を引き起こす脳内のいくつかの相互接続された特徴を発見した。

彼らの発見は、ニコチン離脱中の不安を和らげ、あるいは予防するための新たな治療への扉を開くかもしれないと示唆している。

この新作は、UMMSとカリフォルニア州ラホーヤのスクリプス研究所の両方で、数年間で達成された成果を基盤にしています。

これは、例えば、ジャーナルに2013年に発表された研究であり、タッパー教授らは、脳内核として知られる脳領域内の特定の細胞セットが、頭痛、吐き気などの身体的ニコチン離脱症状を引き起こすことを示していた不眠症が起きる。

チームは、離脱関連の不安の間に活性化される脳内核の領域が、以前にニコチン離脱癖に関連していると特定した亜領域とは異なることを発見することを驚いた。

研究者らはまた、他の2つの脳領域からの信号が脳幹核に集まり、不安を引き起こす脳幹を引き起こすことに驚いた。

信号の1つは、通常は報酬または快楽と結びついている腹側被蓋領域(脳の中心部の細胞群)に由来する。この領域は、ストレスに応答して放出される脳化学物質であるコルチコトロピン放出因子(CRF)を使用して、脳内核内の脳細胞を活性化させるスタジオです。

他のシグナルは、内側のhabenulaから来て、グルタミン酸を放出することによって腎間核内の細胞を誘発する – 脳細胞によって最もよく使われる化学物質は、互いにシグナルを送る。この場合、核間核細胞へのCRFの到達は、グルタミン酸の効果を増加させるようである。

脳内核細胞の刺激を減少させることで、マウスの不安が緩和された

さらなる試験で、研究者らは、脳内核の細胞の刺激を減らすことによってマウスの不安を緩和することができ、ヒトにおいても同じことが可能であることを示唆している。

タッパー教授は、腹側被蓋領域からのCRFおよび内側ハベヌラからのグルタミン酸塩の両方の入力は重要であり、潜在的な治療標的を提供していると言います。

「腹側被蓋領域でコルチコトロピン放出因子合成を防止すること、または脳内核への内側ハベネラ入力を遮断することにより、ニコチン離脱中の不安を緩和することができる」と述べた。

すでに細胞にCRF受容体を阻止する薬物が存在すると、タッパー教授は言う。彼はまた、これらの受容体がすでに不安とうつ病に関連していることに気づいているので、彼らの研究結果は一般的に不安障害に影響を与える可能性がある。

研究チームは現在、不安、ストレス、報酬および中毒性物質からの離脱との相互作用を調査し、彼らが特定した回路がストレス誘発性不安に関連するか、またはニコチン離脱によって誘発されるものかを調べる予定です。

2014年9月、ニコチン離脱が報酬反応性を低下させ、うつ病の既往歴を有する喫煙者で特に効果が高いことを研究者がどのように発見したかを学びました。

Like this post? Please share to your friends: