大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

手順の種類にリンクした外科手術後の黄色ブドウ球菌感染リスク

新しい米国の研究では、一般的に病院内で取得されたタイプのスタフィロコッカス・アウレウス(Staphylococcus aureus)(Staph)による術後感染は、他の主要な処置よりも胸部および頭部への手術後に起こりやすいことが示唆されている。

レトロスペクティブコホート研究はオンラインで読むことができ、Journal InfectionControlおよびHospital Epidemiologyの7月号に掲載される予定です。

北キャロライナ州ダーラムのデューク大学メディカルセンターの感染症専門医であるリードクリエイター、デビルク・アンダーソン博士は、

「大手術後の胸部および頭部の処置が大部分のスタフィ感染症を占めることがわかった」

Andersonらは、11施設(NorthCarolinaとVirginiaの9つの地域病院と2つの3次医療病院)の81,267人の患者について、2003年と2006年の間に行われた96,455の整形外科、神経外科、胸腔鏡および整形手術のデータを分析した。

彼らはそれを発見した:

  • 454人の患者が黄色ブドウ球菌感染症を有していた:317人は外科手術部位の感染を有し、188人は血流感染を有し、51人はhadbothであった。
  • 感染の全発生率は、100回の処置につき0.47であった。
  • 感染の約半分(51%)はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)によるものであった。
  • 黄色ブドウ球菌感染は、整形外科、脳神経外科、または外科手術後の治療(それぞれ100例あたり0.37,0.62および0.32)よりも、胸腔内処置(100例あたり0.79感染)後に一般的であった。
  • 最も高い血流感染率は、胸腔内処置(100回の処置当たり0.57回の感染)の後であり、感染の約75%を占めた。
  • 手術部位感染率が最も高いのは、脳神経外科手術(100回の処置につき0.50回の感染)の後であり、感染の80%を含んでいた。

著者らは次のように結論づけた。

「術後の侵襲性黄色ブドウ球菌感染の頻度とタイプは、手技型によって大きく異なりました。

彼らは、「心臓胸腔手術のような最もリスクの高い手技は、予防的介入を継続的に行うことを目標とすべき」と勧告した。

Duke Infection Control Outreach Network(DICON)にも携わっているアンダーソン氏は、この研究の重要なメッセージは、「1つの予防戦略はすべてに適合しない」ということであり、そうでない心臓血管および神経外科手術のための評価をする必要があるかもしれない、プラスチックまたは整形外科の手術に必要です。

また、MRSAだけに焦点を当てた戦略が必ずしもすべての感染を予防するとは限らないと述べた。

「平均してMRSAは我々が特定した感染の半分にしか存在しなかった」と彼は付け加えた。

研究はMerck&Coによって資金提供され、その2人の著者はペンシルベニア州ノースウェールズの研究室で働いていますが、データの分析には関与していません。

“外科手術のタイプに応じた術後侵襲性黄色ブドウ球菌感染のタイプと頻度の変化”。
Deverick J. Anderson、Jean Marie Arduino、Shelby D. Reed、Daniel J. Sexton、Keith S. Kaye、Chelsea A. Grussemeyer、Senaka Peter、Chantelle Hardy、崔龍一、Joelle Y. Friedman、Vance G. Fowler、Jr.
感染管理と病院疫学第31巻、第7号、701-709、2010年7月
DOI:10.1086 / 653205

出典:デューク医学。

執筆者:キャサリン・パドック博士

Like this post? Please share to your friends: