大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

心肺手術後の肺炎の最大の問題

あなたは開胸手術の深い切開と、それが残す大きな傷(胸骨への切断を含む)が患者の心臓手術後の最大の問題であると考えるでしょう。そうではなく、米国心臓協会のScientific Sessions 2011で発表された新しい研究はそうです。実際、肺炎は心臓手術後の最大の問題です。

この研究では、ほとんどの感染症は、医師が以前考えていたように、1週間ではなく、手術後約2週間で発生することが示されました。

マサチューセッツ州フィラデルフィアのペンシルベニア大学医学センターの心臓血管外科教授であるMichael A. Acker博士は、

「それは私たちが
見つけることが期待される。
研究者らは、心臓手術レジストリで5,100人以上の患者を分析した。平均年齢64歳の患者は、米国の9つのアカデミック・メディカル・センターと1つのカナダのセンターで治療されました。重大感染までの中央値は、心臓手術の14日後であった。すべての主要な感染症の43%が病院退院後に発生しました。

アッカーは続ける:

「これらの患者の半数は、病院から退院する前に感染の証拠がなかった…新しい感染のために戻らなければならなかった。
この研究では、手術前に感染した患者は一切含まれておらず、研究者らは761件の感染症を発見した。主要感染(患者の6%)と軽度(患者の8.1%)主要な感染症のうち:

  • 肺炎は、全患者の2.4%で発生した。
  • 腸内感染であるクロストリジウム・ディフィシル(C.difficile)大腸炎は1.0%で発生した。
  • 血流感染は1.1%で発生した。
  • 深部切開手術部位感染は0.5%で起こった。
  • 軽度の感染には、尿路および表在性切開部位の感染が含まれた。

実施された処置の大部分は、冠状動脈バイパス移植および大動脈および僧帽弁手術の分離であった。選択手術は74%、非選択手術または救急手術は26%であった。

鬱血性心不全、高血圧、慢性肺疾患、手術前のコルチコステロイド使用、および心肺バイパス時間の長さなど、多くの危険因子が感染を発症する可能性を高めることが判明した。

アッカーは言った:

次の分析のレベルでは、ケアの違い、ドレッシングの種類、抗生物質の種類、外科手術の種類などに焦点を当てて、どのようなケアのプロセスが感染症の発生率の低下に関連しているかを示します。このレジストリにより、術後感染症を管理するベストプラクティスを変更することができます。
共著者はMichael Argenziano、M.D。 John D.Puskas、M.D.、M.Sc。 T. Bruce Ferguson、M.D。 Annetine C. Gelijns、Ph.D。 Keith Horvath、M.D。 Marissa A. Miller、DVM、MPH; Stacey Welsh、R.N。 Ellen Moquete、R.N。 Kevin N. Su、B.S. Alan Weinberg、M.S。 Alan J. Moskowitz、M.D。 Patrick T. O’Gara、M.D。およびEugene H. Blackstone、M.D。

国立心臓・肺・血液研究所、国立神経研究所・脳卒中研究所、カナダ保健研究所がこの研究に資金を提供しました。

関連ニュースでは、ミルウォーキー病院の研究者らは、手術の前夜と午前中に患者の皮膚を特別な抗菌剤で治療し、感染症ははるかに少なかった。彼らはまた、外科的皮膚調製のための厳密な3分の乾燥時間を含んだ。これらのステップは、インプラントの配置後1年でインプラントの感染率を1%から0.24%に下げ、75%を大幅に削減しました。

ルパート・シェパードが執筆

Like this post? Please share to your friends: