大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

感染性心内膜炎および心不全を有する患者は、弁膜手術による死亡率を減少させた

JAMAの11月23日号の調査によると、心不全および感染性心内膜炎の患者の約3分の2が弁膜手術を受け、これは病院での死亡リスクおよび手術後1年での有意な減少と関連している。感染性心内膜炎は、心臓弁に関わる心臓内膜の感染である。

レポートの背景情報:

「感染性心内膜炎は実質的な罹患率と死亡率に関連している」と報告されているいくつかの研究では、院内死亡率は15〜20%、死亡率は40%であると報告されている。感染性心内膜炎、特に約40%の患者で起こる心不全(HF)における高い罹患率と死亡率には、さまざまな合併症が寄与しています。
以前の研究によると、心不全により複雑化した感染性心内膜炎による死亡の危険性は、弁膜手術で減少する可能性がある。この手技は、American College of Cardiology / American Heart AssociationとEuropean Society of Cardiologyによって強く推奨されています。

Durham、N.C.のDuke University Medical CenterのTodd Kiefer、M.D.、Ph.D.、および彼のチームは、感染性心内膜炎の患者の心不全発症に関連する微生物学的、臨床的および心エコー検査の変数を分析するために調査を行った。

さらに、チームは、院内および1年死亡率に関連する変数を分析した。この研究は、28カ国の61のセンターで行われ、2000年6月から2006年12月の間に、ネイティブまたはプロテーゼ弁感染性心内膜炎を有する4,166人の患者を含む。

1、心筋梗塞発症4,075人のうち心筋梗塞を発症した患者は4,075例中359例(33.4%)であったのに対して、66.7%(906例)身体活動を伴う症状)。心不全患者839人(61.7%)は、入院中に弁膜手術を受けた。チームは、全心不全コホートについて、院内死亡率が29.7%であることを発見した。弁当外科手術を受けた患者(20.6%)は、治療を受けた患者(44.8%)に比べて死亡率が低かった。さらに、治療を受けた患者の1年間の死亡率は、治療単独の患者の58.4%と比較して、29.1%であった。

1年間の死亡率に関連する独立した要素には、

  • 糖尿病
  • 高齢
  • ヘルスケア関連感染症
  • メリトゥス
  • ストローク
  • パラバイラル合併症
  • 原因となる微生物(黄色ブドウ球菌または真菌)
  • 重度のHF(ニューヨーク心臓協会のクラスIIIまたはIV)

最初の入院時に、より低い死亡率が弁膜手術と関連していた。

研究者らは、心不全および外科的傾向が高い患者のほぼ3分の1が外科手術を受けていないことから、複数の懲戒的なガイドラインベースの感染性心内膜炎の管理が必要であることを強調している。

彼らは説明する:

「感染性心内膜炎の適切な治療を促進するためのHFおよび施設システムの改善された認識は、この適応症の手術の割合を高める可能性がある。

感染性心内膜炎およびHFを有する患者のリスクストリーミングをより良くし、この重症状態に対して手術の使用を最適化するためには、さらなる研究が必要である」
Grace Rattueによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: