大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

死亡する可能性の高いレチノイドクリームを使用している患者

トレポニンを含有するクリームを使用する患者(アクネなどの皮膚状態の治療に使用されるレチノイド)が、プラセボを使用した患者と比較して死亡率が高いことが判明したとき、臨床試験は中止されました。皮膚科学のしかし、証拠は、この療法が余分な死を引き起こしたことを示唆しているようではない。

Archives of DermatologyはJAMA(Journal of the American Medical Association)ジャーナルの1つです。

背景情報として、著者らは、「皮膚悪性病変を予防するためのレチノイド化合物の可能性はかなりの関心を集めており、いくつかはこの目的に有効である」と書いている。

1998年にVATTC(Veterans Affairs Topical Tretinoin Chemoprevention)試験が開始され、そのようなレチノイド、トレチノインを含むクリームを用いた高用量療法が癌を予防するかどうかを評価しました。合計1,131人の退役軍人(97%男性、平均71歳)を無作為に割り当て、0.1%トレチノインを含むクリームまたは無作為クリームを毎日顔および耳に塗布した。その後、2004年11月15日の研究終了予定日に6ヶ月ごとに皮膚科医によって検査された。

調査の多くの監督委員会の1つで2004年に準備された報告書は、トレチノインを使用している患者の死亡リスクの「統計的に有意な増加」を検出した。その結果、2004年5月に6ヶ月早く試験が中止された。

VAメディカルセンターとブラウン大学、プロビデンス、R.I.のMartin A. Weinstock、M.D.博士とチームは、投薬と死亡リスクとの間に関連性があるかどうかを調べるために、研究中に集められたデータを調べた。

死亡は研究の終点ではなかったため、研究中に死亡した人を特定し、死亡原因に関する詳細データを収集するための追加的な努力が行われた。

記録および元の研究データは、介入期間の終了前に108人のトレノイン群および対照群の76人が死亡したことを示し、一方、各群の別の14人は研究期間(2004年)終了前に死亡した。

年齢、共存疾患、患者が喫煙者であったかどうかなどを考慮しても、治療群の死亡リスクが有意に高かった。

しかしながら、さらなる研究はトレチノインを死の原因として支持しなかった。例えば、どれくらいのクリームを使用したかと死亡との間に明確な関連はなかった。参加者間の死因に一貫性はなかった。一方、治療群では、非小細胞肺がんで15人、血管障害で12人、呼吸器およびその他の胸部疾患で15人が死亡した – これまでのいくつかの研究では、トレチノインに類似しているが、全身的に投与され、追加の健康リスクを生じる。被験者は喫煙の有無を聞かれたが、喫煙状況は確認されず、検出された関連に潜在的に影響を与えた。

「生物学的な妥当性、死因の特異性の欠如、以前の経験との矛盾、データにおける弱い統計学的証拠の弱さ、統計的な弱い信号は、VATTCトライアルにおける局所的トレチノインと死亡との因果関係を疑うものである。追加の証拠がなければ、臨床試験において局所的なトレチノインを使用することを躊躇するための適切な根拠をこの試験が提供すると結論づけている」と著者らは書いている。

皮膚科学のアーカイブ2009; 145 [1]:18-24

この研究は、研究開発局、米国退役軍人局、および米国癌学会の協力研究プログラム(CSP)によって支持された。 OrthoNeutrogena、Ortho-McNeil Pharmaceutical Inc.の一部門は、トレチノイン、0.1パーセント、およびビークルクリームを提供した。他の著者、著者の投稿と提携、財務情報の開示、資金援助と支援などの追加情報については、記事を参照してください。

ソース – JAMA – Archives of Dermatology

執筆者 – クリスチャン・ノルデクビスト

Like this post? Please share to your friends: