大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

緩和化学療法:新しい研究で重視された有害と恩恵

緩和化学療法は、末期癌患者が生存を延長し、症状を緩和するが病気を治癒させないように設計された治療である。今や、研究者は、治療には特定の害があることを発見しました。

Weill Cornell Medical College、Dana-Farber Cancer Institute、Harvard Medical Schoolの研究者らは、

彼らの発見は、どのタイプのケアがん患者が望むものと実際に受けるものとの間に相違があるかを明らかにしていると言います。

全体的に、チームは、生存期間の最後の月に化学療法を受ける末期癌患者は、彼らが望む場所で死亡する可能性が低く、CPRおよび機械換気を含む侵襲的な医療処置を受けやすい可能性が高いことを発見した治療。

Weill Cornell医科大学のHolly Prigerson博士は、リンクの理由は複雑だが、緩和化学療法の目的と結果の誤解に由来する可能性があると述べている。

研究のために、治験責任医師は、連邦政府が資金を提供した研究で386人の患者のデータを評価しました。

この6年間の調査では、患者が死亡するまでの間、病気の人々と介護者の末期に続き、研究者は心理社会的要因が患者のケアにどのような影響を及ぼしたかを調べました。

介護者に患者のケア、生活の質、患者の死亡場所を評価するように求めた後、研究者は患者カルテをレビューして先週の実際のケアのタイプを決定した。

彼らが望む場所で死ぬ可能性の低い化学療法の患者

研究者らは、緩和化学療法を受けている患者は、受診したいケアのタイプ、蘇生拒否の命令を完了すること、または末期の病気であったことを認めることさえ、腫瘍腫瘍学者に話す可能性が低いことを発見した。

その結果、緩和化学療法を受けている患者の68%が、彼らが望む場所で死亡したのに対して、治療を受けていない患者の80%が死亡したことが明らかになった。

詳細には、治療を受けた患者の47%が家で亡くなりましたが、緩和ケアを受けていない患者の66%と比較して、死亡しました。さらに、化学療法を受けている患者の11%が集中治療室で死亡したのに対し、治療を受けていない患者はわずか2%でした。

Prigerson博士は言う:

「このデータでは、がんの末期の患者のための緩和化学療法への銀線の多くを見るのは難しいですが、これまで人生の最後の数ヶ月で緩和化学療法の有害な影響の証拠はありませんでした。

「この研究は、結果が否定的になる結果を具体的に示す証拠を証明するための第一歩です」と彼女は付け加えます。

研究チームはまた、緩和化学療法を受けている患者は、ホスピスケアに治療を受けていない患者よりもはるかに遅く参照される可能性が高いことも発見した。

ホスピスケアは、終末期患者に快適さと情緒的支援を提供する場所であり、化学療法を受けている患者の54%がホスピスに遅れていた。

「腫瘍学の練習の変化の潜在的必要性」

チームは、この研究からの患者の56%が最終的な月に緩和化学療法を受けており、この大部分の使用は、学術医療センターにおける腫瘍診療の変化の潜在的可能性を強調していると述べている。

Dana-Farberの助教授で医学腫瘍学者Alexi Wright博士は次のように述べています。

患者がどこでどのようにして死にたいのかを尋ねる前に、化学療法を止めるまで待つことが多いが、死に至るようなケアを受けられるように化学療法を受けている間に、 “

しかし、Wright博士は、患者が緩和化学療法を否定されるべきか、提供されるべきではないと彼らの発見が解釈されるべきではないと付け加えている。

「この研究の大部分の患者は、わずか1週間で生存率を上昇させる可能性がある場合、緩和化学療法を望んでいた。この研究は、緩和化学療法の人件費と利益の一部を理解するための一歩だ」

「これらの厄介な発見を確認するためには、さらなる研究が必要です」とPrigerson博士は結論づけています。

Like this post? Please share to your friends: