大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

器官寄付:​​オプトインまたはオプトアウトシステムが優れていますか?

世界中の臓器提供政策は大きく異なります。人々がオプトインまたはオプトアウトする必要がある寄付システムを持つことが最善でしょうか?調べるために、英国の研究者チームが、48の国の臓器提供プロトコルを分析して、どのアプローチが最も効果的かを確認しました。

移植用ヒト臓器

オプトイン・システムでは、死後に臓器を寄付するために登録簿に積極的にサインアップする必要があります。オプトアウト(opt-out)システムでは、臓器が摂取されないように死亡する前に特定の要求がなされない限り、臓器提供は自動的に行われます。

英国ノッティンガム大学の鉛筆執筆者であるEamonn Ferguson教授は、2つのシステムが個人からの積極的な決定に頼っているため、欠点につながる可能性があることを認識しています。

「損失嫌悪や努力など、さまざまな理由で行動することはできませんし、政策立案者が「正しい」決定を下したと信じていると信じています」

しかし、オプトインシステムでの不活動は、寄付しない(偽陰性である)寄付者になりたい個人につながる可能性があります。対照的に、オプトアウトシステムの無活動は、潜在的に、寄付者になることを望んでいない個人(偽陽性)につながる可能性があります。

米国は現在オプトインシステムを使用しています。米国保健福祉省によると、臓器提供者のために昨年、28,000件の移植が可能になった。約79人が毎日臓器移植を受けています。残念ながら、約18人が毎日死んでおり、寄付された臓器が不足して手術ができません。

出入りですか?

イギリスのスターリング大学とノーサンブリア大学のノッティンガム大学の研究者らは、オプトインシステムを使用して23回、オプトアウトシステムを使用して25年間、48カ国の臓器提供システムを13年間分析しました。

研究者らは、全体のドナー数、器官あたりの移植数、および死亡者および生存ドナーの両方から移植された腎臓および肝臓の総数を測定した。

彼らは、臓器提供のオプトアウトシステムを使用している国では、寄付された腎臓の総数が多いことが判明しました。これは、臓器移植リストに載っている人々の大部分が待っている組織です。オプトアウトシステムでは、臓器移植の全体的な数も増加しました。

しかし、オプトイン・システムは、居住者からの腎臓寄付率が高い。ファーガソン教授は、生きた寄付率に政策が及ぼす明らかな影響は、「これまでには報告されていない」と強調し、考慮する必要がある微妙な感情である。

著者らは、いくつかの国が臓器提供のために次世代からの許可を必要とすることにより、オプトアウト法の異なる程度を区別しないことによって、彼らの研究が限定されたことを認めている。この研究の観察的性質は、臓器提供に影響するかもしれない他の要因が未だに評価されていないことを意味する。

前進

研究者らは、「オプトアウトの同意が死亡寄付の増加につながるが、生存寄付率の低下につながる可能性がある」と発表した。腎臓移植。

結果は将来的には政策の決定に役立つかもしれないが、国際機関の臓器提供情報(同意のタイプ、調達手続き、病院ベッドの可用性など)の日常的な収集を通じてさらに強化することができると示唆している。一般に公開された

ファーガソン教授は、今後の研究では、オプトインまたはオプトアウトの決定を下さなければならない人の意見も分析できると示唆しています。

「この国レベルの疫学的アプローチ以外のさらなる研究は、調査と実験の方法を組み合わせて、信念、願い、態度の観点から、個人の視点から問題を検討することだ」

「これらの異なる研究方法を組み合わせることにより、研究者は臓器提供率や移植率に対する同意立法の影響をより深く理解することができます」と彼は言います。

著者らは、オプトアウトの同意を使用している国は、依然として臓器提供者の不足を経験していることに注意している。したがって、同意のシステムを完全に変更することは、このような問題を解決することはまずありません。彼らは、同意法制や “スペインモデル”の側面を採用することがドナー率を向上させる方法になる可能性があることを示唆している。

スペインは現在、世界で最も高い臓器提供率を誇っています。スペイン人はオプトアウトの同意を利用するが、その成功は、地域および国家の両方で働く移植調整ネットワークや臓器提供に関する公開情報の質の向上などの措置に専門家によって評価されている。

最近、ヒトの移植のために動物の器官を飼育するべきかどうかについて、注目を集めました。これが臓器不足の解決策であるのか、それとも臓器提供政策の変更によって取り組まなければならない問題でしょうか?

ジェームズマッキントッシュが執筆

Like this post? Please share to your friends: