大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

世界的に、特に途上国で増加している非伝染病死

世界保健機関(WHO)が発行した新しい報告書によると、国の社会経済開発を著しく損なう可能性のある非伝染病は、世界的に多くの人々を殺しているという。非伝染病の例には、糖尿病、アルツハイマー病、癌、骨粗鬆症、慢性肺疾患、脳卒中、および心疾患が含まれる。開発途上国では、非伝染病による死亡のほぼ4/5が発生しています。

NCDとしても知られている非伝染性疾患は、非感染性の医学的疾患または状態である。彼らは通常、長い時間続くと徐々に進行します。多くは慢性疾患です。しかし、慢性疾患の中には、HIV / AIDSのように感染性であるため、伝染しないものもあります。

WHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は、

「慢性的な非感染性疾患の発生は大きな課題となっている。一部の国では、緊急の災害、健康、社会、そしてとりわけ国家経済の災害を説明するのは誇張ではない。

慢性の非伝染性疾患は、開発に2回打撃を与える。彼らは国民所得の損失で数十億ドルの損失をもたらし、毎年何百万人もの人々を貧困線以下に押し上げています。
既存の措置が、より強く実施されれば、毎年何百万という死者を防ぐことができます。例としては、より厳しい抗タバコ規制、より健康的な食習慣の促進、運動、アルコールの有害な使用の減少、必須の健康管理へのアクセスの改善、および保健当局のNCDに対する行動の促進が挙げられる。

NCDsのグローバルステータスレポートには、慢性的な非伝染病が引き起こす脅威が国、地域、世界レベルでさらに拡大する中で、より効果的な対応を行うために必要な統計、事実、経験が含まれています。著者らは、それが将来のNCD統計と国の回答をグラフ化できるベースラインであると説明している。これには各国の勧告が含まれており、特にNCDの影響が大きい低所得国や中所得国に焦点を当てています。

年間の非感染性疾患による死亡は、

  • 1700万人の心血管疾患
  • がん患者700万人
  • 呼吸器疾患から420万人
  • 糖尿病から130万人
  • 上記の4つは、NCDからの死亡者の80%を占めています。彼らはすべてアルコール乱用、喫煙、運動不足、および不健全な食生活に関連しています。

問題は豊かな国に限られていない

WHOの非伝染病・精神衛生担当局長Ala Alwan博士は次のように述べています。

低・中所得国でNCD死亡者の約30%が60歳未満であり、最も生産的な生活期にあります。これらの時期尚早死亡は、予防可能性が高いため、より悲惨です。個々のレベルだけでなく、家族や国の労働力にも大きな影響を与えます。

貧困に苦しんでいる何百万人もの人々にとって、悪循環が続いています。貧困はNCDに寄与し、NCDは貧困に寄与する。 NCDsの流行が積極的に対峙していない限り、貧困削減の世界的な目標は達成するのが難しいだろう」
コミュニケでは、WHOはそれを書いた:

NCDsは2008年に世界的に死亡した人々の63%を殺しました。これは3600万人に相当し、これらのNCD死亡者の約80%、つまり2,900万人が低所得国と中所得国で発生し、行動がなければ、NCDの流行は2030年までに年間5200万人を殺すと予測されています。
報告書には、各国におけるNCDの流行とその危険因子の推定、いくつかの国が効果的に対応することを妨げる要因、暴走医療費の管理方法、死亡者数を大幅に減らす戦略が含まれています。

死亡者数を減らすための措置には、

  • タバコ税の引き上げ
  • タバコ製品の広告を禁止する
  • 公共の場での喫煙を禁止する法律の導入
  • 食品中の塩分濃度を下げる
  • あなたにとって悪い食品の不適切なマーケティングを抑える
  • 子供を対象としたアルコール広告の禁止
  • アルコールの有害使用に関する規制

WHOは、この報告書が、2008年世界保健総会で承認された「非伝染病の予防と管理に関するWHOグローバル戦略の実施のための」2008-2013年行動計画の一部を構成すると説明している。どのように国が疾病監視を改善し、保健当局にNCDに対して効果的な措置を取ることができるか、これらのNCD流行の莫大な犠牲から途上国を守る方法について説明します。

多くの非伝染病の可能性を高めるリスク要因には、

  • 個人の背景 – 健康の社会的決定要因として知られる社会的および経済的地位
  • 個人の環境、例えば大気汚染への曝露
  • 年齢 – すべてのNCD死亡者のうち半分以上が70歳以上の人々に発症する
  • 遺伝学
  • 運動不足
  • セックス
  • 喫煙
  • 不健康な食事

「NCDに関するグローバル・ステータス・レポート」
編集者:世界保健機関、ページ:176、出版年月:2011年4月言語:英語、ISBN:978 92 4 156422 9

Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: