大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

拡大した前立腺の男性は、最小侵襲性収縮治療から症状緩和を得る

拡大した前立腺または良性前立腺肥大症(BPH)は、中年以降のほとんどの男性に影響を与え、夜間に頻繁に浴室や健康上の問題を引き起こします。今週開催された会議で発表された小規模な米国の研究から、早期発見は、前立腺動脈塞栓術(PAE)と呼ばれる最小限の侵襲的治療法を提案しています。男性が手術を避けるのを助けます。

調査の主任著者、バージニア州アレクサンドリアのInova Alexandria HospitalのSandeep Bagla氏は、記者会見で次のように述べています。

「ほぼすべての男性が、最終的には、前立腺が肥大するにつれて肥大し、この治療法は、時計を元に戻し、若者の前立腺を与えるようなものです。」

予備研究の結果は、今週、ニューオリンズの第38回年次学術集会に掲載されています。

Baglaは、投薬はBPHを本当に助けないと説明し、手術は問題を是正することができるが、リスクを伴い、しばしばインポテンスや尿漏れなどの重要な副作用を伴う。

「PAEは低リスクの低侵襲性の選択肢であり、圧倒的多数の患者の症状を軽減するように思われる」と同病院の心臓血管およびインターベンションの放射線科のインターベンション放射線科医であるBaglaは語る。

良性前立腺肥大症(BPH)

前立腺は男性の膀胱のすぐ下に座っている臓器で、その主な機能は精子を保護し豊かにする液体を作り出すことです。膀胱から体外に尿を運ぶ尿道は、前立腺を通過します。

健常な若年男性では、前立腺はかなり小さく、クルミの大きさで、尿道が正常な大きさになる余地が十分にあります。しかしAsmenは年を取って、多くの人は前立腺が拡大して尿道を圧迫して尿の流れを妨害し始める過剰な細胞増殖のために、良性前立腺肥大症(BPH)を経験するであろう。非常に重度の症例では、冒された男性はまったく排尿することができません。

BPHは、50歳の男性の半数以上、80歳の男性の80%以上に影響を与えます。生命を脅かすことはありませんが、夜間頻尿、尿流の低下、膀胱を完全に空にできないなど、不快で時には悪化する症状を引き起こします。未治療の状態では、膀胱結石、腎機能障害および感染症が起こりうる。

BPHは抗生物質で治療することができますが、より開発された症例では、尿道切開を目的とした前立腺の経尿道切除(TURP)と呼ばれる手術があります。これは、外科医が陰茎を通して器具を挿入し、拡大した前立腺の一部を除去する全身麻酔下で実施される侵襲的処置である。これには通常、リカバリ中にカテーテルを設置して病院に入院します。

Baglaのような介入放射線医師は、腫瘍や罹患した臓器への血液の流れを妨げ、それを縮小させる「塞栓術」と呼ばれる侵襲性の低い手技で、様々な癌性および非癌性病状を治療する。前立腺の場合には、前胸部塞栓術(PAE)と呼ばれます。 PAEは前立腺を収縮させ、圧搾された尿道に以前にあった大きな通路を戻す。

初期の研究結果によると、PAEはBPH症状を軽減します

Baglaらは、研究の初期の結果は非常に有望であると述べている。しかし、彼らはまだピアレビュージャーナルで彼らの発見を報告していない。

会議では、拡大前立腺のためにPAEを受けた14人の参加者のうちの92人(92%)が、1ヶ月後に症状の有意な軽減を認めたと報告している。

インポテンス、感染、尿漏れなどの重大な副作用を被った参加者はいなかったが、ほとんどの人は治療の同じ日に帰宅した。

Baglaは、参加者は「この治療後に真のライフスタイルを変える効果があると報告し、一部の男性は前立腺摘出剤を完全に止めている」と報告し、

“手術やレーザー治療によって助けられていない患者は恩恵を受けています。治療にはペニスにカテーテルやデバイスを設置する必要がないため、尿道、失禁、出血を狭めるリスクはありません。

彼の予備的な結果は、ヨーロッパと南米の介入放射線医によって報告された結果を確認すると述べている。

次のステップ:フォローアップによるより大きな臨床効果研究

このチームは、前立腺肥大症治療薬としてPAEを評価する最初の米国の有望な研究のために既に30名の参加者を登録しています。彼らは2013年の秋までに、PAEの安全性と臨床効​​果を検討するこの研究を完成させることを望んでいる。

その後、長期的な結果を評価するために患者をさらに2年間追跡する。

Baglaは、「すべての患者が最低侵襲性の治療を最低限のリスクで探している」と述べ、数百万人の男性が手術の考え方を好まないという理由で、尿漏れ、インポテンスなどの副作用包括的な手技から生じる可能性のある合併症。

2011年には、15カ国の1,000人の臨床家を対象とした研究で、BJUIの泌尿器科学誌にBPH患者が入院し、どこで治療を受けているかによって治療が異なることが報告されました。

キャサリンパドック博士が執筆

Like this post? Please share to your friends: