大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

大部分の体重減少は「呼吸によって」起こります

お祝いのラッシュ中には、クリスマス後の落ち込みの間に頻繁にサイドに押し込まれますが、体重減少はもう一度私たちの議題の多くの上にあります。しかし、我々はそれを失うときに余分な体重はどこに行くのですか?新しい論文が提供する答えは驚きかもしれません。

人間の肺の図。

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究者によると、体重が失われると、その大部分は二酸化炭素として呼吸されます。彼らの論文はクリスマスの号に掲載されています。

教授アンドリュー・ブラウンとルーベン・メアーマンは知らないのも同様に有罪医師、栄養士やパーソナルトレーナーのすべてを見つけること、重量が失われたかに関する広範な誤解を報告しました。ほとんどの人は、脂肪がエネルギーや熱に変換されていると信じています。これは「大衆の保存の法則に違反しています」と書いています。

他の人は、脂肪は糞便中に排泄されるか、筋肉に変換されると信じていました。これらの反応は、BrownとMeermanの怒鳴りを引き起こしている可能性があります。BrownやMeermanは、実際に体重を減らす方法を説明する計算式を策定しました。

過剰な食事の炭水化物およびタンパク質は、トリグリセリドと呼ばれる脂肪の一種に変換される。人々は体重を減らそうとすると、脂肪を含まない質量を損なわずにこれらのトリグリセリドを代謝させようと試みていると著者らは説明する。

トリグリセリドは、炭素、水素および酸素の3つのタイプの原子からなる。トリグリセリド分子は、酸化として知られているプロセスによって、これらの原子を解くことによってのみ分解することができる。

アトムのトラッキング

研究者は、体を離れるときにこれらの原子の経路に従うことを選択しました。彼らは、10kgの脂肪が酸化されたとき、8.4kgが肺を経由して二酸化炭素(CO2)として変換され、排泄され、1.6kgが水(H2O)になったことを発見した。

研究者らは、10kgのヒト脂肪を酸化させるために、29kgの酸素を吸入しなければならないと計算した。酸化は、合計28kgのCO2と11kgのH2Oを生成する。

「この生化学はどれも新しいものではない」と著​​者らは言う。しかし、未知の理由から、これまでにこれらの計算を行うことは誰も考えていなかったようだ。量は完全に意味をなさないが、飛び出した数字に驚いた。

結果は、肺、尿、糞便、呼吸及び他の体液中に本体を逸脱酸化により生成さH20と、減量のための主要な排泄器官であることを示唆しています。

平均して体重70kgの人は毎分12回の呼吸で約200mlのCO2を吐き出します。著者らは、各呼吸に33mgのCO2が含まれ、8.9mgが炭素で構成されていると計算しています。 1日の合計17,280回の呼吸で少なくとも200gの炭素が取り除かれ、8時間の睡眠中にこの体重減少の約3分の1が発生します。

呼気によって失われる炭素は、果汁、ミルク、ソフトドリンクなどの食品や飲料の消費によってのみ置き換えられます。 「体重を減らすことは、単に呼吸によって吐き出したよりも食べることが少なくて済みます」と、著者らは述べています。

「食べる、食べる」

失われた炭素の量は、運動によって増やすことができます。ジョギングのような適度な運動の1時間を1時間休ませると、代謝率が7倍に増加し、身体から40gの炭素が取り除かれ、毎日の合計が約20%増加して240gになります。

しかし、これは簡単に不健康な食事で相殺することができます。例えば、1つの100gマフィンは、1人の平均​​的な1日の総エネルギー要求量の約20%を提供する。 「体重減少戦略としての身体活動は、比較的少量の余分な食糧によって容易に解消される」と著者らは書いている。解決策は伝統的なものです。「食べる量は少なく、もっと移動してください」

「これらのコンセプトを、中学校の科学カリキュラムや大学の生化学コースに含めることが、体重減少に関する広範な誤解を修正するために推奨されます」と彼らは結論づけています。

この論文の所見は、体重減少の理解方法を変えるかもしれないが、体重を減らすための戦略は変わらない。少ない食事ともっと多くの移動は、お祝いの過酷さに打ち勝つための確実な方法です。

今月初旬、睡眠障害と睡眠関連呼吸の問題の2つの睡眠障害が小児肥満のリスクを倍増させるという新たな研究が報告された。

Like this post? Please share to your friends: