大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

脳卒中、糖尿病、心臓発作の組み合わせによる平均余命の減少

糖尿病、脳卒中または心臓発作の病歴を持つことで、新しい研究によれば、平均寿命が大幅に低下する可能性がありますが、心筋代謝性多肥満と定義されるこれらの2つ以上の条件を組み合わせると、

胸の痛みを伴う女性

英国のケンブリッジ大学の共同研究者、ジョン・ダネシュ(John Danesh)らによると、心筋代謝性多妊娠の有病率は上昇傾向にある。米国と欧州連合(EU)内の約1,000万人の成人に影響を与えている、と彼らは言う。

以前の研究では、脳卒中、心臓発作または糖尿病の病歴のみが死亡リスクを高める可能性があることが立証されている。しかし、Daneshらは、これらの病気のうち2つ以上の病歴がどのようにして平均余命に影響を与えるかについての研究はほとんどないと述べている。

これらの研究では、心筋代謝性多肥満症の人を、研究のベースライン時にそのような状態のない同じコホートの人と比較する必要があることに注意しています。

しかし、そのような比較を可能にするのに十分なパワー、ディテール、長寿を持つ集団コホートはほとんどない」と付け加えた。 「心筋代謝性多肥満と死亡率の関係および平均余命の低下の信頼性の高い推定値を提供することを目指しました」

チームは、1960年から2007年に実施されたコホートからの689,300人の参加者を含む新興リック要因コラボレーションのデータを分析した。このデータは、2006年から2010年に実施されたコホートからの499,808人の参加者を含む英国バイオバンクのデータと比較された。

新興リック要因コラボレーションのデータには128,843人の死者が含まれていたが、英国バイオバンクのデータには7,995人の死者が含まれていた。

研究者は、このデータを用いて、糖尿病、心臓発作または脳卒中のいずれかの病歴を有する個体、これらの状態の2つ以上の病歴またはこれらの状態の既往歴のない個体の死亡率を推定した。

心筋代謝性多峰性を有する成人は、平均寿命が23年短縮される可能性がある

糖尿病、心臓発作または脳卒中の病歴がない参加者と比較して、これらの病状の1つの病歴を有する患者は死亡率が2倍であることが判明した。しかし、死亡率は、それぞれの追加条件でさらに高くなることが判明した。

これらの2つの病歴を持つ参加者の死亡率は4倍であったが、3つの条件すべてを有する参加者の死亡率は8倍に増加した。

最近発表されたこれらの知見に基づき、心筋代謝性多肥満の病歴は、生涯喫煙やHIVに起因する寿命に類似した寿命低下と関連していると推定されています。

例えば、60歳のときには、2つの病歴のある病歴のある人は平均寿命が12年間短縮されることがあり、3年間の病歴がある人は15年の減少が見込まれます条件。

心筋代謝性多峰性の病歴を有する若年者の場合、平均余命の減少はさらに大きくなる可能性がある。研究者らは、糖尿病、脳卒中、心臓発作の既往がある40歳の個人は、約23年間の喪失生活を経験する可能性があると推定している。

性別で結果を調整したところ、研究ベースライン時の糖尿病と平均余命の低下との関連性はより強かった女性のための。

研究者らは、全般的に、男性は心筋代謝性多妊娠の結果として女性よりも失われた寿命年を経験する可能性が高いと推定している。 「しかし、男性と女性の両方で、我々の知見は、心筋代謝性多峰性の関連が心血管死亡率を超えていることを示している」今後の研究は、これらの相互作用の性別による説明を解明することを目指す。

彼らの全体的な知見にコメントして、研究者は言う:

「私たちの結果は、心血管疾患の一次予防と二次予防のバランスを取る必要性を強調しています。

我々が研究したコホートの参加者の約1%は、心筋代謝性多臓器障害を有していたのに対し、最近の米国調査では3%と推定された。それにもかかわらず、多妊娠を伴う亜集団で推定される平均余命の大幅な減少に対する過度の強調は、大部分の人口の健康を改善することを目指す人口全体の戦略から注目と資源をそらす可能性がある。

脳卒中などの心臓血管の状態は、平均余命を減少させるだけでなく、先月脳卒中が8年間の脳老化と同等の認知機能の喪失を引き起こすことを示唆する研究が報告された。

Like this post? Please share to your friends: