大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

結核は自己免疫疾患ですか?

米国における結核の割合は過去20年間で減少したが、世界でも結核死亡原因の第一人者である。結核菌が免疫系を欺くことで肺に損傷を与え、細菌が空気中に浮遊することを示唆する証拠を明らかにした後、研究者らは新しいワクチンとその治療法の開発に一歩前進した可能性がある。

[結核菌]

結核(TB)は、細菌によって引き起こされる感染症です。細菌は主に肺を攻撃するが、脳、脊椎、腎臓、および身体の他の部分にも影響を及ぼす可能性がある。

空気中の細菌である。肺や喉の中に結核を持つ人が咳、くしゃみ、話しをすると、細菌に感染したすべての人が病気になるわけではありませんが、結核菌は空気中に入り、別の人が吸入することがあります。

それでも昨年、結核は全世界で約1,040万人に感染し、約180万人の死亡をもたらしました。その95%は低所得国と中所得国で発生しました。

結核とそれを治療することができる薬物を予防することができるワクチンが存在するが、結核菌は現在の薬物療法に対してますます耐性を増している。

昨年、世界中で約480,000の結核患者が多剤耐性であり、そのうち52%がうまく治療されました。

結核菌が自己免疫を誘発する

結核が免疫システムを肺を攻撃するように「トリック」し、細菌がより感染性になることを示唆する証拠を見つけた後、新たな研究が新しいワクチンや結核薬の道を開くかもしれない。

英国のサウサンプトン大学のポール・エルキントン教授が率いる研究チームは、結核感染の過程を調べた数多くの公表された研究をレビューしました。

このジャーナルに掲載されたこのレビューは、結核菌が自己免疫を引き起こし、免疫系が健康な肺組織への攻撃を開始するという証拠を明らかにした。

「結核は免疫システムを自分たちの肺組織に害され、咳で感染力が強くなり、結核がエアロゾルの小滴によって他の人に広がるように思われる」と語った。

Professor Paul Elkington

研究者らは、結核患者の中には目と関節の炎症や皮膚発疹(結核に通常は関連しないが特定の自己免疫疾患で起こる症状)を経験する人がいることから、この理論は実現可能であると考えている。

「これらの症状は通常、リウマチ性関節炎やクローン病などの疾患と関連しており、自己免疫が結核病のプロセスにおいて重要な役割を果たすと考えていました」とElkington教授は指摘する。

著者らは、自己免疫が結核感染に関与しているかどうかを確認するために、より多くの研究が必要であることを強調している。結核患者の細胞を単離し、3-Dマイクロエンジニアリングを利用して結核菌が肺にどのように損傷を与えるかをより明確にする計画です。

彼らの仮説が真実であると判明した場合、研究者は、それが新しいワクチンの開発と結核薬治療に重大な影響を及ぼす可能性があると考えている。

どのように「詰まった」免疫細胞が喫煙者を結核のリスクにさらす可能性があるかを学びます。

Like this post? Please share to your friends: