大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

非暴露トリグリセリドレベルの上昇に伴う脳卒中リスクの増加

2008年11月12日にJAMAで発表された研究によると、心臓発作のリスク上昇に加えて、中止されていないトリグリセリド値の上昇が虚血性脳卒中リスクの増加と関連しているようです。

非絶食トリグリセリドの上昇したレベルは、代謝および貯蔵の後に残る残留リポタンパク質が存在することを示す。以前は、これらの物質のレベル上昇が虚血性心疾患のリスク増加と関連していることが示されてきた。この研究の著者たちは、こう述べている。「したがって、非絶食中のトリグリセリドレベルは、虚血性脳卒中リスクの増加と関連している可能性がある。 「トリグリセリドレベルは、通常、8〜12時間後に測定され、ほとんどの残存リポタンパク質を除いて測定されますが、朝食前の数時間を除いて、ほとんどの人は断食されていませんしたがって、主に空腹時のトリグリセリドレベルよりも断食を研究することによって、いくつかの以前の研究では、トリグリセリドと虚血性脳卒中との関連が見逃された可能性がある」と語った。

デンマークのコペンハーゲン病院のJacob J. Freiberg医師らは、虚血性脳卒中リスクに対する非中断トリグリセリド濃度の影響を調べるために、コペンハーゲン市心臓研究(1976年のデンマーク人口ベースのコホーラー研究)この調査には、20歳から93歳の13,956人の男女が含まれていました。研究の開始時およびさらなるフォローアップ訪問時に、参加者の断食されていないトリグリセリドレベルが測定され、脳卒中の発生率が記録された。

虚血性卒中は、参加者の11%(1,529人)で発生した。非絶食トリグリセリドのレベルの増加と比較すると、虚血性脳卒中の累積発生率が増加した。特に、89mg / dL未満の中止レベルのトリグリセリドを有する男性と比較して:

  • 89〜176mg / dLのレベルを有する男性は、虚血性脳卒中のリスクが30%増加した。
  • 177〜265mg / dLのレベルの男性は、リスクが60%増加した。
  • 266〜353 mg / dLのレベルの男性のリスクは50%高かった。
  • 354〜442mg / dLのレベルの男性は、リスクが120%増加した。
  • 443 mg / dLを超える男性のリスクは15%増加しました。

同様に、女性では、非絶食トリグリセリドレベルが89mg / dL未満の女性と比較して:

  • 89〜176mg / dLのレベルの女性では、虚血性脳卒中リスクが30%増加した。
  • 177〜265mg / dLのレベルの女性は、リスクが100%増加した。
  • 266〜353 mg / dLのレベルの女性のリスクは40%高かった。
  • 354〜442mg / dLのレベルの女性は、リスクが150%増加した。
  • 443 mg / dLを超える女性では、リスクが280%増加しました。

10年以内の虚血性脳卒中の絶対リスクは、年齢および性別によって異なり、55歳未満の2.6%から89mg / dL未満の中止トリグリセリドレベルを有する55歳以上の男性では16.7%非絶食トリグリセリドレベルは443mg / dL以上である。女性の対応範囲はそれぞれ1.9%〜12.2%であった。

虚血性脳卒中の病歴を有する男性では、非絶食トリグリセリドレベルは148mg / dLの対照と比較して約191mg / dLであった。虚血性脳卒中の病歴を有する女性では、これらの値は、127mg / dLと比較して約167mg / dLであった。

「空腹時トリグリセリドよりも非絶食のレベルを使用し、以前の研究よりも統計力が高いことにより、我々は線形増加の間に以前に気付かれていなかった関連性を検出した非絶食中のトリグリセリドのレベルと、虚血性脳卒中のリスクの段階的上昇との間には、 「脳卒中予防に関する最新の欧州および北米のガイドラインでさえ、高トリグリセリドレベルが脳卒中の危険因子であると認識していない」

「私たちの結果は、2つの以前の研究の結果と合わせて、心臓血管リスクの予測のために、高濃度の低トリグリセリドおよび残存リポタンパク質コレステロールの上昇したレベルが低密度リポタンパク質コレステロールのレベルと共に考慮され得ることを示唆している。人口。彼らは結論する。

一般集団における非中毒性トリグリセリドおよび虚血性脳卒中のリスク
Jacob J. Freiberg、MD; AnneTybjærg-Hansen、MD、DMSc; Jan Skov Jensen、MD、DMSc; BørgeG. Nordestgaard、MD、DMSc
JAMA。 2008; 300(18):2142-2152。

ジャーナルのためにここをクリック

アンナ・ソフィア・マッケニーが執筆

Like this post? Please share to your friends: