大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

イブプロフェンはアルツハイマー病を止める可能性がある、と研究者らは言う

頭痛を和らげたり、背中の痛みを緩和するために、今日イブプロフェンを服用しているかもしれません。しかし、痛みを和らげるよりも、この一般的な薬にもっと多くのものがあるかもしれません。新しい論文は、イブプロフェンの1日用量がアルツハイマー病を予防できることを示唆している。

イブプロフェンを服用している女性

カナダのAurin BiotechのCEOであるPatrick McGeer博士が率いるこの研究は、イブプロフェンがどのようにしてアルツハイマー関連ペプチドによる炎症を軽減できるかを説明しています。

この論文は最近に出版されました。

アルツハイマー病は、認知症の最も一般的な形態である。米国で約570万人の成人がこの病気に罹っていると推定されています。

この数字は、2050年には約1400万人に増加すると予測されています。

検索はアルツハイマー病の正確な原因について続けているが、ベータアミロイドと呼ばれる粘着性のあるタンパク質がこの疾患に関与していると考えられている。

ベータアミロイドは一緒に凝集し、脳内に「プラーク」を形成する可能性があります。これらのプラークは脳細胞の伝達を妨害し、記憶喪失、行動変化、およびアルツハイマー病に特徴的な多くの他の症状を引き起こす可能性がある。

McGeer博士らは、昨年発表された研究では、アミロイドβ42(Abeta 42)として知られているβアミロイドペプチドが唾液だけでなく脳にも存在し、このペプチドのレベルがより高いことを明らかにしたアルツハイマー病のリスクがより高い成人では、

これらの結果に基づいて、チームは唾液検査を使用して、症状が現れる数年前のアルツハイマー病のリスクを予測できることを示唆しています。

McGeer博士は次のように述べています。「アルツハイマー病を発症する危険性のある人々は、既にAbeta 42のレベルが上昇している人々と同じレベルのAbeta 42レベルを示しています。理論上、いつでもテストを受けることができます」

「真のブレークスルー」?

彼らの論文では、広く使われている非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)であるイブプロフェンが、高レベルのアベタ42を持つ人々のアルツハイマー病の発症を予防できると主張しています。

McGeer博士とチームは、彼らが行った以前の研究を指摘し、そこでは、Abeta 42が炎症反応を引き起こすことを示唆した。

この反応は、イブプロフェンや他のNSAIDsによって低下する可能性があると、研究者らはアルツハイマー病を予防する可能性があると述べている。

チームは、唾液検査を通じてアルツハイマー病のリスクを特定することは、イブプロフェンの毎日の投与によってアルツハイマーの発症を予防する機会を人々に提供すると述べている。

McGeer博士は次のように述べています。「アルツハイマー病の発症が典型的に始まる55歳で、10年前に人々が試験されることを推奨しています。

「もし彼らが上昇したAbeta 42レベルを示したら、それは毎日のイブプロフェンを服用して病気を和らげ始める時だ」

Dr. Patrick McGeer

アルツハイマー病が最終的に解消される方向を指しているため、彼は唾液検査を「真のブレークスルー」と呼んでいる。しかし、McGeer博士の主張にはいくつかの批判があった。

毎日のイブプロフェン勧告「時期尚早」

英国のアルツハイマー協会のチーフ・ポリシー・アンド・リサーチ・オフィサーであるダグ・ブラウン博士は、アルツハイマー病の予防のためにイブプロフェンを毎日推奨するのは早すぎると考えています。

「人口調査では、何千人もの人々の医療記録から大量の情報を収集し、イブプロフェンや他の店頭抗炎症薬を痴呆リスクの低下と結びつける考えが浮上している”

「しかし、これらの薬剤による臨床試験の結果はこれまでのところ失望しています。」

“この論文では、唾液検査で痴呆リスクの陽性結果がすぐに得られるように、日常的な抗炎症薬を服用することは時期尚早であると、研究者らは示唆しています。

彼はまた、腸の出血および胃潰瘍を含む、長期NSAID使用のリスクを指摘している。 NSAIDsはまた、ワルファリンなどの他の薬物と相互作用し、有害な影響を引き起こす可能性がある。

「薬を交換する前に必ず医師に相談することをお勧めします。

Like this post? Please share to your friends: