大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

どのように飛び散るのか

破片は、木材や他の材料の小さく細い断片が皮膚を穿刺して埋め込まれるときに発生します。ほとんどの場合、自宅で枝を取り除くことは可能です。しかし、これを試みる人は、いつも自分の手やそれらが最初に使う機器を洗うべきです。感染した場合は、医者に相談する必要があります。

この記事では、枝を取り除き、いつ治療を受けるべきかを説明する簡単な方法について説明します。

枝を取り除く方法

皮膚にはじまる。

いくつかの方法のうちの1つを使用して自宅で枝を取り除くことが可能です。最良の方法は、

  • 枝の位置
  • 枝の深さ
  • 砕片の大きさ
  • はりの方向

以下は、スプラントを取り除く最も一般的な方法です:

ピンセット

小さな、アクセスしやすい枝を持つほとんどの人はそれを削除するためにピンセットを使用します。ピンセットはピンチを挟んで引き出すことができます。

この方法には、

  • 擦るアルコールでピンセットを消毒する
  • ツイーザの腕の間の枝の端をつまむ
  • 軽くゆっくりと砕いて

ガムテープ

ダクトテープは非常に強いテープで、より深い裂け目を取り除くのに役立ちます。この方法はしばしば痛みを伴わない。

人はダクトテープを使用して次の方法で枝を取り除くことができます。

  • エリアを徹底的に掃除する
  • 枝にダクトテープを貼る
  • 30分ほど待っている
  • テープを引っ張る

この方法が初めて機能しない場合は、もう一度試してみる価値があります。

針とピンセット

枝が皮膚を完全に穿刺し、材料の一部が目に見えない場合、人は針を用いてその一部を暴露することができる。はがきの一部が露出したら、ピンセットを使用して除去することができます。

人は、針とピンセットを使って、以下の方法で枝を取り除くことができます。

  • 擦るアルコールで針とピンセットの両方を消毒する
  • 表面に最も近い枝の部分の上に針で皮膚を穿刺する
  • ピンセットでつまみをつまんでゆっくりとゆっくりと引き出します

スプリントを引き出すためのソリューションを使用する

この方法は依然として医療検査を必要とするが、一部の人々は埋め込まれた枝を引き出そうとすると、その領域を溶液に浸すことを試みる。

一般的に使用されているソリューションには、

  • 過酸化水素
  • 水と混合したエプソム塩
  • 水と混合したベーキングソーダ
  • ラベンダーオイル
  • はちみつ
  • 温水

これらのソリューションのいずれかを使用して、次のようにしてスプリントを削除してみてください。

  • 数分間液体にしみこませる
  • 一旦それが浮かび上がると、はがしを取り除くために掃除されたピンセットを使用する

しかし、枝が完全に皮膚の下にある場合は、通常は医師に相談して除去するのが最善です。

心に留めておくべきヒント

除去方法を選択する前に、人が創傷を評価することが重要です。探しているものは次のとおりです。

  • 枝の一部が突き出ていますか?
  • 枝はどこにありますか?
  • 枝はどちらの方向に向いていますか?

始める前に、人は石鹸水で徹底的に手を洗って、ピンセットなど、使用予定の設備を浄化してください。感染を避けるために、取り出した後は必ず傷を清掃してください。

可能であれば、拡大鏡を使用して枝を見ることができます。また、窓からのランプや明るい自然光を使用することもできます。

最後に、枝の周りの皮膚を圧迫したり、つまんだりすることは決して不可欠です。圧力をかけると、破片がより多くの部分に壊れたり、表面の下にさらに押し込まれたりする可能性があります。

次の場合には、医師の診察を受けるべきです。

  • 枝の周りに赤みや変色があります
  • 面積が膨らむ
  • 傷が膿漏れしている
  • すじが大きい
  • 皮膚は触っても暖かいです
  • 枝は目の近くにある
  • 過度に痛みを伴う創傷
  • 裂け目が皮膚の深いところにくっついている

取り除く

枝打ちは、一般的には痛みを伴うけがであり、通常は自宅で治療するのが容易です。はがきを取り除く前に、人は手を洗ったり機器を衛生的にするなど、適切な注意を払う必要があります。

非常に大きい場合、目の近くに配置されている場合、または感染しているように見える場合、医療専門家にスプリントを取り除くよう依頼する必要があります。

Like this post? Please share to your friends: