大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

ハングオーバーを治す方法

二日酔いは、最近の大量飲酒につながる徴候と症状の集合です。二日酔いの人は、通常、頭痛を経験し、病気、めまい、眠気、混乱、および渇いていると感じる。

夕食はいつでも発生することがありますが、通常、飲酒の夜の直後に朝にもっと一般的です。

身体的症状だけでなく、不安、後悔、羞恥心、恥ずかしさ、抑うつのレベルも高まります。二日酔いの重症度は、どれくらいのアルコールが消費されたか、そして患者が十分な睡眠を取ったかどうかと密接に関連しています。少ない睡眠、悪いハンティング。

実際に飲酒を避けるためにどれくらいのアルコールを安全に摂取することはできないのですか?個人やその他の要因、例えば飲酒開始前の疲れ、飲酒開始前にすでに脱水されていたかどうか、彼らの飲酒セッション中にたくさんの水を飲み、その後どれくらい眠ったのか。

ハングオーバーに関する速い事実:

  • 酒宴はアルコールの過消費によって引き起こされます。
  • 症状には、頭痛、悪心、光に対する感受性、疲労などがあります。
  • 最善の予防方法は、アルコールを適度に飲むか、それをまったく避けることです。
  • 最も効果的な治療法は、休息、水分補給、睡眠です。

治す

ウィスキーを飲む女性

残念ながら違います。症状は、水を飲むこと、体内の電解質を食物で置換すること、および休むことによって緩和することができる。大多数の場合、約24時間後に酔いどれがなくなります。責任感ある飲酒は、酔い過ぎを避けるのに役立ちます。

二日酔いの「治療」はありません。避けるための最善の方法は、飲酒しないこと、または推奨された限度内で賢明に飲むことです。最高の二日酔い治療法は何ですか?共通の神話のいくつかを特色にし、予防のいくつかの方法を示唆している。

二日酔いはそのコースを走らなければならず、それは休息、水を多量に飲んだり、鎮痛剤を飲んだり、単に待ったりするのが最善です。

“犬の髪”のために行ってはいけません。酔っ払いを取り除くためのアルコール飲料です。これは神話であり、たぶん二日酔いの症状を延ばすだろう。

以下のヒントは役立ちます:

飲み物:1日を通して水を飲む。水が最高の液体です。

食べ物:クラッカーやパンなどの血糖値が上昇し、胃の上で簡単にできるような穏やかな食べ物に行く。フルクトースを含む食品は、アルコールをより迅速に代謝させる(分解して取り除く)のに役立ちます。

痛み:鎮痛剤を飲む人もいます。アセトアミノフェン(タイレノール、パラセタモール)などの特定の鎮痛剤は肝臓を高濃度で攻撃しますが、アスピリンは非常に繊細な胃には理想的ではないことに注意してください。何を選ぶか分からない場合は、有資格の薬剤師に相談してください。

休息:睡眠は回復のスピードアップに役立ちます。ベッドの隣に水を入れてください。

要するに、あなたの体が扱うことができると知っている以上に飲むべきではありません。

症状

血を注いだ女性

二日酔いの徴候および症状は、一般に、血中アルコールがかなり低下すると発生し始める。

典型的には、これは高酒摂取の夜の午前中に起こります。

  • 加速された心拍
  • 不安
  • 血走った目
  • 体と筋肉の痛み
  • 下痢
  • めまい
  • 口臭(口臭)
  • 頭痛
  • 過放飼
  • 鼓腸
  • 倦怠感、疲労感、不眠症
  • 吐き気
  • 光恐怖症(光に対する感受性)
  • 集中したり集中したりする問題
  • 大音量に対する感度
  • うつ病(不快感)
  • 過敏症
  • うつ病
  • 腹痛
  • 渇き
  • 震えや震え、不安定な運動機能
  • 嘔吐

飲酒時または飲酒後に次のような重度の徴候および症状がある場合、アルコール中毒を起こす可能性があります。これは医療上の緊急事態です。次のいずれかが発生した場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

  • 呼吸は規則的なリズムを失う
  • 呼吸は毎分8吸入未満に減速する
  • 混乱または馬鹿 – 酒飲みは夢中です
  • フィット
  • 体温が低下する
  • 気を失う
  • 皮膚が薄くなったり、青い色合いがかかったりする
  • 嘔吐が続き、止まらない

症状は重症度によって異なり、一部の人は他の人よりも強く経験することがあります。

原因

二日酔いは、多すぎるアルコールを摂取した結果であり、いくつかの悪影響を引き起こす:

排尿:アルコールは、人が排尿の可能性を高めるより多くの排尿を行います。脱水は、個人に喉の渇きや眩暈感を与えることができます。

免疫系の反応:アルコールは、免疫系からの炎症応答を引き起こす可能性があります。これは食欲、集中力、記憶に影響することがあります。

胃の刺激:アルコール消費は胃酸の産生を上昇させる。それはまた、胃が空になる速度を遅くします – この組み合わせは吐き気、嘔吐、または腹痛につながる可能性があります。

血糖降下:血糖値がアルコールを摂取すると急激に低下し、震え、気分障害、倦怠感、一般的な衰弱、場合によってはけいれん発症することがあります。

血管の拡張:アルコール消費は血管を拡張させ、頭痛を引き起こす可能性があります。

睡眠の質:酔っているときに寝ることは一般的ですが、その睡眠の質はしばしば貧弱です。個体は目を覚ますことがあり、眠くなります。

同族体(Congeners):発酵中に生成され、蒸留された飲み物(例えば、ウイスキーまたはジン)の味と香りの大部分を担う物質です。彼らは二日酔いの症状に寄与することが知られています。同族体の例には、エステルおよびアルデヒドが含まれる。

毒性副産物:アルコール代謝は、宿題の多くの症状を引き起こす可能性のある有毒物質を生成する。

体は特定の割合でアルコールを処理します。体が回復するまでにアルコールを消費すると、二日酔いの可能性が増すことになります。

防止

二日酔いを防ぐ最も簡単な方法は、アルコール摂取を和らげるか、避けることです。

アルコール飲料と一緒にたくさんの水を飲んだり、大量の飲み会の後に深夜の食事を飲んだりすると、次の朝に起こるかもしれない二日酔いを和らげます。

Like this post? Please share to your friends: