大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

マリファナがどのように記憶喪失を引き起こすか

研究者たちは長い間、マリファナが記憶喪失を引き起こす可能性があることを示唆している。今、新しい研究は、薬物中のカンナビノイドが記憶喪失の原因となる脳の記憶中心のミトコンドリア内のレセプターをどのように活性化するかを明らかにするこの関連性についての洞察を提供する。

[ジグソーパズルが欠けている人間の脳のイラスト]

ボルドー大学の研究者であるGiovanni Marsicano博士とチームは、この研究結果が雑誌に掲載されたことにより、記憶障害の副作用を伴わずにカンナビノイド受容体を標的とする新しい治療薬の開発につながると考えている。

カンナビノイドは、マリファナに存在する化学物質であり、合成形態の薬物である。

国立薬物乱用研究所(NIDA)によると、主な精神活性化合物デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)を含む、マリファナには100以上のカンナビノイドがある。

これらのカンナビノイドは、体内に天然に存在するカンナビノイド(例えば、アナンダミド)と構造が類似している。天然に存在するカンナビノイドは、神経伝達物質として機能する。彼らは感情、運動、調整、感覚知覚、および記憶と思考の原因となるものを含む様々な脳領域に影響を及ぼす神経細胞またはニューロン間の信号を送る。

マリファナおよび合成形態に存在するTHCおよび他のカンナビノイドは、天然に存在するカンナビノイドに類似しているので、ニューロン上に位置するカンナビノイド受容体に結合し、特定の脳領域を活性化することができる。

その結果、カンナビノイドは正常な脳機能を変化させ、多くの負の精神的および肉体的影響を引き起こす可能性がある。 1つのそのような効果は記憶喪失であり得る;研究者らは、THCが記憶を形成する脳領域である海馬の機能に影響を与え得ることを示している。

新しい研究では、Marsicano博士とチームは、カンナビノイドと記憶喪失との関係をさらに探求しました。

ミトコンドリアにおけるCB1カンナビノイド受容体は記憶プロセスを調節する

近年、研究者らは、CB1と呼ばれる1つのカンナビノイド受容体が神経細胞のミトコンドリアに位置することを発見した。ミトコンドリアは、砂糖、脂肪、食物から得られるタンパク質を、細胞が機能するために必要なエネルギーに変換するので、細胞の「強烈な(powerhouses)」と呼ばれています。

彼らの研究のために、Marsicano博士らは海馬ニューロンのミトコンドリア内にCB1受容体が存在し、カンナビノイドがこれらを活性化させて記憶喪失を引き起こすことを発見するために様々な革新的方法を用いた。

さらなる研究で、研究者らは、カンナビノイドによって誘発された記憶喪失は、ミトコンドリア活性を変化させるミトコンドリア内のCB1受容体の直接活性化に至っていないことを見出した。 CB1の活性化は、ミトコンドリア内のカンナビノイドシグナル伝達カスケードを阻止し、栄養素をエネルギーに変換するプロセスである細胞呼吸も低下させます。

簡単に言えば、この研究は、ミトコンドリアのCB1カンナビノイド受容体がミトコンドリアのエネルギー代謝を調節することによって記憶プロセスを制御することを示している。

彼らの発見を確認したチームは、海馬のミトコンドリアからCB1受容体を遺伝的に排除することが記憶喪失を防ぐことを発見した。それはまた、ミトコンドリアの動きおよびカンナビノイドによって引き起こされるニューロンのシグナル伝達の阻害を減少させる。

CB1受容体に対する「選択的介入」は新しい治療法につながる可能性がある

カンナビノイドは、痛み、悪心および嘔吐、および神経障害を含む多くの健康状態に対して潜在的な利益を示している。しかし、研究者らは、治療的カンナビノイドの使用は、記憶喪失などのそれらが示す副作用によって妨げられていることに留意する。

Marsicano博士とチームは、彼らの発見がカンナビノイド受容体を標的とするより安全で新しい治療法の開発を促進すると信じています。

「特定の特定のニューロンコンパートメント内の脳に位置する特定のCB1カンナビノイド受容体に対する選択的介入は、特定の脳疾患の治療における最も効果的で安全なカンナビノイドに基づく新しい治療ツールを開発するという観点から興味深い”

研究の共同著者Dr. Pedro Grandes、バスク国の大学、スペイン

CB1受容体のこれまでの最も明瞭な画像を明らかにした研究について読む。

Like this post? Please share to your friends: