大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

性器疣贅はどのくらい続くのですか?知るべきこと

生殖器疣贅は、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる性感染症です。彼らは時間の経過とともに自分自身で消えることができますが、通常は治療によって早く治癒します。

彼らは生殖器の周りに肌色の隆起として現れ、通常触れるほど柔らかい。

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、米国で最も一般的な性感染症(STI)である。一度感染すると、人はHPVを取り除くことができません。

HPV患者の誰もが生殖器疣贅を持っているわけではありません。症状として、疣贅が出てきます。治療法はありませんが、クリームやその他の治療法で治療することができます。

性器疣贅はどのくらい続くのですか?

生殖器疣贅は治療なしで消えることがあります。これは通常2年以内に起こりますが、それにはより長い時間がかかります。未治療のまま放置した疣贅は、より迅速に戻る可能性があります。人々は治療によってはるかに早く生殖器疣贅を排除することができます。

クリームを使用している人にとっては、疣贅が消えるまで数ヶ月かかることがあります。彼らは、外科処置の後でより迅速に消えるかもしれません。

処理

生殖器疣贅を引き起こすパピローマウイルス

生殖器疣贅は、HPVに罹患した人の数週間、数ヶ月、または数年以内に現れることがある。

発生は性器の周りのどこでも塊として現れるでしょう。場合によっては、流行は咽喉、口、唇、または舌にも現れることがあります。

生殖器疣贅をより迅速に除去することに加えて、治療は:

  • 関連する痛み、かゆみ、刺激を緩和する
  • HPVを他人に広げるリスクを低くする

生殖器疣贅の治療には以下が含まれます:

局所クリーム

医師は局所的なクリームを処方するか、店頭品種を推薦することができます。定期的な疣贅のための店頭での治療は生殖器疣贅を治療できないことに注意することが重要です。

生殖器疣贅用クリームは次のとおりです。

シネカテキン

このクリームは緑茶エキスから作られ、外肛門性器疣贅を管理するために処方されています。これを患部に毎日3回、最大4ヶ月間適用する。

シネカテキンは非常に効果的であり、ほとんどの人がそれをよく許容する。

副作用としては、

  • 灼熱感
  • 地域の痛みや不快感
  • かゆみ
  • 赤み

イミキモッド

イミキモドは外性器疣贅を取り除くために働き、一部の皮膚癌の治療にも使用されています。週に3日以上、疣贅に直接軟膏を4ヶ月まで塗布してください。

イミキモドはまた、人の免疫系を増強し、HPV感染と戦うように促すのに役立ちます。しかし、研究では、50%を超える人々に効果があることが示されています。また、女性は男性よりも頻繁に疣贅の完全な消失を観察した。

副作用には次のものがあります:

  • 発赤または腫れ
  • 灼熱感
  • かゆみ
  • 優しさ
  • かゆみやかゆみのある肌

寒冷療法

これは、生殖器疣贅を凍らせるために液体窒素を使用することを含む。窒素は各疣贅の周りにブリスターを形成させ、ブリスターが癒えると疣贅は落ちる。

凍結療法は迅速かつ効果的な解決策ですが、多くの人が時間の経過とともに結果を維持するために複数の治療を必要とします。

寒冷療法の副作用としては、

  • 痛み
  • エリアの腫れ
  • 軽度の灼熱感

電気めっき

この手技では、外科医は生殖器疣贅を電流で燃焼させる。次いで、乾燥した組織をこすり落とし、その人に疣贅を残す。

通常、全身麻酔を受ける。治癒時間は4〜6週間かかります。

電気変換は非常に効果的であると考えられている。コントロール試験では、この治療を受けた人の94%が6週間後に疣贅であることが報告されています。

副作用としては、

  • 出血
  • 感染
  • 瘢痕
  • 皮膚の色の変化

レーザー手術

外科医はまた、疣贅の組織を焼くためにレーザー光を用いて、この手順を実行する。

疣贅の数と大きさに応じて、通常、局所麻酔または全身麻酔のいずれかが行われます。

医師は、いぼが次のような場合にレーザー手術を勧めます。

  • アクセスが難しい
  • 他の手段で治療するのが難しい
  • 広範
  • 著名な

復旧には約4週間かかります。

レーザー手術の副作用には以下のものがあります:

  • 出血
  • 瘢痕
  • 痛み
  • 地域の痛みと刺激

送信を防止する

様々な色のコンドームが並べられています

HPVを患っている人は、性行為をする前にパートナーに話すことが肝要です。

疣贅の発生が2週間解消されるまで、セックスを棄権してパートナーに感染するリスクを減らすことができます。

しかし、いぼがなくても、人から人へとHPVが広がります。

コンドームや歯科用ダムを着用すると、HPVや他のSTI感染リスクを軽減できます。

見通し

生殖器疣贅は最終的には治療なしで消えるかもしれないが、HPVは感染性のままである。したがって性行為中にコンドームを着用することが不可欠です。

治療は効果的であるには数ヶ月かかるかもしれないが、生殖器疣贅を排除し、将来の流行を減らすのに役立ちます。反復治療が必要であり、疣贅がまだ戻ってくることがあります。

Like this post? Please share to your friends: