大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

マイクロブレーディングについて知る必要があることすべて

半永久的な充填と思われるものを探している細い眉を持つ人にとっては、マイクロブレーディングが選択肢かもしれません。事実、コスト、および関連するリスクを含め、この新しいトレンドについて知っておくべきことがここにあります。

「マイクロブレード」という言葉は数年前からあり、最近マドンナをはじめ​​とする有名人が巻き込まれています。

マイクロブレーディングは、細い眉の部分を塗りつぶす美容的な入れ墨の手順です。恒久的な伝統的なタトゥーとは異なり、マイクロブレーディングによる着色は3年間続くことがあります。これは、マイクロブレーディングが異なるツールを使用し、顔料の量が少ないためです。

マイクロブレードに関する事実:

  • このプロセスは、針を備えたハンドヘルドマイクロブレードツールを使用することを含む。
  • マイクロブレーディングは皮膚に侵入することを含み、訓練されていない人々が非衛生的な条件下で練習すれば感染が可能である。
  • マイクロブレード法の成功は、それを行う人によって異なります。

マイクロブレードとは何ですか?

眉毛の美容整形手術のマイクロブレード化。

エステティシャンは、マイクロブレードツールを使用して、実際の毛のように見える色の顔料を塗布します。色の効果は時間の経過とともに消えてしまいますので、見た目を維持するためにはタッチアップが必要な場合があります。

マイクロブレーディングは、自然な見た目と定義された眉毛を提供すると言われていますが、その過程は一般的に完璧になるまでに時間がかかります。

最初の処置には数時間かかり、眉毛は最初の処置の直後に暗く見えます。

数週間後に色が消えてしまい、タッチアップが必要になることがあります。

何を知るべきか

マイクロブレーディングや恒久的なメイクアップ入れ墨を含むすべての化粧手順には、それに伴うリスクがあります。

米国食品医薬品局(FDA)は、これらの美容術に使用される色素の色添加物質を規制していないことを覚えておくことも重要です。

したがって、手術を受ける前にマイクロブレードのリスクを認識することが不可欠です。

研究を行う

マイクロブレーディングを検討する際に考慮すべき最も重要なことの1つは、手順を実行するサロンです。マイクロブレードをしている人は、適切な訓練を受けた免許を持ったエステティシャンでなければなりません。

マイクロブレーディングの規制は州ごとに異なる可能性があるため、手術を受けることを検討している人は予防措置を講ずる必要があります。

一般に、高級サロンやスパでの高度に熟練したエステティシャンはマイクロブレードを提供していますが、マイクロブレードを検討する人は各エステティシャンの資格情報をチェックしてから手続きを進めてください。

米国マイクロピグメント・アソシエーション・オブ・パーマネント・コスメティック・プロフェッショナル協会(SPCP)の認定を受けている人は、恒久的なメイクやマイクロブレードでより信頼性と訓練を受けているようです。

どちらの組織も、認可された熟練技術者とエステティシャンの配置の出発点となります。

アレルギー反応

この手順に用いられる有機顔料に対するアレルギー反応はまれであるが、起こりうる。したがって、エステティシャンにどのような種類の色素を使用しているのか、アレルギーをどのように確認するのかを尋ねることが重要です。

感染

マイクロブレーディングは皮膚を破壊するので、HIVおよび細菌性皮膚感染症を含む感染症の伝染の深刻なリスクがある。

滅菌されていない道具やその他の機器は、伝染病感染の主要なリスクの1つです。手順が感染性の合併症を避けるために始まる前に、すべての装置を滅菌することが不可欠です。

半永久

マイクロブレーディングが間違って行われた場合、マイクロブレーディングは簡単に覆い隠すことができません。これが起こる場合、人は合併症を管理し、手順を訂正するために追加コストに耐えそうです。手技が正しく行われるようにする最善の方法は、エステティシャンと人がマイクロブレードを行うことを検討している施設を吟味することです。

リスク

美容師とスパの作業員が顧客にサービスを説明します。

SPCPによれば、すべての健康基準に従うと、特に機器の消毒および滅菌に関して、恒久的なメーキャップ手順の問題の可能性はまれです。

医療上の合併症も手続き後ケアに関連している可能性がありますが、アフターケアの指示に従うとこれらのリスクは減少します。

ジャーナルの1つの2014年のレポートは、美容的な入れ墨が他のタイプの刺青手技と同じリスクを負っていることを確認しています。これらのリスクを最小限に抑え、消費者をより良い教育、情報、および訓練で保護することができます。

準備

ネバダ州カーソンシティのパラダイスサロン(Paradise Salon)によれば、マイクロブレード法の準備は、

  • 処置の日にカフェイン飲料またはアルコールを避ける。
  • 任命前に眉をつける。
  • 任命の3日前に日焼けや日光浴はしないでください。
  • あらかじめ2日以内に眉毛や眉毛をぬぐいません。
  • 処置の前に少なくとも2〜3週間、化学的な皮や他の激しい顔面の治療はしないでください。
  • 眉が水と少なくとも7日間接触してはならないので、手順の前に髪を洗って整えてください。

他のスパやサロンでは、次のような準備のための同様の指示書をお勧めします。

  • 少なくとも1ヶ月前にビタミンA(レチノール)およびボトックス治療を中止する。
  • 処置の少なくとも1週間前に、魚油またはビタミンEなどの他の自然の血液シンナーを摂取することを中止する。
  • 痛みを和らげるためにアスピリンやイブプロフェンを避ける(これらのタイプの薬は血液シンナーです)。
  • 任命の日は働いていません。

手順

手術の日に、エステティシャンと座って質問や懸念を表明することが重要です。エステティシャンは、手順やスタイルや色などのオプションも説明し、推奨する必要があります。

プロシージャが始まる前に、エステティシャンはおそらく、眉領域に局所的な麻薬軟膏を使用することになりますが、SPCPによれば、局所麻酔のための様々な選択肢がありますが、マイクロブレード処置中の不快感を軽減するのに役立ちます。

クライアントが快適になると、技術者は手順を開始します。このプロセスは非常に詳細で、最大2時間かかる場合があります。エステティシャンにとっては、結果が数年間持続し、うまくいく必要があるため、時間を取ることが重要です。

クライアントは、眉間領域で掻爬型の感覚を感じるかもしれないが、このプロセスは、通常、痛みを最小限に抑え、非常に許容できるものである。

回復

洗面所から水で優しく顔を洗う男。

マイクロブレーディング手順の後、少なくとも1週間後には、人の眉が暗く見えることがあります。彼らはまた、傷や癒しのためにシャープに感じるかもしれません。発赤や軽度の腫れもあります。

エステティシャンは顧客のアフターケアの指示を出します。

  • 約10秒間抗菌石鹸と水を使用して、指先で眉をやさしく洗い流し、すすぎ、次に乾燥させる。
  • 最小量の保湿軟膏を使用する。
  • 眉間を水から遠ざけておくには、長時間のシャワーや水泳をしないことを含む7〜10日間。
  • 眉の領域に化粧をするのを避け、癒しをしてできるだけきれいな場所に保つ。
  • scabsでピッキングしないでください。
  • 処置の後、少なくとも4週間は直射日光や日焼けを避けてください。
  • 手術後少なくとも4週間、顔面スクラブまたは皮を使用しないこと。
  • 処置後少なくとも10日間は顔面で寝ない

結果とコスト

マイクロブレイディングの目標は、細い眉のための自然な形の塗りを作ることです。結果は1〜2年後に終わる可能性があります。眉毛の品質は、職業の質に左右され、免許を有し熟練したエステティシャンを選択する必要があることが確認されます。

ウェブサイト、魅力によると、手順は場所とアーティストの専門知識に応じて、400ドルから1,400ドルまでの任意のコストがかかります。低価格オプションが利用可能かもしれませんが、経験の浅い技術者を避けることが不可欠です。

皮膚が癒されると、眉を守り、日焼け止めを適用して色が褪せないようにすることができます。手技の4〜8週間後に眉を完成させるためにタッチアップが必要な人もいます。

その後、約1年後またはエステティシャンの指導のもとにタッチアップを行うことができます。

Like this post? Please share to your friends: