大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

ストレスはどのように皮膚に影響を及ぼしますか?

ほとんどの人は、日々の生活の一部として、ある程度のストレスを経験しています。皮膚の発疹の発症は、私たちすべてに起こり得るストレスの共通の身体症状です。

穏やかなストレスは孤立して体にほとんど影響を与えません。しかしながら、頻繁または慢性的なストレスへの曝露は有害な副作用を引き起こす可能性がある。

この記事では、ストレス発疹の原因について議論します。また、これらがどのように特定され、治療され、予防されるかについても調査します。

ストレスが皮膚に及ぼす影響

多くの場合、心理的なものと考えられていますが、ストレスには肉体的な症状もあります。

ストレスが影響を及ぼす可能性のある場所の1つは、人の肌にあります。ストレスは、さまざまな方法で肌に影響を与える可能性があります。

ストレスによる蕁麻疹

女性のかゆみの首

ストレスは、発疹を発症する可能性のある蕁麻疹の発生を引き起こす可能性があります。

蕁麻疹は、赤い色の斑点や紋章です。彼らはサイズが異なり、身体のどこにでも発生する可能性があります。

蕁麻疹の影響を受ける部分はかゆみを感じることがあります。場合によっては、触れたときに灼熱感や灼熱感を引き起こすことがあります。

これらの蕁麻疹は、以下のようなさまざまな原因によって発生する可能性があります。

  • 寒さまたは熱暴露
  • 感染
  • 抗生物質を含む特定の薬物

蕁麻疹の最も一般的な原因は、体内に侵入するアレルゲンです。例えば、枯草熱のある個体は、花粉への暴露の結果として蕁麻疹を発症することがある。

感情的なストレスがハイブの発生を引き起こす可能性もあります。ストレスに応答して起こる多数のホルモンまたは化学変化があり得る。

これらの変化は血管が膨張して漏出する原因となり、皮膚の赤く腫れたパッチを引き起こす。結果として生じる蕁麻疹は、

  • アルコールまたはカフェインの消費
  • 暖かい温度への暴露

ストレスは既存の皮膚状態を悪化させる可能性がある

ストレスは、既存の皮膚の問題を適切に治癒するのを防ぐことができます。例えば、ストレスは、乾癬および湿疹として知られる皮膚状態を悪化させる可能性がある。

いつ助けを求めるか

ハイブ

ストレス発疹は、6週間以内に解消されれば急性であると考えられます。彼らが長期間続く場合、彼らは慢性であるとみなされます。

通常、発疹は数日後に消失し、治療を受ける必要はありません。発疹が解消するまでに時間がかかる場合は、助けを求めてください。

蕁麻疹の発生は、いつ消滅するかにかかわらず不快に感じることがあります。このような場合には、蕁麻疹に起因する刺激を緩和するための治療を受けるべきである。

同様に、ほとんどのストレス発疹はかなり軽度ですが、その影響を軽減するためにアウトブレイクを管理する処置をとることをお勧めします。

特に、発疹は不幸の感情を引き起こすことがあります。これは、個人のストレスを増幅し、発疹をさらに悪化させる可能性があります。

ハイブは時には全身をカバーしたり、

  • 皮膚剥離または水疱
  • 痛み

もしそうなら、それはより重篤な状態またはアレルギーを示す可能性があり、医者はすぐに相談しなければならない。

処理

ストレス発疹の治療は、通常、家庭で、非処方抗ヒスタミン薬を使用して行うことができます。これらはかゆみを和らげるのに役立ちます。

あるいは、皮膚を冷却することにより、かゆみを和らげることもできる。これは、冷たい風呂を取るか、または冷たい圧縮を使用することによって達成することができる。

より重症の場合、医師は以下の短期間の処方を処方することができる:

  • より強い抗ヒスタミン薬
  • ステロイド
  • 抗生物質錠剤

発疹が継続する場合、医師は皮膚専門医に人を紹介し、蕁麻疹のトリガーを特定しようとしている間に薬剤を処方し続ける。

彼らの発疹は、血管浮腫やアナフィラキシーなどの他の病気の発症に関連していることもあります。これは、合併症の性質に応じて、発疹がどのように治療されるかに影響します。

別の原因

手の湿疹

発疹は、ストレス以外の要因の結果である可能性があります:

  • 熱い発疹:暑く湿気の多い気候に曝されると、熱い発疹が発症することがあります。
  • 湿疹:この慢性状態は、任意の年齢で起こり得る。それは、プラークとして知られる濃い赤色のパッチを形成するように広がることができる、皮膚上の小さな隆起によって特徴付けられる。
  • 接触皮膚炎:これは、特定の石けんやジュエリーなどのアレルゲンが皮膚に接触することによって引き起こされます。
  • Pityriasis rosea:これは、しばしば小さな隆起または発疹に囲まれた大きな発疹に代表される一般的な皮膚状態です。
  • 酒さ(Rosacea):しばしば酒さによる発疹(常にではない)が顔面に現れ、数週間または数ヶ月間持続することがあります。この状態の治療法はなく、治療にもかかわらず発疹が再発する可能性があります。

防止

ストレスを経験するのは一般的です。ストレスの発疹を防ぐ最も良い方法は、ストレスへの曝露を減らすことです。残念ながら、これは常に可能ではありません。

ストレスの原因となるストレッサーは避けられないものです。これには、困難な作業状況や関係が含まれます。しかし、ストレスに対処する人の能力を助けることをすることは可能です。

1つのアプローチは、ストレスの影響を最小限に抑えるために、ライフスタイルの要因を扱うことです。

  • 定期的な運動をする
  • 健康でバランスの取れた食事に続いて

ストレスは、有用であることが知られている療法またはリラクゼーション技術によって対処することもできる。そのようなテクニックの1つは、思いやりのある瞑想です。

ストレスの影響を排除または低減することは困難な作業です。最も効果的な戦略は、ストレス要因と個体の性質によって異なる。

ストレスが体を痛めることを常に防ぐことは不可能です。このような状況では、ストレスの発疹が避けられない場合があります。

ストレス発疹が生じた場合、それが引き起こす不快感を最小限に抑え、状態が悪化するのを防ぐことが重要です。

Like this post? Please share to your friends: