大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

アルコールは脳卒中のリスクにどのように影響しますか?調査調査

冬の休暇が急速に近づいているので、アルコール消費率は上がりそうです。一部の研究では、心臓や循環器系に有益な効果があることが示されていますが、アルコールの使用は脳卒中のリスクを増やす可能性があります。

[アルコールを飲む]

ほとんどの人は、生活のある時点でアルコールを摂っています。アルコール消費量が低〜中程度の場合、健康に良いことが示されていますが、多量の飲酒は重大な悪影響を及ぼすことがあります。

感謝祭がここにあるので、季節的な暴力的な飲酒の危険性を思い出させることが重要です。アルコール中毒とアルコール依存に関する国立研究所(NIAAA)は、アルコール使用に関する神話について警告し、休暇中に安全に飲む方法について助言します。

女性の場合は1日当たり1ドリンク、男性の場合は1日2ドリンクは中程度の飲酒とみなされます。NIAAAによれば、適度な飲酒は心臓病、虚血性脳卒中、糖尿病のリスクを低下させるようです。

しかし、アルコールを大量に消費することは非常に危険です。多くのアメリカ人が毎年アルコール関連の事故で死亡しており、米国では4番目に予防可能な死因となっています。

新しい研究では、アルコールが脳卒中発症のリスクに与える影響を調べています。

アルコールと脳卒中の関連性を分析する

スウェーデンのカロリンスカ研究所と英国のケンブリッジ大学の研究者は、アルコール消費と脳卒中の種類の関連性を調べました。

この研究は、既存の研究の体系的なレビューとメタアナリシスから成っていた。研究者らは、虚血性脳卒中、脳内出血、くも膜下出血に関するデータを含む25件の前向き研究を検討した。

調査には、スウェーデン人コホートおよびスウェーデン人乳腺撮影コホートからのデータが含まれ、合計18,289例の虚血性脳卒中症例、2,299人の脳内出血症例、および1,644例のくも膜下出血例が集計された。

アルコール消費のレベルは、患者の自己報告を用いて評価した。参加者はアンケートやインタビューを使用して一連の質問に答えました。

標準的なアルコール摂取量を用いて、アルコール消費量を軽い飲料(1日当たり1ドリンク以下)、適度な飲酒(1日当たり1〜2ドリンク)、高飲料(1日当たり2〜4ドリンク)毎日4つ以上の飲み物)。

この研究は、年齢、性別、喫煙、体格指数(BMI)、糖尿病などの変数に合わせて調整されました。

結果はオープンアクセスジャーナルに掲載されました。

アルコールは、出血性脳卒中のリスクを高める可能性があります

メタアナリシスは、虚血性および出血性の2つの異なる種類の脳卒中を検討した。

虚血性脳卒中は最も一般的な脳卒中である。これは、血液や酸素が脳に到達するのを妨げる血栓によって引き起こされます。

出血性脳卒中は、動脈瘤が破裂したとき、または衰弱した血管が漏出したときに発生する。その結果、脳内出血、脳内出血、または脳とそれを覆う組織との間の出血が少なくなり、いわゆるくも膜下出血が起こる。

この研究は、軽度および中等度のアルコール摂取が虚血性脳卒中のリスクを低下させるようであることを明らかにしたが、出血性脳卒中発症リスクに影響を与えなかった。

この調査の主任著者であるDr. Susanna Larssonは、なぜこれが次のようなものかを説明しています。

「以前の研究では、アルコール消費とフィブリノーゲンの低レベル(血餅の形成を助ける身体内のタンパク質)の関連性が明らかになりました。これは軽度から中程度のアルコール消費と虚血性脳卒中リスクの関連性を説明します。

しかし、飲酒は、実際には、出血性脳卒中のリスクを高める可能性があります。これは、重い飲酒のカテゴリを見ると、より明らかです。

「我々の結果は、大量飲酒は脳内出血とくも膜下出血に苦しむ可能性が高い1.8倍に苦しむ可能性が高い約1.6倍。重いアルコール消費量との間の関連性や脳卒中、これらの2つのタイプが虚血性脳卒中のそれよりも強かったことを示しました。」

スザンナ・ラーソン博士

したがって、穏やかな飲酒が虚血性脳卒中のリスクを低下させることによって有益な効果を有する場合でも、欠点は利益を上回る可能性がある。

「脳卒中の主要な危険因子である血圧に及ぼすアルコール消費の悪影響は、出血性脳卒中のリスクを増大させ、潜在的な利益よりも重要です」とLarsson博士は言います。

研究の強みと限界

Larsson博士は、この分析に含まれる大きなサンプルサイズは、広範なアルコール消費パターンと患者サブグループとの間の正確な関連付けを可能にすることを指摘している。

Larsson博士は次のように述べています。「これは、アルコール消費量と出血性脳卒中サブタイプのリスクに関するすべての利用可能な前向き研究の結果を組み合わせた最初の研究です。

しかし、メタ分析に含まれた研究の一部は、アルコール使用を緩和するために、光のプラスの効果が過大評価された可能性があることを意味し、サンプルサイズが小さかったです。

また、メタアナリシスでは、個々の患者データが不足しているため、すべての研究で同じカテゴリーのアルコール消費量を使用することはできませんでした。

最後に、これは観察研究であるため、アルコールを使用することと異なる種類の脳卒中を発症するリスクとの因果関係を示すことはできません。

適度な飲酒が「良い」コレステロールレベルにどのように役立つかを学びます。

Like this post? Please share to your friends: