大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

ホルモン療法、長所と短所 – 更新されたレポート

HRT(ホルモン補充療法)の利点と害についての最新の報告によれば、エストロゲン+プロゲスチンとエストロゲン単独で骨折のリスクは軽減するが、脳卒中、胆嚢疾患、尿失禁、血栓塞栓事象のリスクが上昇する。エストロゲン+プロゲスチンは乳がんとおそらく認知症を発症する可能性を高めますが、エストロゲン単独では乳がんリスクが低下します。

USPSTF(米国予防サービスタスクフォース)がホルモン療法に関する新しい勧告を出すのを助けるため、オレゴン健康科学大学の研究者とProvidence Cancer Centerで書かれ、内科の実体に掲載されたこのレビューは、

背景情報として、重篤な有害事象のリスクが高いため、慢性疾患を予防する更年期ホルモン療法は現在推奨されていないと説明した。

研究者らは、効果的なホルモン療法が慢性疾患の発症リスクを軽減すること、ならびに副作用の影響および重症度を研究することに関する証拠を更新することを計画した。彼らはまた、異なるサブグループの女性の間で成果がどうなるかを見たいと思っていました。

彼らは、MEDLINE(2002年1月〜2011年11月)、Systematic Reviews(2011年9月まで)のControlled DatabaseのCochrane Central Register、Scopusおよびその他の参考文献リストからデータを収集し分析しました。また、2002年から英語で発表されたHRT(ホルモン補充療法)の無作為化プラセボ対照試験を検討した。この試験はすべて慢性疾患の予防に重点を置いていた。

彼らは、その包含基準に合致する9つの試験の短いリストを研究した。試験は公正な品質であると評価された。

以下は、この調査の結果の一部です:

  • エストロゲン+プロゲスチン療法
    減少した骨折(10,000人の女性年あたり46人の減少)
    侵襲性乳がんの増加(女性1万人あたり8人以上)
    深部静脈血栓症が増加した(10,000人の女性年あたり12人以上)
    増加した認知症(10,000人の女性年あたり22以上)
    胆嚢疾患の増加(女性1万人あたり20人以上)
    肺がん死亡の増加(女性1万人あたり5人以上)
    肺塞栓症の増加(女性1万人あたり9人以上)
    脳卒中の増加(10,000人の女性年あたり9人以上)
    尿失禁の増加(女性1万人あたり872人)
  • エストロゲン単独療法
    減少した骨折(10,000人の女性年あたり56人)
    減少した侵襲性乳癌の発生率(10,000人の女性年あたり8人)
    減少した死亡(10,000人の女性年につき2人少ない)
    脳卒中の増加(10,000人の女性年あたり11人以上)
    深部静脈血栓症が増加した(10,000人の女性年あたり7つ以上)
    増加した胆嚢疾患(10,000人の女性年あたり33人以上)
    尿失禁の増加(女性1万人あたり1271人)

併存疾患または年齢に関連する転帰に一貫した差はなかった。

この試験では、コンプライアンス(順守)、いくつかのアウトカムリスク、その他のレジメンが検討されました。

同じ雑誌の要約で、著者らは結論づけました:

「エストロゲン+プロゲスチンとエストロゲン単独では、脳卒中、血栓塞栓症、胆嚢疾患、尿失禁のリスクが増加したが、エストロゲンとプロゲスチンは乳癌リスクと痴呆リスクを増加させ、エストロゲン単独療法は乳癌リスクを低下させた。
Christian Nordqvistによって書かれた

Like this post? Please share to your friends: