大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

コンサートの後に鳴り止めをする5つの方法

耳の保護のないコンサートに出席するなど、大きな騒音に長時間さらされると、耳の中の繊細な構造が損傷する可能性があります。これにより、耳に耳鳴り(耳鳴り)が起こることがあります。

耳鳴りは聴覚を困難にし、日常生活を妨げることがあるので、煩わしいことがあります。コンサート後の耳鳴りは通常一時的であり、数日以内に鎮静するはずです。

しかし、耳の構造物への損傷は永久的である可能性があるので、それ以上の難聴を防ぐために措置を取ることが重要です。

ノイズの被害はどのように発生するのですか?

コンサートでバンドと群衆

大きな騒音は内耳の小さな有毛細胞に損傷を与える可能性があります。これらの有毛細胞は、ノイズに応答して振動し、脳にメッセージを送る。一旦破壊されると、細胞は増殖しない。

科学者たちは、これらの細胞にダメージを与えると、脳が受信した信号を誤って解釈し、代わりに音を作り出すと考えています。これは、たとえ部屋が静かであっても、コンサートの後で耳に鳴り響くことが原因です。

ライブ音楽の中には、非常に大きなものがあります。 85デシベル(dB)以上の音にさらされると、騒音に起因する難聴を引き起こす可能性があります。

参考までに、典型的な会話の音量は約60dBです。大都市交通からの騒音レベルは約85dBです。コンサートは通常この85dBレベルをはるかに上回ります。

平均的なコンサートの参加者は数時間しかない症状を経験するかもしれませんが、生きている音楽を定期的に聞いている人は、ダメージを治療または予防するための措置をとらなければ、より長い期間にわたって耳鳴りを経験するかもしれません。

5つの家庭の救済

耳に鳴り易いようにするには、次のようなさまざまな方法があります。

1.大きな音への露出を減らす

ヘッドフォンで音楽を聴く若い女性

耳はしばしば損傷から回復することができるが、耳鳴りを経験するときに大きな音への曝露を減らすことは依然として重要である。

これは、静かに話すこと、大きなバーやイベントを避けること、インイヤーヘッドフォンを避けることを意味する場合があります。テレビを見たり、通常よりも低い音量でラジオを聴いたりすると、耳が回復するのに役立ちます。

2.気晴らし

時々、人はそれと競争する他の音がないとき、耳の中で鳴っていることだけを告げる。このような場合は、柔らかい音楽や魅力的なポッドキャストを聞いて、耳から耳をそらすのに役立ちます。

瞑想とヨガはまた、鳴動の焦点を取り除くのに役立つかもしれません。これらの技術は、耳鳴りの原因となるストレスを軽減するのにも役立ちます。

3.白色雑音

呼吸が問題を引き起こす場合は、穏やかな白い騒音を使用して脳が音に集中するのを妨げるのに役立ちます。

一部の人々は、部屋のファンのハムは、彼らが寝るのに十分であることを見つける。他の人は、波の音やテレビの静寂を好み、寝るのを助けます。

4.ヘッドタップ

コンサート後の耳の鳴りを軽減または排除するためのもう1つの方法は、ヘッドタッピングの一種です。

ヘッドタップにはいくつかの簡単なステップがあります:

  • 手のひらを耳の上に置き、頭の後ろの頭蓋骨の底に指を置いてください。
  • 手のひらで耳を覆ったままで、人差し指を上げ、頭の後ろをタップします。これは、ドラムのタップに似た、頭の中の音を生成するはずです。
  • 軽く頭を50回叩いてください。
  • 必要に応じて、毎日数回、このプロセスを繰り返してください。

5.アルコールおよびカフェインの還元

コンサートの後に耳に鳴る人は、しばしばアルコールやカフェインを飲むのをやめるように言われています。この主張を支持する科学的証拠はほとんどありませんが、飲むカフェインやアルコールの量を減らすと、症状が軽減することがあります。

医者を見に行くとき

耳に鳴る音が1日かそれ以上消えないなら、医者に会う時間があるかもしれません。コンサート以外の何かが耳鳴りを引き起こしている可能性があります。

数多くのものが耳鳴りに影響を及ぼし、医師は最も有望な犯人を確認したいと考えています。予定中、医師は外耳道の身体検査を行う可能性が高いです。

場合によっては、過剰な耳垢や異物が耳の中にこぼれて耳鳴りを起こすことがあります。医師は耳の感染の兆候がないかどうかを確認したり、ストレスレベルについて質問したり、服用している薬物について質問することもできます。

これらの要因のいずれかに影響された耳鳴りは、根底にある状態が治療されると解消するはずである。

慢性的な耳鳴りの場合、医師は聴覚器具や薬物療法を勧めて、症状の緩和に役立てることができます。

防止

コンサートの後に耳に鳴る聴覚は、永続的な聴力障害の徴候です。騒音による難聴を防ぐには、予防措置を講じることが重要です。

耳栓

耳栓を使った音楽祭の男

フォームイヤプラグは多くの薬局や食料品店で販売されており、多くの音楽会場でもゲストに提供されています。

サウンドの品質に影響を与えることなく、コンサートのサウンドのラウドネスを減らすためにカスタムイヤプラグを作る企業さえあります。

緊急時には、きれいな紙ナプキンを上にして外耳に静かに置くと、コンサートの大きな音を拾うのに役立ちます。

座席

コンサートのチケットを購入するときには、スピーカーが会場のどこに配置されるかに注意を払うことが役立ちます。スピーカーから離れた場所に座席を予約すると、耳に届く音の量を減らすのに役立ちます。

休憩を取る

連続的な大きな騒音は耳を耳鳴りの危険にさらします。新鮮な空気のために外に出るか、またはバスルームを訪問するためにコンサートで定期的に休憩を取ると、耳に休憩を与えるのに役立つことがあります。

見通し

コンサート後に耳に鳴り響く人々は、数時間で症状が衰え始めるため、パニックに陥る必要はありません。

自宅療養は、しばしばプロセスをスピードアップするのに役立ち、医師への旅行は、永続的な耳鳴りの場合に根本的な原因を明らかにする可能性があります。

大音量の音楽にさらされた後に一時的な耳鳴りを経験することは、すぐには心配するものではありませんが、人の聴覚に与えたダメージは、時間の経過とともに増加する可能性があります。

ヘッドフォンでコンサートや音楽を聴き過ぎるなど、耳鳴りの原因の多くは予防できますので、騒音による聴力障害を防ぐために措置を講ずることが重要です。

Like this post? Please share to your friends: