大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

5年後、コイル状動脈瘤はより良い死亡率を有するが、出血リスクはわずかに高い

英国オックスフォード大学オックスフォード大学のジョンラドクリフ病院神経循環および神経細胞研究ユニットアンドリューモリネ博士およびリチャードカー博士による「ランセット神経学」のオンライン版第1版および5月号に掲載された論文および他の研究者らは、神経学における新しい知見を報告している。国際くも膜下動脈瘤試験(ISAT)の長期的な調査によれば、動脈瘤が切除されずにコイル状にされた患者は、5年間でより良好な生存率を有する。 ISATは英国医学研究評議会の資金提供を受けました。どちらのグループも、再出血の危険性はわずかですが、最初の5年間では、コイル状動脈瘤の方が脅威の方が高くなります。

1994年から2002年の間に、43の神経外科センターにおいて、クモ膜下動脈瘤を有する患者2,143人が元のISAT試験に含められた。彼らはランダムにクリッピング(動脈瘤が切開された外科的介入)またはコイル巻き(血管を通ってコイルを脳の動脈瘤に挿入して漏出が発生した場所を密閉する血管内介入)。これまでの研究では、コイルを巻いた患者の方が生存率が高く、1年後には完全に自律的であったことが示されました。死亡または罹患のリスクは24%低下しました。この新しい研究では、平均9年間(最低6回および最高14回)モニターされた2,000人以上の患者が分析された。

所見によると、わずか1年の治療後に合計24回の再髄腔があり、そのうち13例は治療された動脈瘤からのものであった(コイルが10本、クリップが3本)。再出血の4つはすでに存在していたが異なる動脈瘤からのものであり、そのうち6つは新しい動脈瘤からのものであり、1つは未確認の原因であった。 5年後、コイル状グループの11%と切断されたグループの14%が死亡した。コイル状の動脈瘤を有する患者の場合、動脈瘤の切除よりも死亡リスクが23%低かった。しかし、5年後に生存していた患者では、日常活動において自律的であった割合は両群で同等であった(コイル群では82%、クリッピング群では81%)。一般集団と比較して、1年後に治療のいずれかを受けた患者の死亡リスクは57%増加した。

「適切な動脈瘤の患者のために、巻き取り、1年で改善された臨床転帰をもたらすためにクリッピングを超える可能性があり、これらのデータは、初期の臨床利益が時間の経過とともに減少しているが、それらは、その後の4年間で失われていないことを示唆しています」著者は結論を書いている。

「平均9年(6〜14年)のISAT追跡調査では、動脈瘤の再出血の危険性は低いことが示されていますが、コイリング群の治療動脈瘤はクリッピング群よりも多く、しかしによる再出血の死亡者数のグループ間に差はなかった。5年後の死亡リスクは、それがクリッピンググループに含まれていたよりも、コイル状群で有意に低かった。5で生きている患者のための独立した生存確率破裂した動脈瘤の治療を受けた患者では、一般の人口と比較して、標準化死亡率が1年生存率を条件として増加しています。

米国シンシナティ大学神経科学科のJoseph Broderick博士は、このような困難なケアを必要とする患者をどのように治療のオプションを提供するセンターで扱う必要があるかを明らかにした。

Broderick博士は結論として次のように述べています。「巻き取りまたはクリッピングに関する初期の決定は、再発する可能性のある脳血管疾患を有する患者の管理の第一歩に過ぎず、永続性動脈瘤の画像化および危険因子の積極的な変更は、長期的な管理のために」

*動脈瘤は、血管壁の疾患または弱化によって引き起こされる、血管の局在化した、血液で満たされた拡張(バルーン状膨隆)である。動脈瘤は、脳の基部の動脈において最も一般的に生じる。

ステファニー・ブルーナー(B.A.)

Like this post? Please share to your friends: