大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:[email protected]

心不全のリスクは運動プログラムで逆転する可能性がある

時間がたつと、中高年の人々は、中高年の有酸素運動を含む2年間のプログラムで、何年もの座り心地の生活から心不全のリスクを軽減または逆転させることができます。

中年の女性サイクリング

これはダラスのテキサス州南西部の研究者が率いる最近の研究の結論であり、運動が高齢化心臓への損傷を逆転させることが明らかになった雑誌に掲載されています。

しかし、研究を実施した心臓専門医は、週に少なくとも4〜5回はエクササイズを行う必要があることを強調している。

チームは以前の研究で、週2〜3回で心不全を予防するには不十分であることを示しました。

テキサス大学南西部の内科教授であるBenjamin D. Levine氏は、「過去5年間にわれわれのチームが実施した一連の研究に基づいて、生命のための私の処方箋。

彼はシャワーをして歯を磨くのと同じように、人々に「個人衛生の一部」として運動するよう促します。

心不全

心不全は、心筋が十分に血液を汲み上げるには弱すぎるため、体の細胞が十分な量の酸素および栄養素を受けない重大な状態である。

これは、疲労、息切れ、咳、および階段を登る、歩く、買い物をするなどの日常的な事柄を実行することの困難な症状につながります。

心不全は進行中でも慢性でも、急性で突然発生することもあります。若い人にも影響を及ぼしますが、それは65歳以上の人々が病院に入院する最も一般的な理由の1つです。

2016年の推定では、米国で心不全に罹患している人は約570万人であり、診断後5年以上生存しているのは約半数に過ぎません。

排出区分

心臓には、左右の上室、または心房、ならびに左右の下室または心室が組織されて血液を送る4つの室がある。

酸素が枯渇した血液は、残りの体から右心房に入り、右心室を通って肺に出る。肺は酸素で血液を豊かにし、心臓に戻り、左心房に入ります。この酸素が豊富な血液は、その後、左心室を通って身体の残りの部分にポンプで戻される。

心不全を診断するために使用される尺度の1つは、駆出率、または左心室が各心拍とともに拍出する血液の量である。

排出割合は、50〜70%の範囲内であれば正常とみなされます。これは、心臓が鼓動するたびに、左心室の全血液量の50〜70%がポンプで排出されることを意味します。

駆出率が40%以下であれば、心不全の証拠となる可能性があります。 41〜49パーセントであれば、境界線心不全を示している可能性がありますが、必ずしもそうではありません。心臓発作などの他の状態も、駆出率を低下させる可能性がある。

しかし、駆出率が正常であれば、心不全を起こすことがあります。これは、駆出率(HFpEF)が保存された心不全と呼ばれます。

彼らの研究論文では、HFpEFには心筋の弾力性の損失が先行することが多いことが研究者らによって指摘されている。この「心臓の硬さ」の増加は、中年の体力低下にもつながります。

硬化した心筋

以前の研究では、テキサス大学南西部の心臓学者は、運動していない中等度の人々はしばしば、血液をうまく汲み上げない、より小さくて硬い左心室を有することを発見した。

対照的に、彼らは非常にフィットするアスリートではなく、何十年にもわたって週4〜5日間運動する非運動選手でさえそうでないことを観察した。代わりに、彼らの心臓の部屋は大きくて弾性のままです。

他の研究では、レバイン教授は、若者の運動訓練の年から「心臓コンプライアンス」の大幅な改善、または心筋の硬さの低下を見出しましたが、65歳以上の人々の改善はありませんでした。

したがって、この新しい研究では、チームは、生活が主に定住している中年の人々の硬い心筋の弾力性を回復させることができるかどうかを知りたいと考えました。

彼らは健康ではあるがほとんど座っている45歳から64歳までの53人の参加者を募集した。つまり、座っている時間が多く、運動もあまりなかった。

高輝度「4×4」のプログラムは、

研究者はランダムに参加者を2つのグループ(運動グループまたは対照グループ)に割り当て、2年間の運動を行い、心機能の様々なテストを受けた。

対照群の参加者は、1週間に3日間、2年間の定期的なバランストレーニング、ヨガ、体重トレーニングを完了した。

運動グループの参加者は、毎週4〜5日に高強度および中強度の有酸素運動を含む2年間の進行性運動プログラムを実施した。

漸進的な練習には、心拍数をモニターする「4 by 4」の作業が含まれます。これらの練習は、心臓が最大心拍数の95%で動作し、心臓レートが最大の60〜75%である3分間の「能動的回復」を伴う4セットの4分間の練習からなる。

科学者は、参加者が4分間の運動を完了できる間にできるだけ熱心に働いていたときに測定された心拍数のレベルとして、最大心拍数またはピーク心拍数を定義した。

研究の最後に、結果は全体的に、運動群がより堅固になったことを示した。彼らは、酸素摂取量として測定した運動中のエネルギー量を18%増加させました。

心筋の硬さも顕著に低下した。

対照群にはそのような改善はなかった。老化の影響から心臓を守るだけでは1週間に2〜3回の運動では不十分だとDevine教授は言う。

「しかし、週に4〜5回練習した運動は、エリート選手のより極端な運動ほど、座り心の老化を予防するのに有効であった」と彼は付け加えている。

健康を維持するために「週4-5日運動」

Devine教授は、エクササイズを開始する時間は、中期の後期であることを発見しました。「心臓はまだ可塑性を持っています。

「健康を維持するという目標の一環として、週4〜5日の運動を週に1回行うことをお勧めします。

彼は、参加者が研究に着手したものと同様のプログラムを提案している。これには以下が含まれます:

  • 毎週1時間以上のサイクリング、ウォーキング、テニス、エアロビクスダンスを1週間に1回以上
  • 1週間に1回の高強度エアロゾルセッション、例えば4×4インターバルトレーニング
  • 週1回の強度トレーニング
  • 週2回または3回の中等度運動

中程度の強さの運動は、あなたが抱きしめるようにするが、あなたが会話を続けることができないほど強くないものです。

研究に参加したいと思っていたが、それを物理的に行うことができる白人のボランティアが主に含まれていたため、この調査結果は一般の人や他の人種には当てはまらない可能性がある。

「中年のより健康な心の鍵は、人生の適切な時期に適切な運動量が得られることです」

Benjamin D. Levine教授

Like this post? Please share to your friends: