大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

脳プラークに関連する高齢者の動脈硬化

動脈硬化に罹患している高齢者は、アルツハイマー病の徴候である脳内にベータアミロイド斑を有する可能性が高いという。

国立老化研究所によれば、ベータアミロイド塊と呼ばれるタンパク質の断片が脳の神経細胞の間の空間に形成される。

このプロセスは、人が年をとった場合により一般的ですが、アルツハイマー病を患っている人は、疾患を持たない人に比べて、特定の脳領域内のプラークが多くあります。

研究のために、ピッツバーグ大学の研究者らは、平均年齢87歳の参加者91名の脳を走査し、いずれの型の認知症にも苦しんでいなかった。

研究チームは、参加者の脳にプラークが存在するかどうかを分析し、約2年後に参加者の動脈の硬さを測定した。

全参加者の約半分がベータアミロイド斑を有していた。研究者らは、これらの参加者は、収縮期血圧が高く、平均血圧が高い可能性が高いことを見出した。

研究者らは、足首 – 上腕骨指数法(四肢内の動脈不全を特定する試験)を用いて、ベータアミロイド斑を有する参加者もまた、より高い動脈硬度を示すことを発見した。

さらに、足首 – 上腕動脈の硬さの増加ごとに、参加者は脳内にベータアミロイド斑を有する可能性が2倍高いことが判明した。

脳にアミロイド斑および白質高値を有する者(脳病変)は、動脈硬化を最もよく示した。

身体活動と体重減少が助けることができます

ピッツバーグ大学のTimothy M. Hughes博士は、その結果を以下のように説明しました。

動脈硬化を測定するために脈波伝播速度(PWV)を使用すると、全身動脈硬化の単位(1標準偏差)の増加は、脳内にアミロイド沈着を起こす可能性が2倍増加することがわかった。

彼は続けた:

「より硬い動脈はまた、脳内に白質疾患とアミロイド沈着の両方を有する可能性を高める。

全身的および中央PWVの単位増加は、この「ダブルヒット」(高アミロイドおよび高白質病変)の確率をそれぞれ2.79倍および3.83倍増加させる。これらの関係は、年齢、性別および体格指数とは独立しているだけでなく、現在の血圧および抗高血圧薬を服用していました。

ヒューズ博士は、脳のアミロイド沈着が認知症の原因であるのか、それとも結果であるのかを理解するために、さらなる研究が必要であると語った。

「このような研究は、脳のアミロイド沈着が高齢者の年齢関連現象であり、高血圧や動脈硬化などの変更可能な危険因子が重要な役割を果たすかもしれないことを示唆している」と彼は述べている。

しかし、彼は、動脈硬化の影響が現在の血圧とは無関係であることを示しているので、これらの関係が抗高血圧薬の使用とは無関係であるという事実が重要であると指摘する。また、血圧を下げることを目的とした現在の抗高血圧治療は、動脈硬化を逆転させることに「ほとんど効果がない」と述べている。

「私たちの年齢とともに動脈硬化が続きます」とヒューズ博士は付け加えます。現在の研究では、動脈硬化を減らし逆行させる最善の方法は、身体活動と体重減少を伴う肥満やインスリン抵抗性などの心代謝リスク因子を標的とすることである」と語った。

ビタミンD3とオメガ3脂肪酸の一種であるビタミンD3が、免疫系が脳のアミロイド斑をクリアするのを助けるかもしれないことを示唆する研究報告が今年初めに報告された。

Like this post? Please share to your friends: