大切なユーザー様へ!サイト上の全ての資料は、他の言語から翻訳されたものです。最初に、翻訳のクオリティについてお詫び申し上げると同時に、これらが皆様にとって有益なものであることを願っております。ご多幸の祈りを込めて 管理者より。Eメール:admin@jamedbook.com

冷たい水で手洗いし、細菌を殺すためのお湯と同じくらい良い

私たちの多くは、幼い頃からお湯と石鹸で手を洗うことは、病原菌を守るために不可欠であることを教えています。米国政府の規制はまた、米国消費者の健康と安全のために湯温の重要性を主張している。しかし、この主張を支持する科学的証拠はありますか?新しい研究が調査されている。

手洗い

米国食品医薬品局(FDA)は、温水は冷水よりも手洗い中に細菌を除去するのに有効であり、レストラン、カフェテリア、その他の食品サービス施設の水温は40℃以上にする必要があると述べています2度(または華氏100〜108度)の範囲で設定できます。

これの根拠は、お湯が石鹸を泡立て、病原菌を取り除くのに役立つということです。しかし、これは科学的に証明されていますか?

以前の研究は、手洗い中に細菌を殺すためにお湯が必要であるという主張を裏付ける科学的証拠はないという事実に注意を向けている。そして今、新しい研究は、冷たい水がちょうどお湯だけでなくトリックをするかもしれないことを示唆しています。

この研究はニュージャージー州のニューブランズウィック州ラトガース大学の研究者によって行われ、その結果は

手洗いにおける冷水と温水の影響の分析

新しい研究では、石鹸の容量、水温、泡の時間、および製品に配合された石けんの手洗い効能などの様々な要因の影響を調べた。

研究の開始時に、参加者は、38℃の水温で5秒の泡時間の間、非抗菌性石鹸1ミリリットルを使用した。

試験した細菌は、ATCC 11229(非病原性菌株)であった。

研究者らは、10人の男性と10人の女性からなる20人のボランティアに対して、温水および冷水の手洗いの効果を調べた。

各試験は、6ヶ月間にわたって20回複製された。この間、参​​加者は16℃、26℃、または38℃の水で手を洗った。

使用された石鹸の量もまた、0.5ミリリットル、1ミリリットル、または2ミリリットルの石鹸で手を洗って、異なった。

結果はFDAの政策変更を求める

全体的に、抗菌石鹸を使用することは、それが通常の石けんを使用するよりもはるかに効果的であることが判明した。しかし、1つのシナリオでは、泡立ち時間が有意に改善された。

重要なことに、水温はバクテリアの減少に大きな影響を与えませんでした。 38℃でも16℃でも、細菌の減少の差は検出されなかった。

さらに、この研究では、わずか10秒で手を洗うだけでも細菌を除去するのに十分有効であることが明らかになった。

安全な食品処理のための水温に関するFDAの規制とエネルギーの無駄を懸念していることから、この調査結果は特に重要です。

この研究の著者であるドナルド・シャフナー(Donald Schaffner)は、食物科学の著名な教授およびエクステンションの専門家です。彼は、「人々は手を洗っているときに快適に感じる必要がありますが、効果が現れる限り、この研究は使用した水の温度は問題ではないことを示しています」と説明しています。

冷たい水を使用すると温かいお湯よりも多くのエネルギーを節約するので、この研究は水のエネルギーに重要な意味を持つ可能性があります。

ポリシーの変更が必要です。温度の要件を満たすのではなく、快適で温かい水を供給する必要があると言わなければなりません。私たちは水を必要以上に加熱するエネルギーを無駄にしています。

ドナルドシャフナー

著者は、どのくらいの石鹸とどのタイプが有害な細菌を除去するのに最も効率的であるかを正確に判断するために、より多くの研究が必要であると認めています。

どのように抗菌手洗いが細菌と戦うために「普通の石けんよりも優れている」ことを学びます。

Like this post? Please share to your friends: